【4月17日 米国株式市場】

ダウ    37,753 ‐0.12%
S&P500     5,022 ‐0.58%
ナスダック 15,683 ‐1.15%

S&P500は4日営業日続落し、過去最高値から4%下落。今日は特にハイテク株が売られました。

中東情勢の緊張や利下げ期待の後退が株式市場の重しとなる中、市場は決算を消化しています。

ラッセル2000は‐0.99%と小型株も下落。

VXUS(全世界株式除く米)は+0.07%と小幅に上昇しました。

米10年債利回りは4.581%。‐0.076と低下。

VIX指数は18.21。‐1.03%と低下しました。

【為替・コモディティー】

ドル円  154.39 ‐0.21%
NY原油  82.86 ‐2.93% 
NY金   2,371 ‐0.47%

米国債利回りの低下を受けてドル円は6営業日ぶりに下落。

日米韓3カ国はワシントンで初の財務相会合を開催。会談後の共同声明では「最近の急速な円安およびウォン安に関する日韓の深刻な懸念を認識しつつ、既存のG20のコミットメントに沿って、外為市場の動向に関して引き続き緊密に協議する」との文言が盛り込まれました。

原油は大きく下落し3週間ぶりの安値となりました。金も小幅に下落。

ビットコインは61,395ドル。‐3.70%と下落しました。


【S&P500マップ】
スクリーンショット 2024-04-18 063236

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングの受注急減を受けて、米市場でも半導体株が売られました。

【セクター】
スクリーンショット 2024-04-18 063328

昨日下落してた、公益、素材が反発。生活必需品や金融なども上昇。一方で、テクノロジーセクターが大きく下落しました。

【スタイルボックス】

スクリーンショット 2024-04-18 063349

グロース株や小型株が売られました。

【個別株】

○ユナイテッド航空 +17.45%。決算を発表。予想を上回る1株利益の見通しを示したことなどを受けて株価は上昇。

○子供向けアパレル販売のチルドレンズ・プレイス・リテール・ストアーズが+16.56%と大幅高。9000万ドルの無担保融資を受けることができたと発表がありました。


【米国経済】

米地区連銀経済報告は、米経済が2月下旬以降「わずかに拡大」した一方で、企業のコスト転嫁がさらに難しくなったと指摘した。

個人消費は全般的に辛うじて増加したが、地区や支出項目によってかなりまちまち。

消費者は依然として物価にかなり敏感で、裁量支出の弱さに言及した報告もいくつかあった。

企業の価格転嫁能力がここ数カ月でかなり弱まったため、利益率が低下しているとのコメントも多く寄せられた。(ブルームバーグ)。


スクリーンショット 2024-04-18 065807

https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-04-16/stock-market-today-dow-s-p-live-updates

リスクプレミアムの考え方や計算には諸説ありますが、

債券の期待リターンとS&P500の期待収益率の差である株式リスクプレミアム(ERP)は、現時点で大幅なマイナス圏にあり、2000年代初期を最後に見られない現象となっている。と、ブルームバーグが報じています。


あるの期間を切り取った場合、株式市場のリターンが米国債、米2年債や10年債を下回ることはざらにありました。銘柄別に見ても過去6割近いS&P500企業が米国債よりも低いリターンを記録しています

(過去米国株式市場は1.2%のずば抜けた銘柄に牽引されてきました。米国債利回りを上回る銘柄は4割程度。※過去記事参照)。

スクリーンショット 2024-04-18 071151

とまあ、短期的には微妙な局面かもですが、

とはいえ、そんな2000~2004年にS&P500に投資をしていても、リーマンショックなどの停滞もあったとはいえ、20年後の現在株価は約5倍に。配当や再投資を含めば、それ以上にS&P500は成長しました。

上手くやろうとして、株式市場から出入りを繰り返すことでS&P500投資家が自ら自身の手にするリターンを押し下げているというデータも複数あります。

まだ為替的には買いづらい展開ですが(笑)、S&P500が割高で買いづらいと思っていた方にとっては、こんな些細な下落や調整はどんとこいといったところでしょう。

少なくともちょっと株価が下落したからと言って、これらの基本を見失うのは愚の骨頂。

長期的に株式投資をしている方であれば、特に気にすることなく投資を続けていくのがセオリーであり、ベターだと思います。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。