「マーケットタイミング・リスク」

タイミング戦略は、

成功するとポートフォリオのパフォーマンスを改善する可能性があります。

しかし、常に投資タイミングを成功させることは非常に困難です。

タイミング戦略がうまくいかないと、

何もしなかった時に比べてリターンを大幅に損なう可能性もあります。


ベスト一か月を逃したら・・・

下の図は1970年~2019年の、

1年ごとのS&P500指数のリターンを表したグラフです。


「緑」が1年間のトタールリターン

「水色」が最もリターンの高かった1か月(Best Month)を除いた、1年間のトータルリターンを表しています。

00
https://advisor.visualcapitalist.com/staying-rational-marketvolatility/


ご覧の通り、たった一か月市場に居なかっただけで、

S&P500から得られるリターンが、大きく損なわれていることがわかります。


特に、49年間のうちの7年は、

(1970、1978、1984、1987、1994、2011、2015)

一年間のリターンは本来プラスだったにもかかわらず、

最良の一か月を逃したことで、

リターンがマイナスの領域に引きずり込まれていることがわかります。



S&P500とタイミング

S&P500指数に1万ドルを投資して、

最も上昇した日を逃した場合のリターン

(1980年1月1日~2012年12月31日の間)

投資し続けた場合         33万2502ドル
最も上昇した5日を逃した場合     21万5273ドル
最も上昇した10日を逃した場合   16万0340ドル
最も上昇した30日を逃した場合    6万3494ドル
最も上昇した50日を逃した場合    2万9327ドル


1980年の1月1日から2012年までの32年間、

S&P500投資して、そのままずっと保有し続けていれば、

最初に投資をした1万ドルは、約33倍の33万2502ドルになりました。

一方、大きな上昇日を、たった数日間逃しただけで、

投資家が手にするリターンが大きく損なわれてしまうことがわかります。


「S&P500に投資をするなら」

もちろん、デイトレードなど他の投資や戦略においては、

タイミングや銘柄選択が、非常に重要なウェイトをもつ場合もあります。


ただ、長期、分散投資を行う場合は、

資産配分が投資リターンの7~9割を決定づけます。

5766e0b7




S&P500などに投資をする場合、

変にタイミングを意識して、市場に出入りを繰り返すと、

上昇日を逃したり、手数料を重ねてしまい、

結果的に、自らの手で長期的なリターンを押し下げてしまうことに繋がります。


ですので、S&P500などに長期投資をする場合には

タイミングを意識するよりも、

規律や資産配分を守り、投資を続けることが大切だと思います。


※いつも本当にありがとうございます。

みなさんの応援がなければ、今ここにいない私です。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。



お得なキャンペーン情報

初株キャンペーン