S&P500ETFと米国株に投資するブログ

東北の田舎に住んでます。S&P500ETF(VOO)に投資してます。 アメリカ株の情報や、書評等など更新してます。

初めての投資

銀行の投資信託 46%が損?本当に大丈夫?

dcb157fcbab46922bdfabb7baad5235a_t


46%の個人が銀行の投資信託で損をしていると金融庁の調べでわかりました。



原因は銀行ごとに運用成績に大きな差があったとの事。また販売姿勢や運用姿勢、商品の品揃えにも差があったとの事です。

平均10%以上の利益を出している銀行もある一方、手数料等を含めた手取りで計算すると約半数の人が損をしてたとのことです。

最も多いのは10%までの損をした人で、比率は全体の30%を超えます。

この比較的損をしにくい相場であってもです。

私自身この金融庁の調査結果には非常に驚いてます。


どの銀行で投資信託を始めるか?
昔からの付き合いや近いからなどの理由で、銀行を決めると痛い目を見るかもしれません。
セールスや営業に負けず真剣に自分の頭で選ぶ必要があります。

ではどうやって勝ち組の投資信託を選べばいいのでしょう?

実は明確な正解はありません。
未来がどうなるか、どの銀行のどの信託が一番いいかは誰にもわからないからです。


ですので、先見の明がある方や絶対的な知識と自信を持つ方以外は、
銀行の信託を確たる理由もなく、銀行が言うからと安易に安心して買ってはいけません。


むしろ資産を減らすことに繋がるかもしれません。


私はS&P500ETF(VOO)に投資します。
多くの銀行のほとんどの投資信託商品よりS&P500の方が長期ではリターンが高く、手数料も安いからです。


もちろん中には長期でもS&P500に勝る投資信託商品もあるかもしれません。しかし私はそれを見分けるすべを知りません。

あれこれ銀行の選択や信託商品に悩んだりするよりは、S&P500に投資することをおすすめします。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング

株式投資はステルス値上げに対抗する手段

kinokotakenokoIMGL8368_TP_V


物価の上昇(インフレ)についてのリスクはこのブログでもたびたび触れてきました。

実際に物価の上昇を不安に思っている人が22.1%いるという投信投資顧問会社の調査報告もあります。


そして最近流行っているのは、「値段はそのままだけど、内容量を減らしたり、質を落とす」実質値上げ=通称ステルス値上げという手段です。

すぐに思いつくのはスナック菓子やチョコレート、乳製品などですよね。

企業努力と言いますか・・・やることがせこいというか・・・


ステルス値上げを実感したことがあると答えた人は63.6%もいました。
(全然ステルスしとらんやんけ笑)

また当然ですが、そのうち87.6%の人ががっかりしたとのこと。


ではその人たちは将来のお金の不安を解消するために何をしているのでしょう。

アンケートの結果では 1位節約 2位保険の加入 3位貯金
 

いやー素晴らしい解答ですね。日本人のお手本のような答えです。

勘違いしないで頂きたいのですが1~3位の方法はそれ自体はどれも素晴らしい行動です。
節約も保険も貯金も資産形成には重要なファクターです。


しかしどれも肝心のインフレには対応できません。
インフレは貯金も含めほぼ全ての資産の価値を目減りさせます。

でもそのインフレに比較的強いとされる資産が株式なのです。

一般的なイメージでは株式などの投資はリスクが高いように思えますが、株式投資や債券投資などを何もしていないと逆にインフレに対してノーガードで人生を送ることになります。
私はそれでは将来に対するお金の不安は解消できません。


将来天気が雪に変わるかもしれないのに、Tシャツとジーパンだけで乗り切るのはかなりつらい事でしょう。でもダウンを持っていれば何とか寒さを乗り切ることができます。

もちろん温かいまま一生死ぬまでその天気が続けばダウンは無駄になるかもしれません。
でも将来何が起こるかは誰にもわかりません。予測はできても100%は当たりません。

来年、再来年、そして10年後の天気がわからない以上、不安なら暑い日と寒い日両方に備えるのが最善の選択肢ではないでしょうか?


