米バンガード「地政学的な下落は、通常短命です」

政学的な売りは通常短期間で終わり、その後の6ヵ月間および12ヵ月間のリターンは長期平均リターンとほぼ同じであることがわかりました。

平均すると、以下のように、株式は事件後6ヶ月で5%、事件後12ヶ月で9%のリターンを示しました。
00
https://advisors.vanguard.com/iwe/pdf/PID1661102.pdf


(中略)

そのような背景を考慮しても、ロシアのウクライナ攻撃によって、金融市場に新たな次元のリスクが入り込んだことは明らかです。

すでにインフレが進行し、世界の中央銀行の多くが利上げサイクルに備えている中で、このようなリスクは市場にとって必要なことではありません。

 しかし、地政学的リスクを抱える株式市場については、これまでも様々なリスクに直面してきたのと同様、回復力があることが分かっています。

私たちは、市場が自ら解決し、時間をかけ、さまざまなペースで、新たな高みに到達してくれることを期待しています。


【まとめ・感想】

株式市場においては、(上昇局面ですら)時に急激な下落が起こることがあります。

そのような時にこそ、長期投資家の皆様は、長期的な計画に集中することが大切です。

当ブログがそのお役に立てば幸いです。


いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。


お得なキャンペーン情報

PayPay証券