S&P500ETFと米国株に投資するブログ

東北の田舎に住んでます。S&P500ETF(VOO)に投資してます。 アメリカ株の情報や、書評等など更新してます。

ETF インデックス投資

楽天VTとピーターティール 今日の記事は読まなくていいです。



ツイッターにも載せましたが、本日ピーターティールの本を買いました。

IT関係やシリコンバレーには無知な私ですが、非常にわかりやすくおもしろいです。


知っている方には当たり前の内容かもですが「ペイパル起業」や「イーロンマスク」等の話。

そしてバフェットとの比較などもあり、企業家として・また投資家としてのピーターティールを私のような「オールドタイプ」な人間でも簡単に理解できるように書かれています。

おもしろくて今日一日で最後まで一気に読んでしまいました。


さて今日はコメントに対するアンサー記事を書きます。

アンサー記事は初めてです。


本当はあまり書きたくないんだけど・・・(こんな気が進まないブログははじめてかもです)

「なんだかな~」なコメントだったので・・・(以下の記事は読まなくていいかもしれません。)

以前も別件ですが、的外れな批判の長文コメント頂いたのではっきり一度だけ解答させてください。


さて本日

私の尊敬するバンガードの創設者ジャックボーグル氏やエリス氏等は「インデックスファンドは薦めていても、ETFは薦めていない」とお叱りのコメントを貰いました。

確かに、かつてのボーグル氏やエリス氏等はETFについて反対の立場で発言や執筆しており、それはインデックスファンドの先駆者のバンガード社がETFへの参入が遅れた原因の一つでもあります。

しかし、最新のボーグル氏やエリス氏の著書や発言を見る限りETFを認める側へと立場を変えています。

(正確には、「ETFを投機的な目的で利用しない」「インデックスの皮を被った偽ETFに注意する」など両名とも一部を除くと条件付きですが)


少なくとも、私が行っているようなS&P500ETF(VOO)を長期間売らずに買い増し保有する正攻法のスタイルは、ジョン・C・ボーグル氏やエリス氏は反対してないと「私は判断します。」



また「できるだけ安い低コストのインデックスファンドで運用しろ」と言っているのにどうして三重課税などの問題がある「楽天VT」資をしているのか?コストアップじゃないのか?とお叱りを受けました。


さらには調べもしないで投資するな。そういうブロガーが多すぎと言われました・・・

が・・・

すみません。私は楽天VTは一度も買ってませんし、以前も、今もこれからも投資しようとも思っていません・・・


申し訳ございません。せめてブログを読んでから批判のコメント頂けたら嬉しいです。(ぼそッ)


コメントでは楽天VTに対する批判やセゾンバンガードと比較をわざわざ長文で書いて、説明して頂き非常にありがたいのですが・・・・

私は楽天VTには投資してません(大事なことなので二回ry)。


私はVTの国際分散の考え方は理解できるのですが、米国オンリーでいい派なので本家のバンガードVTでも買う予定はありません。(シーゲル教授すみません。)


