00
【ビットコインとバブル】


ビットコインに否定的な投資家の一人としてウォーレン・バフェット氏が挙げられます。

以前、バフェット氏はビットコインを「ギャンブルの装置」と指摘。

他のビットコインを批判する方たちも、

オランダのチューリップバブルのような「投機バブル」と揶揄しています。

【チューリップバブル】

1630年代のオランダの有名なチューリップバブルでは、

チューリップの球根一つで、家一軒が買えるまでになりました。

ビットコインも1枚で、車一台買えるくらいには上昇していますね(笑)。

ビットコインの批判者達は、世間の興奮や熱狂のせいでそうなっているのだと指摘します。


ちなみに、ピーター・ガバーは、チューリップバブルに関して、

バブルがずいぶん長続きしたと指摘しています。

17世紀の狂乱の後も、珍しく美しいチューリップは、

バブル期ほど極端でないものの、高い価値を持ち続けました。

ビットコインも将来そうなるかもしれません。


【ビットコイン支持者の話】

今度はビットコインを支持する人に目を向けてみましょう。

イーロンマスク氏やレイダリオ氏など、こちらもなかなかの著名人が揃っています。

ビットコインを支持する理由は、批判する理由同様、たくさん挙げられますが

ビットコインに投資をする人であっても、意外とその根底にある理論や技術をしっかりと説明できる人はそう多くない気がしています。

私も文系なので、例えばマークルツリーや楕円曲線DSAなどについて、触りくらいしか理解がありませんが

もしかしたら、ビットコインに投資をしている方であっても、そういう理論や理屈よりも

「(まだどうなるかはわからない)楽観的な物語」や「誰かの語るストーリー」、「過去の値動きやリターン」で投資判断をする人の方が多いのかもしれません。

もちろん、全ての方がそうであると言っているのではありません。

実際、私がビットコインについて勉強している際に、参考になるアドバイスをくれた方も何人かいらっしゃいました。

その節は勉強になりました。ありがとうございます。

【私自身とビットコイン】

私は物語を聞いて判断するよりも事実や根本を理解して判断したいと思う、

古く不器用な人間なので、これまでずいぶん儲け損ねてきました(笑)。

投機とわかって飛び込まないのも賢明な判断なら

投機とわかって敢えて飛び込むのもまたある意味では、合理性のある判断なのかもしれません。

まあでも私自身は機会損失を気にせずに、自分の領分を守って投資を続けていきたいと思っています。

私自身はビットコインや仮想通貨に対して、理解不足やコスト面で不利に感じる等の理由から投資する予定はありません。

しかし、ブロックチェーン等の技術は素直にすごいと思いますし、

投機的に利益を狙う方の気持ちも、少額賭けてみる方の気持ちもわかります。

ビットコインに投資をする知り合いの方も多く居ます。


【ポイント】

そんな中、私がビットコインについて、

ある意味おもしろくもあり、ちょっと怖いなと感じる所は、

理解しなくても誰でも買う事ができるという点にあります。

もちろん、ビットコインに限らず、株式や他のリスク資産。

もしくは「レバレッジ等の戦略」についても同じことが言えると思いますが、

よく考えるとこれって危うさがありますよね。


大なり小なり自分のお金をリスクに晒すわけですから、

少なくとも自分が何に投資しているか、今何をやっているのか

しっかりと勉強し、できる限り理解し、把握したうえで、

判断し、行動することが大切だと私は思います。

いつもありがとうございます。

知らなかった、ちょっとだけ勉強になったという方は、

是非、応援クリックよろしくお願いします。