バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

日本株は「割高でない」「期待以上の成長」「伸びしろがある」から投資をする←わかる。「為替の影響がないから」日本株(TOPIXなど)に投資をする←????個別銘柄は企業によるが、全体で見ると円安はTOPIXや日経平均にも有利に働く場面が多かった。逆に円高になると・ ...

【4月19日 米国株式市場】ダウ    37,986 +0.56%S&P500     4,967 ‐0.88%ナスダック 15,601 ‐0.52%S&P500とナスダックは6日続落。週間でダウは+0.01%、S&P500は‐3.05%、ナスダックは‐5.52%となりました。利下げ期待の後退、中東情勢に加え、企業決算や ...

〇ジャック・ボーグル氏(バンガード創設者)投資で成功するには、高度な知識や複雑さは必要ない。必用なのは常識的な見方だ。マネーと常識よりこれから投資を始める方や投資初心者の方に知っておいて欲しい、株式投資の4つの常識をまとめました。株式投資ではどう成功する ...

【4月18日 米国株式市場】ダウ    37,775 +0.06%S&P500     5,011 ‐0.22%ナスダック 15,683 ‐1.15%S&P500は5日連続下落。強い経済指標やFRB関係者のタカ派の発言が利下げが遠いとの観測を補強したことや中東情勢が引き続き株式市場の重しとなりました。引き ...

【直近のS&P500の日次リターン】2020年1月1日から2022年5月13日までのS&P500の日次リターン(ドルベース)市場は大部分を占める『普通の日』と、1日で±3%の大きく動く瞬間(この期間では全体の2%程度)があることがわかります。【S&P500の二面性に引っかかるな!】以前 ...

【4月17日 米国株式市場】ダウ    37,753 ‐0.12%S&P500     5,022 ‐0.58%ナスダック 15,683 ‐1.15%S&P500は4日営業日続落し、過去最高値から4%下落。今日は特にハイテク株が売られました。中東情勢の緊張や利下げ期待の後退が株式市場の重しとなる中、市場 ...

1929年~51年までのS&P500チャート1929年の10月24日、暗黒の木曜日から始まった大恐慌。株価はピークから80%以上も下げるという大暴落でした。暴落前の株価に戻ったのは1954年。株価が回復するまで「25年」もかかった。という事がよく話題に上がります。でも、個人的にその ...

【4月16日 米国株式市場】ダウ    37,798 +0.17% S&P500     5,051 ‐0.21%ナスダック 15,865 ‐0.12%ダウは好調な決算を発表したユナイテットヘルスの上昇などを受けて小反発。S&P500・Nasdaqは3日続落。米国債利回りの上昇も株式市場への圧力となりました。 ...

【市場から数日離れていると】昨今の市場状況や今後の景気後退を予測し、市場から離脱したり、現金化をするよう促す声も多くあります。そのような意見に耳を傾けるのもよいのですが、市場から出る前に思い出して欲しいことがいくつかあります。【1928年~2021年までのデー ...

【4月15日 米国株式市場】ダウ    37,735 ‐0.65%S&P500     5,061 ‐1.20%ナスダック 15,885 ‐1.79%米国株式市場は下落。好調な米小売売上高を受けて序盤は上昇したものの、米債利回りの上昇やイラン・イスラエル間の地政学的リスクへの懸念が重しとなり下落 ...

【投資信託についておもしろい記事が】日経新聞に「インデックス型投信、運用成績はコストで決まる?」という記事がありました。要点をまとめると、〇同じ指数との連動を図るインデックス型投信は基本的に同じ値動きをするため、商品選択ではコストの低さが重要なポイントに ...

過去、市場平均を上回ってきた「ファクター戦略」過去の様々な学術的研究や調査によると、特定の「ファクター」や「市場のセグメント」にエクスポージャーをとる事で、リスク調整済みの超過リターンを得ることができるということが証明されています。 「各ファクターのプレ ...

オルカン投資家に申したいんだけど、60%アメ株というのはご存じだと思いますが、割高な米株を安い円で買い続けて、それでアメ株が暴落した時はどうするんでしょうか。すでに割高な指標だし、これからも上がり続ける保証でもあるのでしょうか。なけなしの安い円で買うには高 ...

【本当に高配当株の方が出口戦略は簡単か?】たびたび、高配当株の方がインデックス投資より出口戦略が簡単だという意見があります。最近では、ゆうパパ氏の著書「『ほったらかし投資FIRE』手間なく7年で早期リタイアする「米国株」高配当再投資法」の中でも、そういった主 ...

【PER基準のポートフォリオ変更は有効か?】ウォール・ストリート・ジャーナル日本版@WSJJapanPER基準のポートフォリオ変更は有効か #株 #債券 https://t.co/xXqsaWLHea2023/03/09 14:00:07ウォールストリートジャーナルに、米ジョージメイソン大学ビジネススクールの金融 ...

↑このページのトップヘ