【SPYDの銘柄】

なぜか、日本の一部の米国株投資家の中で根強い人気を持つSPYD。

多くのインフルエンサーに紹介された影響もあってか、

SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)の中身や、

S&P500の採用銘柄の中で配当利回りが高い80銘柄に均等に投資といった

銘柄の採用基準は、結構多くの方によく知られています。


私自身はよりオーソドックスな戦略を好むため、

あまり好みとはいえないETFですが、

SPYDやレバナスように、

投資対象や商品の中身がよく知られ、

よく分析され、議論されているということ自体は良いことだと思います。




【SPYDの豆知識】

ちなみに、SPYDの豆知識をとしては、

80銘柄が、S&P500全体に占める割合は1割程度となっています。


ですので、米国マーケットとの相関も、

時期によりますが、あまり高くなかったりもします。

タイトルなし



ある意味で、とてもアクティブな考え方に基づくETFだとも思います。

それゆえ、バリュー株銘柄が好調な際などは、

S&P500を上回るリターンとなる可能性はあるものの、

逆に環境によっては下回る可能性もあるETFだと思います。


そこら返はどうなるかわからないものの、

コストや売買回転率、投資効率(配当再投資)の悪さなどが個人的には好まないので、

私自身は今後も投資をするつもりはありませんし、

特に誰かに強く勧めるつもりもありません。


【お互い成功できるといいですね(^_^)】

私の中でSPYDは、

特段、特別な思い入れのあるETFではなく、

数あるアクティブ戦略の一つ、

アクティブな考えに基づく普通のETFの一つだととらえています。


そして、私は特にアクティブ戦略を悪いと思っているわけではないので、

パッシブ運用のインデックスファンドを、

ただ黙って保有した時のリターンを下回る可能性を考慮したうえでもなお、

「俺はSPYDに投資をする。SPYDが好きだ」

という方であれば、私は特にどうこういう言うつもりは特にありません。


SPYD投資家の方も、アクティブ運用する方も、

インデックス投資を愚直に続ける私みたいな投資家も

皆、リスクを背負って、頑張っているわけですから、

最終的には、是非投資で成功して、

良い人生を生きて欲しいと思っています。


いつもありがとうございます。

もし、記事のどこか一つでも、

知らなかった、役に立ったという箇所があれば、

下の応援クリックボタンを押して頂けると、毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




【楽天ポイントで米国株やETFに投資】

楽天証券