なのでセゾンバンガードの方が効率いいと言うような事をせっかく教えていただいたのですが

セゾンバンガードもやはり米国株式オンリーで投資している私の投資哲学に合わないのですみません。

むしろ、エリス氏などはファンズオブファンズを批判していたような気が・・・



私の運用方針を再度まとめます。


私は(NISA口座や特定口座で)S&P500ETF(VOO)をドルで直接買っており、ドル転時や税金などコストにはできる限り気を付けています。

(家や土地などを除く)資産の約90%をVOOに投資しており、残り10%は現金(ドル)で保有しています。

以前は日本株や国債、バフェット銘柄やバークシャー、シーゲル銘柄なども持っておりましたが、個別銘柄は全て売却し、S&P500ETFに変えました。

今後はNISA枠で毎月約10万ずつVOOを買い増していく予定です。


そしてイデコ枠で、楽天VTIに投資しています。

これはイデコで買える商品の中でVOOに一番近い商品だったからです。

コスト面はイデコを始める前に少し悩みましたが、イデコで節税できるメリットなど比較し総合的に考えて投資を決めました。

毎月限度額の23000円、楽天VTIに積み立てています。

ですが以前も書きましたが、今後もっと低コストで、運用額が大きく安全で、米国市場全体、もしくはS&P500連動型の商品がイデコで出たら移る可能性があります。

コストアップは私も嫌ですから。


以上が私の株や債券などペーパーアセット投資の基本スタイルとなります。



長文でのコメントによるご指摘感謝いたしますが、こちらが私の見解となります。
また今後、不快なコメントについては公開せず即削除いたします。


逆に、ためになるコメントや私が明らかに間違っていれば素直に訂正したり、然るべき対応をさせていただくと共に、耳に痛いコメントでも心から感謝します。


私の大好きなタレブ氏も確か「批判の内容をみれば、そのものの本質がわかる」でしたか?
批判が楽しみ、批判で成長できるというようなことを言っていましたし。

批判を味方につけ反脆弱を発揮出来たらなあと思っています。


でもあまりに的外れな批判を相手にして、不快な思いはしたくないので・・・一度だけアンサー記事を書いてしまったことをお許しください。

いい批判、鋭くいいご意見は楽しみにお待ちしています。


EV185141450_TP_V4



なんというか仲良くみんなで儲けたらいいじゃない。

せっかく書いたり、読んだりしてるんだもん。

ブロガーも読者もストレスをためずに ハッピーに

無料コンテンツなんだし、悪徳商法みたいに「絶対儲かる」とか「あなただけに教える」とか言って、お金とってるわけでもないんだし

もっと気楽にいけないものなのかなあと思う今日この頃でした。

ほとんどの読者の方やブロガーさんはいい人だと勝手に思ってます笑。


あんなコメントに負けず、私は信念を貫き投資とブログを続けます。



これから煽り耐性がなさすぎる自分にちょっとだけ自己嫌悪と少し反省します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


SBI債を見て思ったこと[BND]

240766d7c7eed62f6e1a68b272087fa0_s[1]


現在第37回SBI債が販売されています。

その名の通り、SBIホールディングスの社債です。簡単な概要は

年率 0.48% 税引き後(0382%)
期間 約2年
利払い日 年二回 1/19 7/20(初回2019/1/19)
単位 10万以上(10万単位)
発行日 7/19
申し込み 7/19 14:00まで (先着順 上限金額なし)
発行額 200億円
発行体格付け BBB(R&I)


となっています。

100万円投資して償却まで2年間保有した場合 

2019/1/19日 1910円(税引き後)
2019/7/20日 1910円(税引き後)
2020/1/19日 1910円(税引き後)
2020/7/19日 1910円(税引き後)

受取金額合計 100万7640円

計2年で7640円の利益になる商品です。


私のメイン証券はSBI証券ですし、もっと安全かと思っていましたが地味に発行体格付けがBBBなんですよね。

ちなみにR&I格付けでは日本国債はAA+、トヨタ自動車もAA+という格付けになっていました。

(S&Pやムーディーズはそれぞれ日本国債をA+、A1 トヨタをAA-、Aa3としています。)

格付け会社を100%信頼するのも問題ですが、概ね目安になるかと思います。(この話は別記事に)




ちなみに私の1番おススメの債券投資はバンガード米国トータル債券市場ETF BNDです。


以下の格付けはBNDの扱っている債券の格付け評価と比率を表したものです。
評価方法はS&P、ムーディーズ、フィッチの三大格付け会社の格付けの平均値、2社のみ場合は低い方の格付けを採用しています。

米国政府 64.1%
Aaa 5.8%
Aa  3.4%
A  12.1%
Baa   14.6%
Baa未満 0%

という比率になっており、かなり安全な債券、約8000銘柄に分散投資しているという事がわかります。

さらに10年以上の長期債の比率も合計17.3%となっており、長期債、超長期債も混ぜつつも、メインは短期~中期債というところもリスク管理の面でポイント高いです。

設定来の取引値は約10年で+3.94%と値動きはさほどありません。むしろこの安定性が魅力でもあります。

BNDのメリットは毎月入ってくる分配金(だいたい0.17ドル)となります。少額とは言え毎月お金が入ってくるのがうれしいですよね。



話がそれましたが、私は今回はSBI債はスルーします。

私は現金10%、S&P500ETF(VOO)90%という比率で投資しています。現在は債券よりVOOの保有数を増やすことが最優先だと考えるからです。

ですが、できるだけ元本を割るリスクをさけつつ、安全に資産を増やしたい方には国債や大手優良企業の短期債券、債券ETFなどは投資の選択肢としておススメです。
(少なくとも銀行預金や郵便貯金、定期預金よりはマシだと思います。)


