【 7月11日 米国株式市場】

ダウ    34,261 +0.93% 
S&P500     4,439 +0.67%
ナスダック 13,760 +0.55%

米国株式市場は上昇。エネルギー株や金融株が上昇を牽引しました。

今日夜発表されるCPIや14日から本格化するS&P500企業の決算シーズンに注目が集まっています。

ラッセル2000は+0.96%と上昇。

VXUS(全世界株式除く米)も+0.97%と上昇しました。

米10年債利回りは3.976%。‐0.031と低下。

VIX指数は14.84。‐0.23と低下しました。

【為替・コモディティー】

ドル円  140.36 ‐0.67%
NY原油  74.78 +2.45%
NY金   1,931 +0.32%

ドル円は140円台前半。

原油は大きく上昇。ドルの下落と途上国の需要拡大への期待。サウジアラビアとロシアによる供給削減方針、100日移動平均線を上回ったことなどが追い風となりました。

ビットコインは30,601ドル。+0.60%と上昇。


【S&P500マップ】
スクリーンショット 2023-07-12 055406


【セクター】

エネルギー +2.20%
公益    +1.25%
資本財   +1.20%
金融    +1.19%
不動産   +1.17%
通信    +1.05%
素材    +0.98%
一般消費財 +0.86%
情報技術  +0.19%
生活必需品 +0.13%
ヘルスケア +0.00%

全11セクターが上昇。

原油価格の上昇を受けてエネルギー株が上昇。

公益や金融などバリュー株を中心に上昇しました。

【スタイルボックス】

スクリーンショット 2023-07-12 055515

全てのカテゴリーが上昇。

特に中小型株が上昇しました。

【個別株】

〇3M +4.87%

アナリストが投資判断を「中立」に引き上げました。

〇アクティビジョン  +10.02%

マイクロソフトが米連邦取引委員会に勝訴し、同社の買収計画が進展しました。


【世界経済成長率の見通し

 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事が講演にて、今後5年間の世界経済の成長率は年率3%程度との見通しと発言。過去平均の3.8%程度を大幅に下回るとのこと。

特に新興国の政府は債務やインフレを抑制するために財政政策を引き締める必要があると指摘

インフレが続けば金融情勢が一段と引き締まり、「資本フローに影響が及ぶかもしれない」としています。

【中国の景気刺激策への期待】

中国の景気刺激策による潜在的な押し上げ効果と中国政府による景況感を押し上げる施策、更に不動産支援策の強化の可能性を指摘する記事も出てきており、市場では中国の動きに注目が集まっています。

個人的には日本も頼む。と思います。



【まとめ】

米国株式市場は続伸。

市場では今日、12日の21:30に発表されるCPIに注目が集まっています。

6月の米消費者物価指数(CPI)は以下のように予想されています。

(前月比) 予想 0.3% 前回 0.1%
(前年比) 予想 3.1% 前回 4.0%
(コア・前月比) 予想 0.3% 前回 0.4%
(コア・前年比) 予想 5.0% 前回 5.3%

前月比のCPIは前回より上昇する予想ですが、より重要なコアCPIは前回より鈍化するとの予想となっています。

スクリーンショット 2023-07-12 071216

現在金融市場では7月の0.25%の利上げは確率は93.6%と織り込まれており、ほぼ確実視されています。

今回のCPIで市場は、むしろ9月、11月、そして利下げへの道筋への手がかりを探ろうとしています。

続く企業決算でも企業の業績の鈍化や今後の見通しから、数か月後の未来への手がかりを探すことになります。

投資手法にもよっていろいろなアプローチの仕方があると思いますが、

私はインデックス投資をしているため、ただ黙って概ね合理的なポートフォリオを保有し続け、コストとリスクをできる限り抑えつつ、リスクプレミアムをできるだけ長い期間集めることが重要なので

CPIや企業決算の結果に左右されることなく、いつもどおりの投資を続けていきたいともいます。

いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。