【7月18日 米国株式市場】

ダウ    34,951 +1.06%
S&P500     4,554 +0.71%
ナスダック 14,353 +0.76%

米国株式市場は上昇。ダウは2年ぶりに7日続伸となりました。

銀行株の決算やマイクロソフトの上昇が市場を牽引

ラッセル2000は+1.27%と小型株も上昇。

VXUS(全世界株式除く米)も+0.30%と上昇しました。

米10年債利回りは3.789%。‐0.008とほぼ横ばい。

VIX指数は13.30。‐0.18と低下しました。


【為替・コモディティー】

ドル円  138.83 +0.09%
NY原油  75.81 +2.24%
NY金   1,978 +1.33%

ドル円は138円台後半。

原油は+2%と上昇。金も反発しました。

ビットコインは29,830ドル。‐1.04%と下落しました。


【S&P500マップ】
スクリーンショット 2023-07-19 063317

【セクター】

情報技術  +1.26%
金融    +1.12%
エネルギー +0.98%
素材    +0.77%
ヘルスケア +0.70%
資本財   +0.57%
通信    +0.38%
一般消費財 +0.28%
生活必需品 ‐0.13%
公益    ‐0.78%
不動産   ‐0.82%

全11セクター中8セクターが上昇。

マイクロソフトが最高値を更新し、情報技術セクターを牽引。他AI関連銘柄も上昇しました。

マイクロソフト365コパイロットの利用料を発表。顧客企業がすでに支払っている料金に加え、1ユーザーあたり月額30ドルを追加すると強気な値付けを市場は好感したようです。

【スタイルボックス】

スクリーンショット 2023-07-19 063608

全てのカテゴリーが上昇。

特にグロース株や小型株が上昇しました。

【個別株】

〇バンクオブアメリカ<BAC> +4.42%
〇モルガンスタンレー<MS>+6.45%

決算を発表た両行が大きく上昇。

バンカメはトレーディング収益が予想外に好調だったことが寄与。

モルガンスタンレーはトレーディング部門、債券・為替・商品(FICC)などは冴えなかったものの、ウェルス・マネジメント部門の売上高が過去最高を記録しました。

〇ネットフリックス<NFLX> +5.5%

同社は、アカウントを自宅以外の他人と共有している加入者に対し、アクセス権を維持するために追加料金を支払うよう求めており、パスワード共有の取り締まりが業績にどう影響を及ぼしているかに市場の注目が集まっています。

市場は加入者の増加と加入者1人当たり平均売上高の伸びに影響すると予想しています。


【6月 米小売売上高】

(前月比) 結果 0.2% 予想 0.5% 前回 0.5%

6月の米小売売上高が発表され、前月比+0.2%と予想を下回る内容となりました。

一方で、飲食店、自動車、建材、ガソリンを除いた売上高は前月比0.6%増と予想0.3%を上回り、インフレ鈍化を背景に消費者の購買力は徐々に回復していることが示唆されました。

【イエレン氏の発言】

イエレン米財務長官は「労働市場は実質的な苦痛を伴うことなく冷めつつある」「住宅費と自動車価格も引き続きコスト圧力を押し下げる要因になる可能性が高い」と指摘。インフレが鈍化に向かっているとの考えを示しました。


【まとめ】

米国株式市場は上昇。マイクロソフトやネットフリックス、米大手銀行など個別企業のよいニュースと上昇が株価指数を押し上げました。

ただ、熱いのは株式市場だけではありません。

この夏は世界各地が歴史的な猛暑に見舞われています。

米国立気象局によると、アリゾナ州フェニックスでは18日連続で最高気温がセ氏43度以上となり、1974年6月に記録した過去最長に並びました。欧州でもギリシャやイタリアなど各地で熱波が続いています。

日本でも暑い日が続いていますが、熱中症等に注意を払いながら、健康第一でお過ごしください。

また、決算や経済指標、米国株式市場が気になりすぎて寝不足にならないようにしましょう。

賢明な投資家程よく眠るという格言もあります。

体調不良や寝不足では判断力も低下するというものです。

私は十分な睡眠がとれるように、また自身が体調を崩しても投資に差支えがないように、これからもインデックス投資を続けていきたいと思います。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。