【インフレについて学べるレポート】

ウェルリントン・マネジメントのレポート



【なぜインフレ要因が重要なのか】

ウェリントンは「なぜインフレ要因が重要なのか」として、

インフレがどこから生じているのか、その要因を知り、アプローチすることが大切だとしています。

多くの投資家は、消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)といった標準的なインフレ指数を頼りにインフレの方向性やペースを追跡しています。

これらの広範な指数はある程度は有用であるものの、消費者や企業が直面しているインフレ圧力の代表的な指針となることのみを目的としており、アセット・アロケーターが投資の観点からインフレに対処することを支援するようには設計されていません。

インフレにどのように対処するかは、インフレが厳密にどこから生じているのか、つまりその要因によって異なるからです。

例えば、「要因A」によってCPI全体の上昇率が加速している場合には、同じCPIの動きが「要因B」によって引き起こされている場合とはまったく異なる形で短期金融市場商品の下落が起こる可能性があります。


【5つの主要なインフレ要因】

ウェリントンは、レポート内で以下の5つの主要なインフレ要因をあげ、

それぞれの現在の状況などを解説しています。

1.需要:潜在成長率、需給ギャップ、ディマンドプル・インフレ
2.供給:労働力、格差、フィリップス曲線
3.供給:気候変動、投入価格、コストプッシュ・インフレ
4.供給:コモディティ価格、低い設備投資水準、供給曲線のスティープ化
5.金融:政策改革、マネーサプライ、通貨安

図にまとめるとこんな感じです。

【概要図】

00


ウェルリントンはそれぞれのインフレ要因に対して、

積極的にアプローチすることを提案していますが、

この部分は私と意見が異なります(笑)。

(私は必ずしも動的なアプローチをしなくても良い思っていますが)


ただ、インフレを漠然と捉えるのではなく、

インフレが起こるそれぞれの要因やインフレが起こるプロセスは知っておいて損はないかと思います。

また「現状」をウェリントンはどう分析しているかも面白く感じます。


繰り返しになりますが、

実際に提案されている投資アプローチを参考にするかどうかは別として(笑)

初心者の方~中級者などは、勉強のために一つ目を通してみてはいかがでしょうか。

インフレリスクを管理する要因ベースのアプローチ


いつもありがとうございます。

知らなかった、ちょっとだけ勉強になったという方は、

是非、応援クリックよろしくお願いします。