節約も貯金も大切ですが、資産のうち何%かは株式などインフレリスクをヘッジできる資産に振り分ける事をお勧めします。

個別株が難しくても投資信託やETFでもインフレに対して個別株と同等以上の効果が期待できますので、初心者の方にはそちらもお勧めします。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村




米国株ランキング



株式投資は社会貢献です。

AME619hirosakikouen_TP_V


ワールドカップで日本人が会場のゴミ拾いをしているのが話題になりました。
素晴らしい社会貢献活動だと思います。

他にも公園の草むしりやボランティア活動など、個人でも地域や職場のコミュニテイの中の一員としてでも、無償で世の中のために活動をしている方を私は尊敬します。


私はというと普段は運転中にお年寄りに道を譲るとか、そんな些細なことしかできていません。田舎なので地域の活動があるときは参加するといった程度です。

しかしながら、自分の肉体や時間を使うだけが社会貢献ではありません


例えば、ある意味では税金をしっかりと納めることも社会貢献といえます。
税金により富の再配分が行われるとともに、治安維持や教育、医療保険など様々な社会活動が行われ、国全体が豊かで暮らしやすい社会になります


そして私たち株主や投資ブロガーは、株式投資をするという行為そのものが社会貢献していると言えます。

資本主義社会で経済的な繁栄を得るには実物資本の増加、つまり近代的な設生産設備などへの多額の投資が必要不可欠です。

また新しい技術の発明やそれを利用した製品の開発、運搬等にも当然ながら資金が必要です。


ではその資金はどこからでているのでしょう?
資金を主に提供しているのは、銀行や私たち投資家です。

株式や債券を通じて資金を調達する方法は、優良な企業や社会の発展を円滑かつ合理的に進める素晴らしい手段なのです。


そういう意味では微力ですが私も投資しているので社会貢献をしていると言えるでしょう。


株式投資をしていると知ると、「金儲けしか考えていない」とか「ギャンブルだ」とか言ってくる方がいます。そんな時は胸を張って言ってやりましょう。

「少なくとも何にも投資していないあなたよりは社会に貢献しているんだと」

(まあ私はチキンなので心の中で叫びますが・・・)


時間がない方や体を動かすのが苦手でもできる社会貢献の一つが株式や債券投資だと私は思います。

そして何より投資はとてもおもしろい。まさにWINーWINな社会貢献活動です。

社会や人類の未来のため、また自分自身の将来のために、今日も投資活動に勤しみましょう。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

「ハゲタカ」再ドラマ化 鷲津政彦は2018年日本をどう見るのか

4356cf4ef1d37ac85ac390ca6317ec8b_t




今回は私が大好きな投資家の方やサラリーマンにもおすすめのドラマと小説の話です。

2004年に刊行され累計230万部大ヒット小説「ハゲタカ」がテレビ朝日で7月19日木曜日21時から連続ドラマ化されます。


原作小説の簡単なあらすじは

バブル崩壊後の1997年、失われた10年の渦中にあった日本に突如として現れた外資系投資ファンドのカリスママネージャー鷲津政彦が、「ハゲタカ」と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や経営不振の名門企業へ次々と買収を仕掛け、勝利していくと言うものです。


買収のスペシャリストとして、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし戦いに挑む、圧倒的なカリスマ性とダークヒーローっぷりはかっこいいです。

また大手銀行員の外回りサラリーマン、一兵隊だった鷲津が、銀行を辞めアメリカに渡り、外資ファンドで活躍し日本に戻ってくる辺りの話も好きです。


実は以前NHKでもドラマ化されており、私はドはまりして何回も見ました。
気になる方は原作又はNHK版ドラマをおススメします。映画は・・・





ちなみに今回のテレ朝版ドラマは綾野剛主演、ドラマオリジナルエピソードもありハゲタカ鷲津が2018年の日本を見て、何を思い、どんな行動に打って出るのかを主題としているようです。