2年という短期でSBI証券なら償却まで保有すれば、まず大丈夫だろうと個人的には思います。

同時に、リターンの面でも安全性の面でも、債券投資を考えている方にはBNDもお勧めします。



債券投資・・・私は今すぐ何かしようと言うわけではありませんが、50代、60代となった時に備えて今後も勉強を続けようと思います。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



楽天バンガードに新商品がキタ――(゚∀゚)――!!

goldIMGL0950_TP_V


「楽天・バンガード・ファンド」シリーズに第4弾として新しい「バランスファンド」3商品が追加されることが発表されました。

設定日は7月20日金曜日

楽天証券 SBI証券 マネックス証券の三社で取り扱いが決まっています。


今までの楽天バンガードと同様、バンガードのETFおよび投資信託証券を通じて投資を行う商品です。

相変わらず低コスト&販売手数料0(ノーロート)となっています。

今後「つみたてNISA」対象商品とする方針とのことなので、初心者の方や長期投資をされる方は一考の価値ありです


では早速商品の内容を紹介をさせて頂きます。


1.楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
愛称 楽天・バンガード・ファンド (バランス株式重視型)

内容 全世界株式70% 投資適格債券(為替ヘッジあり)30%



2.楽天・インデックス・バランス・ファンド(バランス均等型)
愛称 楽天・バンガード・ファンド (バランス均等型)

内容 全世界株式50% 投資適格債券(為替ヘッジあり)50%



3.楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)
愛称 楽天・バンガード・ファンド (バランス債権重視型)

内容 全世界株式70% 投資適格債券(為替ヘッジあり)30%


以上三つです。


「株式」の指数はFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスを対象としています。要はVT

「債券」の指数はブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックスとなっていて、為替ヘッジがあります。



株と債券のそれぞれの比率を変えた商品が3つという感じです。


債券に為替リスクを低減を目指して、為替ヘッジがあるのが個人的にはポイント高いです。


個人的な感想としては、相変わらずかなり幅広く分散の効いた商品だなーという印象です。
さらに債権の割合が30~70%と、比較的ディフェンシブで安全な商品だと思います。


退職後やリアイア間近の方、50代以上の方、また家族がいるなど・・・
リスクをできるだけ避けつつ、資産を安全に増やしたい方にはお勧めできるでしょう。


株と債券の比率をどうするかは、その人の性格や年齢、環境によって違うので一概には言えません。

個人的には株式重視でもリスクは充分低く感じます。けれども絶対損はしたくない、できるだけ元本割れは嫌だという方は債権重視でも全然ありだと思います。


私はS&P500ETF(VOO)や楽天VTIに投資しているので、安全な分、期待リターンが少し劣るであろう新商品3つはスルーします。S&P500より高リターンを求める方、短期でも成果を出したい方は別の手段を考えた方がよいでしょう。


でも私の父世代の方やリスクに敏感な方、投資を始めたばかりの方、ゆっくりとでも確実に資産を増やしたい方にはおすすめできる商品だと思います。


ちなみにベンジャミングレアムは「賢明なる投資」で一般投資家には50:50を進めていました。
(当時とは双方の期待リターンが違うので要考慮ですが)


まだニュースを一読しただけなので、詳しい分析等はまた後日記事にするかもしれません。


楽天バンガード。これからも期待が持てそうです。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング

私はロシアが大好きだ....けれども投資は.....


