【12月8日 米国株式市場】

ダウ    36,117 +0.17%
S&P500     4,585 +0.80%
ナスダック 14,339 +1.37%

米国株式市場は反発。S&P500は4営業日ぶりに上昇しました。

アルファベットが+5%、AMDが+9.8%と大きく上昇したほか、メタ、エヌビディア、アマゾンなど大型ハイテク株を中心に買われ、S&P500やNasdaqを押し上げました。

ラッセル2000は+0.87%と小型株も上昇。

VXUS(全世界株式除く米)も+0.50%と上昇。

米10年債利回りは4.115%。‐0.006%と小幅に低下。

VIX指数は13.06。+0.69%と小幅に上昇しました。


【為替・コモディティー】

ドル円  143.62 ‐2.50%
NY原油  69.31 ‐0.10%
NY金   2,029 +0.22%  

ドル円は143円台に。日銀が早期に金融政策を修正するという観測を背景に一時141円台に乗せ、約3カ月ぶりの高値を付けました。

ビットコインは43,362。‐0.86%と低下しました。


【S&P500マップ】
スクリーンショット 2023-12-08 063339


【セクター】
スクリーンショット 2023-12-08 063413

アルファベットなどの上昇を受け、通信セクターが3%以上上昇。

その他公益とエネルギーを除くセクターが上昇しました。

【スタイルボックス】

スクリーンショット 2023-12-08 063605

全てのカテゴリーが上昇。

特に大型コアやグロース株、小型株が上昇しました。

【個別株】

○アルファベット +5.34%

アルファベットは、AI基盤技術で高性能の「Gemini(ジェミ二)」を投入すると発表(ロイター)。動画や音声、文章などを学習し、複雑な処理をこなすことが可能となるとのこと。

○AMD +9.89%

AMDは、同社のデータセンター向けAIチップ市場が今年450億ドルに達する可能性があるとの見方を示したことが好感されました。


【新規失業保険申請件数】

新規失業保険申請件数(12/2までの週)
結果 22.0万件 予想 22.0万件 前回 21.9万件

失業保険継続受給者数(11/25までの週)
結果 186.1万人 予想 191.0万人 前回 192.5万人

新規失業保険申請件数は市場予想とほぼ一致。労働市場は緩やかに緩みつつあることが示唆されました。継続受給者は6.4万件減。

ただ、この時期の申請件数は祝日の関係で不安定になる傾向があります。変動のより少ない4週移動平均で見れば、継続受給者も2年ぶりの高水準で推移。

【IMFは米金融政策を支持】

IMFは、米国の金融政策は引き続き適切であり、インフレ率を持続的に低下させるためには、金利は現在の水準を維持する必要があると指摘しました。


【まとめ】

米株式市場は12月に入り、やや上値が重い展開が続いていましたが、今日はアルファベットやAMDなどの大型ハイテク株の上昇を受けて一旦上昇しました。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)も上昇し、年初来の上昇率を約48%に伸ばしました。今年前半から続いているAIの将来への期待が背景にあります。

今週は雇用指標が相次いで発表され、弱い指標が続きましたが、株式市場の反応は限定的でした。

ADP民間統計は雇用者数の増加が予想を下回り、火曜日の米求人件数は2021年3月以来の低水準に落ち込み、今日の新規失業申請件数とともに労働市場が緩みつつあるが示唆されました。

市場は今日8日に発表される本丸の雇用統計に注目しています。

雇用統計では、非農業部門雇用者数が18.3万人増、失業率は3.9%と予想されています。

良い指標がでるのか悪い指標がでるのか。それがFRBの利上げ停止や早期利下げを正当化する内容と受け取られるのか、素直に景気後退の不安を煽るのか、市場の反応はわかりませんが、

私は、どうせ来年も毎月やってくる経済指標の発表やFOMCなど、20年、30年と長期投資をするうえでの1通過点に過ぎない指標に左右されることなくいつも通りの投資を続けていきたいと思います。

今夜の株価や雇用統計がどうであれ、20年後、30年後の投資結果に与える影響は誤差程度ということを忘れずに、冷静に投資を続けていきましょう。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。