今からすごく楽しみなのですが、テレ朝版はどうなるのか放送前なのでまだわからないというのが本音です。


思い出補正もあるかもですが、NHK版はキャスト、音楽、映像、ストーリーとどれも完成度が高くすごくおもしろかったので本当にお勧めです。


映画版では赤いハゲタカこと中華系ファンドの玉山鉄二がかっこよかったのですが、撮影中にリーマンショックが起き、ストーリーを急遽変更したツケでしょうか?オチがイマイチだった記憶があります。


とはいえ原作やNHK版ドラマは本当におもしろかったので、まだ見ていてない方はこの機会に是非見てみてください。


主役の鷲津だけでなく、NHK版では鷲津の元上司エリート銀行マンの柴田恭平。赤字に苦しむ老舗旅館の一人息子の松田龍平、両親が下請け町工場を営んでいたニュースキャスターの栗山千明あたりが私の好きな登場人物なのですが、他にも魅力ある脇役がたくさん登場します。


また、バルクセール、レバレッジドバイアウト、ホワイトナイトなど金融用語も随所に使われていますが、初心者でもわかるように描かれているので、ドラマとはいえ、○○ってこんな感じなんだというようにいい勉強になるかと思います。


投資に興味がある方はもちろんですが、普通に働いているサラリーマンが見ても仕事、企業経営ものの小説、ドラマとして楽しめると思います。見ていて熱くなります。


半沢直樹、不毛地帯、ビックマネー、華麗なる一族といいったようなドラマが好きな方ははまること間違いなしです。



「腐ったこの国を買い叩く・・・」

お金を儲けることはいけないことでしょうか?」


などの数々の名言も魅力的です。

テレ朝版に期待しつつ、放送までまだまだ時間がありますので、まずは原作小説とNHK版ドラマを見てみてください。

今の時期雨で外出できないときなどには有意義な暇つぶしになるかと思います。

テレ朝版がおもしろかったらまた記事にするかもです。

それではよい週末を



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング





銀行預金が最も不利になる可能性

96ead6cbb2c6179cbc4ec1ddc3478231_t




内閣府の発表によると日本人の約3割が無貯蓄とのことです。


先進国で貯蓄率が低いと言われているアメリカの貯蓄率は6%下回る程度です。

OECDのデータによると日本はさらにそれより低く約3%程になりました。
20世紀、1990年代には日本の貯蓄率は10%以上ありました。


でも「貯蓄率が低い=即、悪」とはなりません。銀行預金の代わりに株や債券、不動産などの他の資産を持っていれば、銀行預金や貯蓄率が少なくてもあまり問題がないからです。


とはいえ日本人の最も多く持っている金融商品は銀行預金や郵便貯金などの「預金」です。

預金も金融商品の一つであり、投資の選択肢の一つと意識している日本人は意外と少ないのではないのでしょうか?

銀行預金=投資と考えている人は、少なくとも私の周りでは両親を含めてほとんどいません。


ちなみに日本人が持っている1600兆円の金融資産のうち半分以上の860兆円が「現預金」だそうです。


そもそも預金とは何でしょうか?

私たちが銀行にお金を持っていくと、銀行は利子をつけてお金を預かってくれます。
銀行はその集めたお金を融資という形で少し高い金利で貸し出すことで収益を上げていきます。
その収益の一部を、預金してくれた私たち(出資者)に利子として還元するのです。

つまり銀行預金とは、銀行に対してお金の貸し付けを行う投資なのです

日本では一つの金融機関当たり1000万まで預金保証制度があるので、預金は一部国家の保証付きで銀行にお金を貸し付けているという投資商品に他なりません。


銀行預金という投資商品のメリットは、始める手軽さと国家補償を含む銀行への信用、そしていつでも現金として下せる流動性です。


ではデメリットは何でしょう。インフレリスク、円という通貨リスク、銀行破たんリスク(1000万以上預けている場合)などがあげられなす。特に問題なのはインフレリスクです。


