バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

米国株「S&P500」への妄信は今後リスクとなる訳東洋経済に「米国株「S&P500」への妄信は今後リスクとなる訳」と題して、山崎元氏と堀江貴文氏の共著「決定版! お金の増やし方&稼ぎ方」の内容を一部抜粋、再編集したおもしろい記事があったので紹介します。全4ページの記事です ...

【S&P500はバブルなのか】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は過去3年で約90.8%上昇しました(24年1月末時点)。統計学者のリバーは、過去こんな発言をしていました。「ある期間の株式市場をみて、株価が過去の平均より速いペースで上昇していれば、バブルではないかと疑う ...

【1987年の暴落】1987年10月19日、S&P500は一日で20%以上下落しました。それまでの日次のヒストリルボラティリティに基づくと、この大暴落は「25」標準偏差に相当します。【正規分布の世界】https://ai-trend.jp/basic-study/normal-distribution/normal-distribution/よ ...

【3月9日 米国株式市場】ダウ    38,722 ‐0.18%S&P500     5,123 ‐0.65%ナスダック 16,085 ‐1.16%米国株式市場は下落。雇用統計を受けて序盤上昇する場面もありましたが、AI・半導体関連株などテクロノジーセクターが売られたことや、Amazon、テスラなど影 ...

【クレカ積立】3月8日に内閣府令が改正され、クレカ積み立ての上限が10万円になりました。PayPay証券や大和コネクト証券などは1月から既に引き上げていますね。今日は前々から対応すると発表していました、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券などが、クレ ...

【ドルコスト平均法の限界】議論されつくした話なので今更かと思う方もいるかもしれませんが、また、最近話題なので簡単に書いていきたいと思います。ドルコスト平均法でも資産形成後半には効果が薄れますし、暴落やそれによる損失を防ぐことは出来ません。そして、投資や市 ...

「なぜ米国に投資しているか」なぜ米国に投資をしているかという問いに対して、①人口増加が見込まれる②株主第一主義③イノベーションは米国から④投資環境が整備されている⑤新陳代謝が活発というような理由がよくあげられます。でも、このような投資家みんなが知ってい ...

【3月7日 米国株式市場】ダウ    38,661 +0.20%S&P500     5,104 +0.51%ナスダック 16,031 +0.58%米主要株価3指数は反発。S&P500は3日ぶりの上昇となりました。FRBのパウエル議長の発言や経済指標受け、市場では安心感と年内の利下げ観測が高まりました。株式 ...

【3月6日 米国株式市場】ダウ    38,585 ‐1.04%S&P500     5,078 ‐1.02%ナスダック 15,939 ‐1.65%米国株式市場は下落。テクロノジー株が下落し各指数を押し下げました。市場は経済指標の発表を消化しつつ、パウエル議長の発言に備えています。ラッセル2000 ...

【ウォーレン・バフェット氏の富の源泉とは】ウォーレン・バフェット氏の成功の秘訣について、これまで世界で2000冊以上の本が出版されてきました。例えば、師匠のグレアム氏やフィッシャー氏から受け継いだ、バリュー投資を軸とするバフェット氏の銘柄選択のスキルを分析 ...

【3月5日 米国株式市場】ダウ    38,989 ‐0.25%S&P500     5,130 ‐0.12%ナスダック 16,207 ‐0.41%S&P500は反落、半導体株の上昇に牽引され一時最高値を更新する場面もありましたが、最終的には小幅に下げて終えました。今週はパウエル議長の議会証言や雇用 ...

【お金は寝かせて増やしなさい】水瀬ケンイチさんから著書「改訂版 お金は寝かせて増やしなさい」を献本いただきました。水瀬ケンイチさんありがとうございます。Amazon「改訂版 お金は寝かせて増やしなさい」楽天  「改訂版 お金は寝かせて増やしなさい」読了後、感想を ...

【伝説のバリュー投資家の一人】ベンジャミン・グレアムを師事し、ウォーレン・バフェットとも親交の深い、世界的なバリュー投資家の一人、BaupostGroupのセス・クラーマン。今日は、彼が、リーマンショック渦中の,2008年10月の講演での発言を紹介したいと思います。【最も恐 ...

↑このページのトップヘ