00

【バンガードのCEOの見解】


米バンガードのHPにて、

CEOのティムバックリー氏の

講演ビデオが公開されていたので紹介します。

講演の内容はこんな感じで構成されています。

①市場の現状について
②60/40の伝統的なPFについて
③投資家へのアドバイス


【①市場の現状について】

私も多くの投資家がインフレを懸念していることは承知しています。

先進国の多くの地域で、

インフレは過去40年間見られなかった水準にまで上昇しました。

米国でも、先月8%を超えました。


米国では、FRBが、

金利を引き上げ、流動性を減らし、借入コストを引き上げるなど、

景気を減速させることで、インフレを打破しようとしています。

もちろん、金融政策は鈍器であり、

来年、米国経済が不況に陥る可能性は低くはありません。


金利の上昇により、過去数週間、債券と株式市場は劇的な値押しを経験しました。

※補足 値押し(上昇相場の上げ幅の分、値下がりする事)

景気後退の不況の可能性が高まったことで、株式は更に下押しされました。

皆様のポートフォリオでもお分かりのように、

金利が急激に上昇すると、

株式と債券の価格は同時に下がる傾向
があります。




【②株式と債券の分散投資について】

今、ニュースでは、株式と債券を60:40で配分する、

「伝統的な分散投資のPFは死んだ」という主張が多く聞かれます。


しかし、そうではありません。

これは、1920年代後半から試練に晒され、試されてきた方法です。

その間、高インフレ、低インフレ、強気市場、弱気市場を経験してきました。

様々な形や大きさの、市場やビジネスのサイクルもです。


【③投資家へのアドバイス】

以下は、私たちが知っていることです。


1)株式と分散投資

第一に、たとえ高インフレの世界であっても

分散されたポートフォリオは、

長期的に投資家の購買力を高める可能性が最も高い方法です。

株式は何度も何度も、強力な分散効果を発揮することが証明されています。
 
“Time and time again, equities have proven a strong diversifier. ”


2)コモディティ、REIT、TIPSなど

第二に、一部の投資家はコモディティ、REIT、TIPS(インフレ連動債)に傾倒しています。

これらのヘッジは、予想外のインフレの急上昇に対応することができます。

しかし、投資家はもっと前もって(事前に)それらを保有する必要があります。

意訳 投資するなら「後からではなく」インフレ率や各資産価格が上昇する前に投資しないとだめですよ。

また、長期的には、コモディティなどの一部のヘッジは、

ポートフォリオのボラティリティを耐えがたいレベルまで引き上げる可能性があります。


3)債券について

第三に、不況に突入した場合、

あなたは債券をポートフォリオに組み込んでおいてよかったと思うでしょう。

最後に、金利の上昇は、

債券投資家にとって悪いことだけではないわけではない。

ということを覚えておいて欲しい。

更に高い利回りの債券に、再投資することができるからです。



【航路を守る】

市場が下落した時に、

「何かをしてしまう」という

罠を避けることが大切です。


(株などを売却し)損失を確定することは、

通常、その後の利益(反発など)を逃すことを意味します。


目標に集中し、規律あるアプローチを維持し、

分散されたポートフォリオの長期的なメリットを享受してください。

(終)

【感想】

とても素晴らしいメッセージでしたね。

私も今回の下落や将来の不況に対しては、何か特別なことをするわけでもなく、

いつも通り投資を続けていきたいと思います。

それでは皆様、良い日曜日を。


いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。


お得なキャンペーン情報


マネックス証券