UNI128200110_TP_V




ズドラーストヴィチェ りんりです。

みなさんはサッカーロシアワールドカップを楽しんでいますが?私はサッカーが大好きなので毎日エンジョイしています。


そして何を隠そう私はロシア好きでもあります。
今日はちょっとだけ私のロシア愛について語ります。


1.ロシア料理が好き

私は以前岩手県の北上市というところで働いていたことがあります(やはり田舎ですが私の住んでいるところよりははるかに都会です笑)
そこに「トロイカ」というおいしいロシア料理の店があり完全にはまりました。チーズケーキが有名で通販でお取り寄せもできますが、ボルシチやピロシキなど店で食べるロシア料理が絶品で大好きです。
北上市近くに来られた方は是非。

2.歴史好きはロシアと離れられない

歴史が大好きな私は大津事件、日露戦争、第一次世界大戦、ロシア革命、ノモウハン、そして冷戦とロシアに関係する歴史も大好きなのでロシアから逃げられません。
日本は江戸時代後期からロシアを仮想敵国としていたり、何かと縁がある国です。

3.祖父が樺太でロシア人と働いていた。

なお祖父は第二次世界大戦でアリューシャンのとある島の防衛中アメリカの艦砲射撃を経験しています。その後塹壕から出ると山が一つなくなっていたとか・・・
危うく一歩間違えばアメリカのせいで私が生まれてこなくなるところでした。なのにアメリカに投資している私を死んだ祖父はどうおもうのでしょう?笑


4.ロシア人女性(若い人)がタイプ。モデル体型の美人さんが多いイメージです笑。

5プーチン大統領が好き

6.ニコライが好き

7.アニメ好きの私はガルパンのノンナやデレマスのアーニャ、デュラララのロシア寿司、ガンダムOOのスミルノフ大佐など数々のロシア人キャラや上坂すみれが好き。

8ロシアの街並みや建造物が好き


などなど、まあ上げればきりがないのですが、北国にすんでいることもありなぜが投資しているアメリカと同じくらいロシアも大好きです。


では投資ブログなのでロシア投資を語りましょう。

実は私はロシア経済、投資についてはニュースや新聞を読む程度で詳しくありません。資源があるとか、経済制裁のなかプーチンが頑張ってるなーとか、国営や財閥のイメージがあるとか、パイプラインや軍事とか、その程度くらいしか正直わかりません。

となると次の選択肢は
そう私の伝家の宝刀ETFが選択肢に入ります。知識がなくても平均を狙えるETFなら大丈夫なはず。


ロシアのETFと言えば

ERUS(MSCIロシア25/50インデックスに対応)
RSX(DAXglobalロシア+インデックスとの連動)
RSXJ(ロシアの小型株) 
03027(MSCIロシアインデックス銘柄で構成)

などがあります。

よし、チャートを見てみるか・・・右肩下がり?不安定?・・・・

うーんイマイチ

またSBI証券の手数料が約定金額の1.296%
特定口座は利用できるものの、アメリカ株に比べ手数料が割高に感じます。

さらにロシアルーブルでの取引は当然為替リスクがあります。


ロシア通やロシアの政治、経済、企業に詳しい方なら利益を出せるのでしょう。

でも私程度のロシア好きではS&P500ETFの方がはるかに投資効率がいいような気がします。

自分が詳しくないものには投資しない。手数料や摩擦コストが高いものには投資しない。
私は私の投資原則に従いロシアに投資はしません。


だけど非常に魅力的な国


う~ん、ロシア投資は恐ろしあ


(ちなみに写真はウラジオストクの夜景です)


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

S&P500ETF(1557)のデメリット

以前話していたシカは川を泳いでいる所を警察に捕獲され無事山にかえされました。

田舎者のりんりです。
私はS&P500ETFの一つVOOに投資しています。


S&P500ETFと言えばIVV(ブラックロック社)VOO(バンガード)SPY(スパイダー)が有名です。

大手3社は歴史がありますし、運用規模大きく流動性も申し分ありません。まさに安心のETFです。(SPYは若干経費率が高いです)

この3社は米国に上場しているので、一般的にはドルで買い付けるのが普通です。

私はドル建ての資産もリスク分散の観点から重要だと考えていますので問題ないのですが、この手間が面倒と思ったり、ドルを買い付ける際のコストや為替が気になる方も多いのではないでしょうか?