どのくらい預金が必要かは個人の生活や性格、収入や年齢家族構成によって変わります。


3か月の生活費があれば大丈夫と言う人もいれば、何かあった時のために1年分の支出は預金がないと安心できないという人もいるでしょう。持ち家、貸家でも変わってきます。

しかしながら、そのラインを超えた分の預金は逆に最も効率の悪い投資商品となりかねません。
元本割れが怖い方でも、最低でもしばらく使う予定のないお金はそのまま預金するより少しでも金利が高い日本国債に変えた方がマシといえるでしょう


私は持ち家、独身30代で会社員、田舎者ということもあり、給料2か月程度の銀行預金しかありません。それ以外の資産はほぼ全てS&P500ETF(VOO)をドルで保有しています。


ちなみに私は貯金額を聞かれたとき、割と素直に○○万円と答えるので質問した方や職場などでは、貯金できないやつとか貧乏人と思われていると思います笑

そんな時わざわざ株や投資の話もしませんし、仕方ないですよね。元々節約の鬼ですから別にいいんですけど笑


私は銀行預金は最低限に留めて、できるだけVOOを買い付けます。

・・・が、貯金額を気にする女性には全くモテないかもしれません笑



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


初めての投資3(株式投資のメリット)

前回、前々回で株式投資の始め方=「証券会社に口座を作る」という事を説明しました。

現在のところ対面型証券なら大手5社のなかから適当に、ネット証券ならSBI証券、松井証券、楽天証券などが初心者にはいいのかなと思います。


さて口座開設の準備を整えつつ、空いた時間を利用してどんどん投資と株の勉強を進めましょう。


初めての投資シリーズは投資を全くしたことがない初心者を想定して書いています。

空売りとか手数料、税金など難しい事は省いてわかりやすく簡単にまとめてます。細かいツッコミはあるかと思いますがご容赦ください。



それでは初心者のための株式投資3回目を始めます。

今回は株の生み出す利益を説明します。



株から得られる利益は大きく分けて3つあります



1. キャピタルゲイン 資産を売買するときに得られる利益

例 1000円で買った株が1200円になったので売った。 200円の値上がり益


2. インカムゲイン 資産を持ち続ける事で得られる利益 (配当金や利息など)
  
例 1000円で買った株から50円配当金を貰った。 50円の配当金

配当金とは会社が出した利益の一部を株主に還元するために支払うお金のことです。
 
権利確定日に株を持っているだけで配当金は貰えます。会社によって金額は違い、配当金がない会社もあります。(詳しくは別記事にします)
 

3. 株主優待 

権利確定日に一定の保有数の株を所有している株主への優待制度。
内容は会社によって様々。日本特有の制度で株主優待がない会社もあります。



この3つが株を売買して得られる主な利益となります。



株主優待目的で株を始める人が増えていると耳にします。私の友人にも実はいます。また雑誌や証券会社のサイトで株主優待の特集が組まれたりしています。

優待の内容ばかりに気を取られていると、株価の値下がりなどで損をするかもしれません
優待の比較もいいですが肝心の本業の業績や負債などもしっかり確認しておきましょう


私は株主優待はあまりというか全く考慮していません。というかいりません。割引券やクオカードなんかよりむしろその分現金を(配当として)よこせという感じです。

すみません。あくまで個人の感想です(笑)

でも優待はあくまでおまけみたいなものと考えた方が、投資で資産を増やしていく上ではいいかもしれません。


基本的にはキャピタルゲインとインカムゲインを利用して資産を増やしていくのがメインとなります。

いろいろな投資方法や戦略、各々の性格等もあるのでこの二つはどちらが優れているとは一概には言えません。


しかしながらただ貯金して銀行から利子を貰うのと比べて、株式投資の方が圧倒的に資産を増やすことができます。


もちろん元本割れのリスクはありますが、金融リテラシーや正しい投資知識を身に着ければ長期的にはほぼ確実に資産を増やすことができます。


でも具体的に投資の勉強って何から始めていいのか、何をすればいいのか初心者の方だとよくわからないと思います。

明日以降、金融リテラシー(金融に関する情報や知識を正しく理解し、自らが主体的に判断できる能力)や投資の基礎知識をどんどん紹介していきますので是非参考にしてみてください。


