【5月14日 米国株式市場】

ダウ    39,558 +0.32%
S&P500     5,246 +0.48%
ナスダック 16,511 +0.75%

米主要株価3指数は上昇。ナスダックは終値ベースで最高値を更新。S&P500も3月28日につけた最高値(5254.35)に接近しました。

4月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.5%上昇と市場予想以上に加速。パウエル議長は投入価格が下方修正されたことに言及し「かなりまちまちな内容」だったと発言。

インフレやFRBの政策の先行きを見極めようと、市場は今日のCPIに注目しています。

ラッセル2000は+1.14%と小型株も上昇。

VXUS(全世界株式除く米)も+0.62%と上昇。

米10年債利回りは4.457%。‐0.024と小幅に低下。

VIX指数は13.42。‐1.32%と低下しました。

【為替・コモディティー】

ドル円  156.44 +0.16%
NY原油  78.45 ‐0.85%
NY金   2,356 +0.88%

PPIを受けてドル円は156円台中盤に。

原油は下落、金は上昇しました。

ビットコインは61,563ドル。‐2.18%と下落しました。


【S&P500マップ】
スクリーンショット 2024-05-15 062219

【セクター】
スクリーンショット 2024-05-15 062304

【スタイルボックス】
スクリーンショット 2024-05-15 062341

全てのカテゴリーが上昇。特に小型株が上昇しました。

【個別株】

米ホームセンター大手ホーム・デポが決算を発表。株価は‐0.11%と小幅に下げました。

月期決算既存店売上が同期比2.8%減。アナリスト予想は2.09%減。米国の消費者が高額商品への出費を抑え、小規模な住宅修繕にとどめる動きを背景に予想よりも落ち込みました。減少は6四半期連続で米国の消費の鈍化を示唆しました。


【PPI】

生産者物価指数(PPI)
(前月比)結果:+0.5%    予想:+0.3% 前回:+0.2%
(前年比)結果:+2.2% 予想: +2.2% 前回: +2.1%

生産者物価指数(PPIコア指数)
(前月比)結果:+0.5% 予想:+0.2% 前回:+0.2%
(前年比)結果:+2.4% 予想: +2.4% 前回: +2.4%

4月の米生産者物価指数(PPI)は、前月比の伸びが市場予想を上回ったものの、米金融当局が重視する主要カテゴリーや前年比でhは比較的落ち着きを示しました。

PPIの発表後、パウエルが発言する機会があり(ロイター

「卸売物価指数(PPI)の数値はかなりまちまち」「(インフレがさらに持続するかとの質問を受け)FRBとしてはまだ分からない次の動きが利上げになる可能性は低い」「政策金利を当面維持する可能性の方が高い」と発言しました。これら発言を受けて株価は後半にかけ一段上昇しました。

また、パウエル議長は、

〇米経済は非常に好調に推移*家計は経済的に良好な状態
〇消費者支出と設備投資は堅調
〇米労働市場は非常に堅調
〇インフレ率は2,024年を通して低下し続ける。ただ、第1・四半期のインフレ率が予想を上回ったことを受け、こうした見通しに対する自分自身の確信は以前ほど強くない。

などとコメントしています。


【まとめ】

ほんの1月前には「新NISA損きり」「米国株は大暴落する」「今投資すべきではないといったこと」を、投資の素人、プロ、専門家、インフルエンサーなどいろいろな立場の人が発言、拡散していましたが、Nasdaqは最高値更新、S&P500も最高値まで数ポイントのところまで迫りました。

一月も経たないうちに市場の雰囲気が変わったわけですが、つい半年前も「昨年10月の下落~3月までの上昇」といった似たようなことがありましたね。

未来が絶対にわかるという方は別ですが、未来がわからないという方かつ長期投資をしている方であれば、市場のノイズや騒ぎ、お祭りと、一定の距離を置き、一時的な出来事に一喜一憂せず、良いことも悪いことも起こるのが当たり前と割り切って、

自身のリスク許容度の範囲内で株式市場に資産を置き続けることが大切です。

そもそも、S&P500の年平均のドローダウンが過去‐16%くらいですから、10%程度の調整なんて長期投資をしていればよくあること。イチイチ騒ぐことでもありません。

さて、市場では今夜発表される米消費者物価指数(CPI)に注目が集まっています。

私は特に気にせずいつも通り投資を続けてたいと思います。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。