【複利の復習】

ものすごく基本的な算数の話です。

1年目・2年目・3年目のリターンが

①+30%→‐30%→+30%と推移した時と

②+6%→+6%→+6%と推移した場合、

どちらのリターンが高くなるでしょう。


①+30%→‐30%→+30%の場合

100万円→130万→91万→118.3万円

②+6%→+6%→+6%の場合

100万円→106万円→112.36万円→119.1万円

答えは②の方でした。

現実として株価が毎年必ず6%上昇するということはまずないのですが、

必ずしも「ハイリスクハイリターン」が、資産形成の最短距離とは限らないということがわかります。


【バリューVSグロース】


下の図は米国のバリュー株とグロース株、それぞれがアウトパフォーマンスした期間と幅を示したものです。

1983~2022年、ラッセル1000バリュー指数とグロース指数の5年間の月次ローリングリターン

青がグロース株がアウトパフォーマンスした期間、灰色がバリュー株がアウトパフォーマンスした期間と幅を示しています。

00

周期的にアウトパフォーマーが入れ替わっていることがわかります。

もちろん、どちらか片方に賭けて、更にはレバレッジもかけて、一発を狙うというやり方もあると思います。

その一方で、それぞれの投資スタイルには浮き沈みがあったことを受け入れ、

どちらが一方ではなく、予め両方に分散投資をしリスクとコストを抑えつつ、そこそこのリターンを低コストで、長期間得続けるというものまた一つの立派な戦略だと思います。

間違った投資対象に何年も集中投資をしたり、投資タイミングを間違え、高値掴みの安値売りをしたりといった、よくある投資の失敗を防げるもの良い点だと思います。

まあ、この話はほんの一例ですが、効率よく、早くお金持ちになりたいと思っているのであれば、だからこそ、ただ高いリスクを取ってギャンブルするだけではなく(逆にそれができるのはある意味才能だと思いますが)、

できるだけ効率よくリスクを取る方法や、合理的に資産を増やす方法を考えることも大切だと思います。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。