そんな時1557 SPDR S&P500ETFという選択肢があります。

1557とは「SPDRS&P500ETF」が東証に上場したものです。東証ですので当然日本円で売買ができます。

ドル転が必要なく、国内株式として購入できるため初心者の方や、S&P500に興味を持ったばかりの方が手を出しやすい商品のように思えます。

東証ですので深夜に市場が開く米国ETFと違い、日中売買できるのも日本株に慣れた方には嬉しいところです。


S&P500指数の凄さはバフェット氏やボーグル氏など多くの著名投資家も認めるところです。
このブログでも散々語ってきたので今更繰り返すまでもないのですが、基本的に右肩上がりで株価が伸びていく、まさに長期投資に最適の方法の1つと言えるでしょう。

S&P500指数に日本円で日本株と同様に投資できる1557は、海外ETFや米国株に抵抗がある人にはお勧めのETFです。



ただ1557を購入するうえでいくつか頭の隅に入れておかなければならないことがあります。


ますは経費率0.09% VOO、IVVは0.04%なので若干経費率が高いです。


そして一番の問題が流動性です。
つまり株取引は売る人と買う人がいないと取引が成立しない(値段がつかない)という事です。

1557の取引高は約1.5億円(vooは一日40~80億円) 


S&P500ETFは長期投資で威力を発揮します。つまり10年、20年、30年と時間がたつにつれ旨みが増していきます。

では30年後どのくらいの方が日本円のS&P500ETFを買ってくれるでしょう?

コツコツ長期積み立て投資をしても、極論ですが最後に買い手がつかず現金化できなければ意味がありません。(まあ流石に現金かできなくなるとまでは考えずらいのですが・・・)

今後日本では何が起きるでしょう?
現在日本株を主に売買しているのは海外の機関投資家、日本の機関投資家や企業そして50代以上の個人投資家となどです。

海外の機関投資家は、そもそも米国に上場している本家のETFを買えばいいので、わざわざ人口の減った日本円のETFを買う必要なないと思われます。

また日本株全体に言えることですが、現在日本株を売買しているメインの50歳以上の方は、今後どんどん年齢を重ね日本株を年金や老後資金として手放します。

高齢者の日本株の売りは増えても買いは減るでしょう。そもそも何もしなくても株を売買している日本人の絶対数は人口減とともに減ります。

そうなったとき1557の買い手はだれになるのでしょう?
流動性が低いという事は売りづらいという事です。

トヨタ株などなら日本人の投資家数が減っても海外からの買い付けがあるかもしれません。
しかし海外からわざわざ1557に投資をする旨みは少なく思います。

そういうリスクを考えると流動性は考慮すべき事案なのではとも思います。

とはいえ楽観的にみればSPDRは大きいしっかりとした会社なのでなんとかしてくれるでしょう。
たぶん・・・

私個人の見解なので心配しすぎだろというくらいに思っておいてください。


私は米国に上場しているバンガード社のS&P500ETF(VOO)を買っています。
しかし、米国に抵抗がある方、ドルが絡むとめんどくさい方等でS&P500に興味がある方は1557でも十分良いでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村




シーゲル派にもお勧めのVTの使い方

本日も昨日に続きVTがテーマです。

昨日はVTの基本的な紹介をしました。
本日はその実践編です。

ます「VTをポートフォリオのコアにする」というアイディアを見ていきましょう。

この方法は「ジェレミーシーゲル教授のすすめる株式ポートフォリオを再現する」にも役立ちます。

シーゲル教授と言えば配当再投資戦略が有名ですが、それ以外にも国際分散投資や低PER戦略なども進めています。

そしてシーゲル教授はポートフォリオの例として以下のような配分を推奨しています。

株式投資100%

ワールドインデックスファンド 50%
(アメリカ30% 非米国20%)

リターン補完戦略       50%
(高配当、グローバル、セクター、バリュー、各戦略10~15%)


そもそもシーゲル教授はポートフォリオのベースとしてインデックスファンドをすすめています。

そして手っ取り早く簡単にこの理論を取り入れるのには、まさにワールドインデックスファンドの代表であるVTが役に立ちます。

もっとも厳密にいえばVTは米国52% 非米国48%の構成比率です。
忠実に再現したい方や、誤差が気になる方はVTI(全米すべてに投資できるETF)を買う事で3:2の比率を簡単に維持できます。

