SPY(S&P500ETF)のリターンのほとんどは時間外に。

00


以前、過去記事でも紹介しましたが、

実はこれは2020年に限った話ではなく、

1993年設定以降、SPY(S&P500ETF)のほぼすべての上昇は、

時間外(アフターマーケット)において発生していました。

むしろ、オープンtoクローズは若干のマイナスとなっています。


【参考】SPYを時間外取引するには。

現在、主要ネット証券の中で米国株やETFの「時間外取引」が可能なのは、

マネックス証券のみとなっています。

もしこういうアノマリーを狙いたい方はご一考ください。

マネックス証券



いつもありがとうございます。

ちょっとだけ勉強になった。知らなかった。

という方は是非応援クリックよろしくお願いします。