スクリーンショット 2024-03-26 190020



成長枠は国内個別株、次いで海外投信(S&P500などかな?)が多い。

米国株投資家としては、絶好調かつここ数年人気のイメージがあった、海外個別株が5.0%というのは意外っちゃ意外。

少し前(コロナ前やじっちゃま全盛期)なら、もっと比率があがったのかもしれませんね。

つみたて投資枠も成長枠もオルカンという人は意外と少ないのかもしれませんね。

まあ投資は多数決じゃないし、他人は気にせず自分の投資をすればよいと思います。

私は新NISAに関しても特に個別株とかはせず、いつもどおりインデックスファンドで埋めました。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。