またリターン補完戦略に国際グローバル投資戦略がありますので、そちらの非米国10%分を加えるとVTのままの比率でもいいのではとも思います。


このインデックスファンドをポートフォリオのベースに加える1番のメリットは、他の戦略が失速した時のクッションになるという事です。

インデックスは確かに各戦略のリターンには及ばないかもしれません。しかし長期では基本右肩上がりで、広く分散されているため、一つの戦略のみに集中するよりリスクが分散できます。

最近、高配当戦略や生活必需品セクター戦略が苦戦しているというような意見をよく耳にします。(もっとも個人的には一時的な苦戦だと思いますが)

しかしシーゲル教授の意見を厳密に再現していたら、その影響はポートフォリオ全体の10~30%の部分が調子悪いだけに過ぎないのです。

インデックスの部分には当然昨今調子のよいFANGのような成長株や金利上昇に強い金融株等も含まれていますので、それらがポートフォリオ全体のリターンを引き上げて調子の悪い戦略のフォローをしてくれます。


もちろん能力がある方、そしてメンタルの強い方は一つの戦略で高みを目指すのも良いでしょう。


しかしここ数か月の調整局面、金利上昇局面に動揺された方は、コアとしてまたクッションとして、VTなどのインデックスファンドを利用することを提案します。

ちなみに私はS&P500に投資しています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村




VT=VTI+VXUS ETFを使って理想のポートフォリオを

今日はVTの応用編2です。

アメリカほぼ全ての株式に投資できるVTIとアメリカ以外の国のほぼ全ての株式に投資できるVXUSというETFを利用してポートフォリオを組む方法です。


VT(全世界の株式)=VTI(アメリカの全ての株式)+VXUS(アメリカ以外の全株式)

となりますのでVTIとVXUSという2つのETFでVTをほぼ再現できます

この方法のメリットは、自分でVTの中に占めるアメリカの比率を自分で調整できる点です。


一昨日も述べた通りVTは世界分散と言いつつアメリカの占める割合が大きいです。
それが気になる方は非アメリカのVXUSを使うことでアメリカ以外の国の比率を高め調整することができます。

逆にメインはあくまでアメリカ株だけど、アメリカ以外にも国際分散投資をしてリスクを下げたい方には、VTI(75%)+VXUS(25%)というような買い方もお勧めできます。


また経費率がVTI 0.04% VXUS 0.11%ですので二つ組み合わせるとほとんどの場合VTの0.10%よりも経費率が低くなるメリットもあります。

(銘柄が二つになる分手間と売買手数料はあがりますが、海外ETFの売買手数料を無料にする方法もいくつかありますので、どっちがお得かは金額等からも要考慮が必要です)


めんどくさい方はVTをコアに、自分で調整したい方はVTIやVXUSを使い調整することで各自、自分の理想とするポートフォリオに近づけていただければと思います。


私はS&P500のVOOのみに投資していますが、VTIでもVOOと中身が被るところも多く、投資成績もほぼ変わりません。ですのでVTIもお勧めですし、それをベースとしたポートフォリオもかなりお勧めです。

また私も一時期は真剣にVXUSなどを加えて国際分散することも考えていました。


今ではS&P500のVOOのみに投資していますが、VT、そしてVTI、VXUSといったETFをポートフォリオのベースにする考え方には大賛成です。

そして、そのうえで配当再投資やグロース投資、個別企業投資などを行うことで万が一に備えつつ、自分の好みや性格、色を出してはいかがでしょうか?

少なくともベースにインデックスを使えば金利上昇や調整局面などに慌てることは減り、どっしりと構え今までよりも冷静に判断できるように思えます。

フィッシャーの名著のタイトルで今日は閉めましょう
「保守的な投資家ほどよく眠る」

悩み苦しむ夜から皆様が解放されることを祈っています。(宗教かな?笑)


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

おすすめの書籍










お問い合わせ

名前
メール
本文