スクリーンショット 2023-12-06 181337
【トウシルの記事】


楽天トウシルにおもしろい記事があったので紹介します。


独身30代女性、中堅サラリーマンの方からの質問に山崎元氏が答えているのですが、その回答がとても共感できる内容でした。

質問の引用



安定を求めて事務職(正社員)を選んで今があるのですが、最近、このままたいして楽しくもない仕事を〇十年も続けなくてはいけないのかと悩んでいます。

気になることはあるのですが、そちらに進むには0から勉強をし、いい年で経験0で就職活動をしなくてはいけなくなります。(好きそうだけど、才能はなさそうだし、そもそも就職できなさそうと感じている)

また、現在、履歴書に書けるような資格を1つももっておらず、実務経験もたいしたことがないので、このままの状態での転職も厳しそうだと不安を感じています。

でも、いまの仕事を定年までやりたくないし。
 



こんな状況からの質問は以下になります。

○生きていくために有用そうな資格(簿記とか)を取るべきか、実るかわからないけど興味がありそうな分野の勉強をすべきか?先生ならどちらをとりますか?(自分の能力的に両方を取るのは難しいと思います。)

○仮に転職できても年収が下がりそうなので、サイドファイヤーを達成しある程度の収入を別で確保できてから、年収が低くてもやりがいのある仕事に就くべきかとも考えているのですが、どう思われますか? 

サイドファイヤーするなら、何歳までにいくら金融資産を作ればいいとお考えでしょうか?


SNSなどで時々似たような質問を目にすることがあります。

結構、こういうテーマで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

【山崎元氏の回答】

さて、山崎元氏の回答は本文を是非読んでいただきたいのですが、

個人的に心に刺さった部分はここです。



経済の仕組みを考えると、

安定だけを指向するリスクを取らない人が安く働くことで提供する価値を、

リスクを取る人が巻き上げる仕組みが、強力な重力のように働いています。

人は重力に縛られていると赤い誰かが言っていたような気がします。

そして、



幸いにして、質問者は辞めても惜しくないくらいつまらない会社にお勤めなのですから、失敗しても「勿体ない」ということはない。30代と若くて時間があるのですから、何とかなります。


山崎元氏の言葉の重さが感じられた一行でした。

今の仕事を続けようか、転職しようか、新しいことに挑戦しようか、そういうことで迷っている方は是非本編を読んでみてください。


いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。