00

【バンガードのブロックチェーン・パイロットプログラム】


米バンガードは、シンビオント社と共同で開発に取り組んでいた、

資産担保証券(ABS)の発行をデジタル化する

「ブロックチェーン・パイロットプログラム」の第一段階が完了したと発表しました。

〈ソース〉
https://pressroom.vanguard.com/news/Press-Release-Vanguard-Advances-Blockchain-Technology-Pilot-061120.html


バンガードはブロックチェーンを使って証券化プロセスを改善すること。

最終的には「現在の資本市場のインフラを変革し、自動化することで、市場参加者のより良い結果とコストを削減することを目指しているそうです。

また、同プロジェクトには、他に「バンク・オブ・ニューヨーク・メロン」「シティ」「ステート・ストリート」、匿名のABS発行者等も協力しています。

「補足」資産担保証券(ABS)とは不動産や債権など、さまざまな資産の信用力やキャッシュフローを裏付けとして発行される証券のことです。



【シンビオント社とは】

シンビオント社は2013年に米ニューヨークで設立されました。

ブロックチェーンのスタートアップ企業で、主に金融市場のインフラ構築に主眼をおいたブロックチェーン開発を行っています。

昨年1月には2000万ドル(約21億3500万円)の資金調達に成功しています。


【バンガードとシンビオント社のこれまで】

2017年、バンガードのインデックスファンド・データの収集プロセス合理化をシンビオント社が支援。

2019年、分散型データベースを介し、1.3兆ドル規模のファンドのインデックスデータが、データプロバイダーと市場参加者間で瞬時に移動するシステムが稼働。

さらに同年、両者は外国為替市場向けに、ブロックチェーン技術を利用した取引プラットフォームの開発に着手しています。


【バンガードのウォーレン氏のコメント】

バンガードの投資運用フィンテック戦略グループの責任者、

ウォーレン・ペニントン氏は、

「バンガードは、金融サービス業界の進歩を実現する革新的で世界規模のソリューション提供に注力している」とし

「資産担保証券(ABS)の発行プロセスをデジタル化し、合理化することによって、取引のスピードと透明性を向上させる。

これによりコストを削減でき、リスクを最小化することが可能になる。最終的には次世代の資本市場を効率化し、新たなビジネスモデルの実現を目指していく」

とコメントしています。

詳細は私の知識不足でよく理解できていませんが(笑)

本当にバンガードはバンガードですね(褒め言葉)




【伝統と革新のバンガード】

思い起こせば、

インデックスファンドを個人投資家に向けて発売したり、率先してコストを下げたり、

インデックスファンドの指数を途中で変更したりと、個人投資家のために革新的な事を次々とやり遂げたのがバンガードでした。

変わらない「伝統や哲学」と「革新」

この両輪がバンガードの魅力だと私は思います。

【まとめ】

金融サービス分野へのブロックチェーン導入に懐疑的な見方も存在する一方で、

バンガード社以外でも、ブロックチェーンの導入事例が少しずつ増加してきています。

未来はどうなるかわかりませんが、私達個人投資家の未来の投資環境が、技術の進歩により今よりも更により良いものとなっている事を願っています。


いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しているので、

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、

ものすごくありがたいです。毎日記事を書く励みになります。



お得なキャンペーン情報

初株キャンペーン