スクリーンショット 2024-05-13 185125

【稀代の投資家のアドバイス】


みなさん、ボーナスの使い道は決まりましたでしょうか?

昨年、ブルームバーグがオークツリー・キャピタル・マネジメントの会長兼共同創業者、

ハワード・マークス氏のカンファレンスでの話を報じていました。
結論を一言で言うと、ブログのタイトルのそのまま、

ハワードマークス氏は、


「気取るつもりがないなら、

S&P500種株価指数のインデックスファンドに全額を投じて、

そのまま放置すべきだ

と、個人投資家に対してアドバイスを送っています。


これは主に、米国の個人投資家に向けたアドバイスだと思われますので、

日本人目線でややかみ砕いて解釈しても良いと思います。


【その他のアドバイス】

また、他にマークス氏は以下のようなアイディアを語っていました。

①高インフレや金利上昇を考えているなら、固定利付債よりも変動利付債

②家賃が賃料に転嫁できるなら不動産でもよい。

③インフレの影響を打ち消している企業や、成長率がインフレ率を上回っているテクノロジー業界やイノベーションを売りにしている企業。


①は基本ですね。

②には米国人向けの話だという事に注意しましょう。

③は「インフレの影響を打ち消している企業」の方はよくわかりますが、

マークス氏が成長(イノベーション)株を勧めるのは珍しいなと個人的には思いました。

ハワード・マークス氏のオークツリー・キャピタル・マネジメントは、高利債投資や不良債権への投資を得意としており、

株式に関してはどちらかといえばバリュー投資や市場サイクルを考慮し投資するのが得意な印象でしたから、少し個人的に気になりました。


【私はいつもどおり投資します】

とはいえ、マークス氏のメインアドバイスは

「S&P500のインデックスファンドに全額を投じて、そのまま放置」

これに尽きると思います。

私はマークス氏に言われるまでもなく(笑)

いつもどおりの投資を続けていきたいと思います


いつもありがとうございます。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村