それではまた


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村






 


初めての投資2(ネット証券)

初めての投資1では「株式投資が気になったら証券会社に口座を作ろう」というテーマでお送りしました。

初めての投資、2回目の今回はアメリカ株をやりたい、証券会社にいく時間がないという人のために「ネット証券」をテーマにお送りします。


ネット証券とは

インターネット経由で株取引サービスを提供する証券会社のことです。日本では1998年に誕生しました。現在では個人投資家の95%以上の取引がインターネット経由となっています。

SBI証券、松井証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券、GMO証券などがあります。


ネット証券のメリット

1. 最大のメリットは手数料が安いという点です。

 初心者の方は手数料や税金などの摩擦コストを軽視しがちです。しかし投資を成功させ資産を築くうえで、手数料や税金は避けては通れません。実は最も考慮すべき重要事項の一つなのです。

 摩擦コストについては非常に重要なので後日記事にします。



2. いつでもどこでも取引ができる

 スマホやパソコンなどネット環境があれば、24時間いつでも、どこからでも注文ができます。(メンテナンスの時間以外)

 仕事が忙しくて、平日市場が開いている時間に証券会社に電話したり、窓口に行く時間がない方でも大丈夫です。

「スマホさえあれば株式投資できる」という気軽さは若い方やパソコンがない方でも、初めやすいのではないのでしょうか?


3. アメリカ株
アメリカ株に投資したい方はネット証券がおすすめです。大手証券会社でも米国株は扱っていますが、手数料の高さやシステムの使いずらさなどがあり、私はアメリカ株取引にはネット証券メイン使っています。(特にSBI証券、楽天証券が初心者にはおすすめ)



ネット証券のデメリット


誤発注 ネットの注文時、数字の打ち間違いなどは完全に自己責任です。窓口や電話だと営業担当者の方が何度も注文間違いがないか確認しますし、変な注文なら「大丈夫ですが?」と聞いてくれたりします。


システム障害リスク 滅多にありません。ですが過去にサーバーがダウンした例もあります。問い合わせ先や電話取引の仕方等は確認しておいた方がいいでしょう。

また、対面証券会社の場合、アドバイスの良し悪しはありますが金融商品や投資を提案されたりいろいろな情報が手に入ります。気になる企業があれば相談したり、企業情報や分析を聞くこともできます。ネット証券ではここも自己責任。無料で情報は提供されていますが、自分で勉強していかなくてはなりません。



アドバイス

おそらく多くの人にとって、ネット証券の方が手数料と使いやすさからよい選択になると思います。
とは言え大手証券会社でもネットからでも注文ができ、最近はネット取引にも力をいれています。


個人的には前回の記事で少し触れましたが、初心者の方は初めは大手証券会社に行き、説明を聞いたり質問したほうが、ネットで一人で調べるより早く確実に株式投資の仕方やシステムなどを理解できると思っています。

急がば回れといいますか、大手証券に口座を作るメリットは税金のこととか、ちょっとでも気になることがあればすぐ聞けるというのは強みです。(但しいらない商品を勧められた際ははっきり断ること)

私はみずほ証券の担当の方が一項目ずつ読んでくれ、質問や不明な点にも丁寧に答えくれました。そのため後日ネット証券をはじめる際もほとんど知っていることばかりでスムーズにはじめることができました。

もちろん、いきなりネット証券に口座を作るというのもOKです。

その際の注意としましては、最低でも契約締結前交付書類やシステム等使い方ガイドには必ず一回は目を通してください。

適当に読み飛ばして「同意する」をクリックし株をはじめることもできますが、何かあった時に困るのは自分です。

一度身に着けた知識は生涯役に立ちますからここは手を抜かずしっかり確認しましょう。


長々と書きましたが

とにかく証券会社に口座を作らないことには株式投資は始まりません。


ほとんどの証券会社は口座解説や維持は無料なので、気になったらまずは気軽に作ってみてください。
作ってみて「う~ん」と思ったらお金をいれなきゃいいだけです。

まずは口座を作る。それがこれから始まるであろうあなたの投資と資産形成の小さくとも偉大な最初の一歩となるでしょう。


私は、私のブログを読んでくださる読者の方全てが投資で成功する事を祈っています。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

