バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

【NISAの恒久化、無期限化を盛り込むとの報道】昨日、政府が策定する資産所得倍増プランの案として、NISAの制度を恒久化、及び非課税で保有できる期間を無期限にするなどことを盛り込むとの報道でがありました。〇日経新聞「NISA、5年で3400万口座に倍増へ 政府の所得倍増 ...

【2023年はどうなるのか】米バンガードが12月に公開予定の2023年の見通し(outlook)の「一部」を、HPで先行公開していましたので、紹介します。【株式について】2021年の米国株式市場の大幅なバリュエーションの拡大は持続不可能であり、当社のフェアバリューの枠組みでは ...

【投資信託についておもしろい記事が】先日、日経新聞に「インデックス型投信、運用成績はコストで決まる?」という記事がありました。要点をまとめると、〇同じ指数との連動を図るインデックス型投信は基本的に同じ値動きをするため、商品選択ではコストの低さが重要なポイ ...

【11月24日 米国株式市場】ダウ    34,194 +0.28% S&P500     4,027 +0.59%ナスダック 11,285 +0.99%米国株式市場は上昇。途中下げる場面もありましたが、11月のFOMC議事録を受け上昇に転じ終えました。ラッセル2000は+0.17%と小型株も小幅に上昇VXUS(全世 ...

次の10年は新興国株式がくる。次の10年新興国株式がくる。という声を最近よく聴きます。そこで今回は1つの興味深いレポートを紹介したいと思います。2011年4月 日興アセットマネジメント変わる世界の勢力図、大きなカギになる「新興国」と「向こう10年」の高成長より引用 ...

【にじさんじのB級バラエティー×SBI証券】投資界隈で「V」と言えばビザ(V)、あるいはVTIやVOOで有名なバンガード(Vanguard)を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、今回は「V」Tuberの話。なんと、あの「SBI証券」が、にじさんじのB級バラエティー(仮)にじ ...

【11月23日 米国株式市場】ダウ    34,098 +1.18%S&P500     4,003 +1.36%ナスダック 11,174 +1.36%米国株式市場は上昇。S&P500は1.36%上昇し、先週の下落分を取り戻しました。感謝祭の休暇を控え大きな動きはあまりありませんでしたが、堅調な企業決算を背景 ...

経済成長と株式のリターンVYMの第7会計年度(2013年10月時点)の運用報告書に、次のような記述があります。「補足」この会計年度中、米国株式市場は29%、VYMも24.4%と非常に高いリターンをあげています。FRB の金融政策の不透明さとまだら模様の景気動向に対する不安が目立 ...

【お得なキャンペーンまとめ】今回はAmazonなどで行われているお得なキャンペーンをまとめて紹介しようと思います。お金をかげずに。いろいろな作品にふれ、人生を楽しんだり、より有意義なものにする良い機会かと思います。もし、気になるものがあれば、上手く活用してみ ...

【証券分析】りんり@バンガードS&P500ETF(VOO)@SandP500ETFグレアム①普通株の価値を決めるときに配当率はそれほど重要ではない。 ②その企業の資産と収益力に明確な相関関係がないとすれば、資産価値はまったく意味がない。③ 過去の収益は、それが将来の収益にどのよう ...

【11月22日 米国株式市場】ダウ    33,700 ‐0.13%S&P500     3,949 ‐0.39%ナスダック 11,024 ‐1.09%米国株式市場は小幅に下落。7セクターが上昇するも、GAFAやテスラ他、大型グロース株の下落が各指数を押し下げました。中国のコロナウイルス再拡大の報道も ...

【GMOの予測】GMOが、2022年9月末時点からの、今後7年間の各市場・資産のリターンの予測を公開していましたので紹介します。source見づらい方は画像をクリックすると拡大できます。注)ドルベース・インフレ調整後の実質リターン。米国のインフレ率は、15年間で平均2.3%の ...

【やればできるのに】『知っている』のと、『できる』のと、『やる』のと、『やり続ける』では大きな差がある。たいてい多くの人は「知ってる」のに、そしてやれば「できる」のに、「やらない」から成果がでない。例えば、小中学校の勉強がそうだ。宿題や予習復習をした方 ...

【信頼とは】信頼を一つ一つ積み上げていくのは大変で時間がかかるが、ほんのわずかなことで簡単に失われるし、崩れる時は一瞬だ。まるで、つみきのように。【60/40ポートフォリオの話】今年に入り、米国株と米国債券に60:40で投資をする伝統的な戦略「60/40」を批判する ...

↑このページのトップヘ