【2023年年半の市場の見通し】

JPモルガンが2023年年半の見通しを公開したので紹介します。

Mid-year market outlook 2023: Entering uncharted territory

重要なポイント

世界的なインフレは落ち着くと思われるが、今後も快適な水準の3%を上回ったまま維持される可能性が高い。インフレ率が高止まりしているため、さらなる引き締めが行われる可能性が高い。

その結果として2024年末までに、世界同時不況が起こる可能性がある。

これを踏まえ、JPモルガン・リサーチは、2023年下半期には株価のマクロ環境がより困難になると予想しています。

目次

〇世界経済の見通し
・世界のCPIインフレ率
・米国経済の見通し(23年末近くに緩やかな景気後退入り)
・ユーロ圏と英国の見通し
・アジア経済の見通し
〇株式市場の見通し: 株式の次の展開は?
・株式市場の予測(下の図参照)
〇クロスアセット戦略
〇金利予測
〇商品市場の予測
〇新興市場の見通し
〇債券、クレジット市場の見通し
〇為替市場の見通し

【株式市場】

現在のS&P500は4472.16(7月12日の終値)

これが年末(12月23日)には4,200と約5%程下げて終える予想となっています。

スクリーンショット 2023-07-13 175907


こうなる可能性もあるし、ならない可能性もありますが、

まあ、普通といいますか、ここら辺は特に驚くべき予想ではありませんね。



【為替予想】

スクリーンショット 2023-07-13 180159

個人的に興味深かったのはドル円の予想です。

来年6月で153円ですか。ここら辺は僕個人の思ってたこととズレがあるので興味深く思います。

その他、いろいろ幅広く、わかりやすく、簡単な英語で、数分程度で読めるレポートとなっていますので、気になる方は是非読んでみて下さい。

私はこれを踏まえたうえで、いつもどおり投資を続けていきたいと思います。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。