初めての投資1(株式、債券投資が気になったら)

最近私の周りでも投資をしたい、興味があるという友人知人が増えてきました。

そこで今回から定期的に投資初心者のための記事を書いていこうと思います。


私自身の投資を始めたばかりのころの経験や失敗談等もできるだけ正直に書いていきますので、これから投資を始めようとする方の少しでもお役にたてたら幸いです。


TVや雑誌、知人との会話、老後や将来のためなど・・・。
きっかけは様々ですが、「投資で儲けた」というような話を聞くと、興味が湧いたり、自分もやってみたいという気持ちが出てきます。

投資に興味をもったらとにもかくにもすぐにやるべきことがあります。


それは・・・

証券会社に口座を開くという事です。


野菜を買うなら八百屋やスーパーに行きますよね?
では株や債券を買うにはどこに行けばいいのでしょう?


答えは、証券会社です。




証券会社と聞くと、敷居が高そうで最初は構えてしまうかもしれません。
でも大丈夫です。何も心配いりません。


証券会社だって客商売です。私たちは「お客様」なわけですから「口座を作りたい」と伝えれば、むしろ喜ばれます。

ちなみに私は20代、しかもフリータ時代にみずほ証券の窓口に行きましたが、当時全く無知で貧乏な私にも丁寧に対応して頂きました。


また、口座開設や口座の維持には基本的にお金がかからない(無料)の証券会社がほとんどなので心配しなくて大丈夫です。(一応口座開設の時に確認して頂ければ確実です。)


これを利用していくつかの証券会社に口座を開いてみてから、使いやすい所をメインにするというのも手です。無理に1社にに絞る必要はありません。

また各証券会社はそれぞれ投資情報やニュースを提供しています。複数口座を作ることによって、いろいろな証券会社の発信している情報を見ることができるメリットもあります。


私も今ではみずほ証券の他にSBI証券や楽天証券などのネット証券も利用しています。



所謂大手の五大証券。野村証券、大和証券、SMNC日興証券、みずほ証券、三菱UFJ証券ならシステムの安定性、情報やツールの使い安さ、手数料やサービスもまず問題ないと思います。


合わなかったら違う投資会社にすればいいだけなので、最初から難しく考えず、近くにあるからとか評判がいいからとかで決めていいと思います。


むしろあれこれ悩んで、結局投資をしなかったり、踏み出せなかったり、先送りにする方がもったいないです。



なので株や投資をしようと思ったら、すぐ証券会社に電話をかけてこう言いましょう。


「株(債券)を始めたいので口座を開きたいのですがどうすればいいですが?」


そうすれば口座開設の流れや必要なものを教えてもらえます。

不安なこと、わからないことなどあれば、恥ずかしがったりかっこつけずに電話でも窓口でもどんどん聞きましょう。初心者という事を伝えた方がスムーズかもしれません。


そして窓口に行く時間を予約してあとはその時間に行けばOKです。


実際この間に少し時間があるので、電話した後で何に投資しようかとか考えればいいのです。
(実はこの時間が一番ワクワクして楽しかったりします)

(但しNISAやイデコをはじめる際は各社扱っている商品が違うので要考慮が必要です。移管等でリカバーできますが割とめんどくさいので後ほど記事にまとめます。)

まずは証券会社に電話して、口座を開く

株式投資はそこから始まります。


今日はここまで

明日以降は口座開設の際、窓口でどんな感じだったかを記事にします。

また初めからアメリカ株をやりたい方、平日窓口行く時間ないという方はネット証券について明日以降記事にしますのでもう少しだけお待ちください。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
おすすめの書籍



お問い合わせ

名前
メール
本文