S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。iDeCOでは楽天VTIに。NISAでもVOOをドルで買っています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル。ウォーレンバフェット等が大好きです。青森県八戸に住んでます。

投資戦略

10億ドルを239億ドルにしたデイビッド・スウェンセン<エールモデル>から学ぶ事

rome-3800912__340


今日は米国の有名投資家デイビッド・スウェンセンとその投資手法について記事にしたいと思います。

デイビッド・スウェンセンはエール大学のCFO(最高財務責任者)として、任期の27年の間に資産10億ドルを239億ドル(約24倍)に成長させ、年利回り13.9%という素晴らしい実績をあげました。


私の尊敬する、ジャックボーグル氏やウォーレンバフェット等、超大物投資家達もデイビッド・スウェンセンを称えるコメントをしています。

そんなデイビッド・スウェンセンのとある発言にりんりは「衝撃」を受けたので、まずはそちらから紹介します。


デイビッド・スウェンセン曰く

「1990年代後半には、ポートフォリオを分散投資する必要がどこにある?S&P500を所有するだけでいい!、という人が多かった。」

「当時はたまたま利回りが一番高かったのが株式だったので、そこだけに目が向いていたのでしょう。(中略)」

・・・・・!!!


さらに発言は続きます。

「1990年代初期に飛ぶ鳥を落とす勢いだった日本株に全額投資をしていたら、90年代終わりには惨めな状態に陥ったはずです。」

・・・・・!!!!

これ・・・バブル期に育った日本人であり、S&P500投資家のりんりを完全にイジメにきてませんか?(震え声)笑。


一つ目の衝撃が収まる前に、すかさず第二撃目を打ち込まれる、まさに「二重の極みを」をくらった気分です。笑


と冗談はさておき・・・


デイビッド・スウェンセンは

〇常に最高の資産クラスと同じ利回りを享受することは望めない。

〇次にどの資産クラスが最高の利回りをもたらすか、誰にもわからない。

という理由から複数の資産クラスにまたがった分散投資を勧めています。


また個人投資家が高い利回りを実現するには

1.資産配分
2.いつ市場で売買するか(タイミング)
3.銘柄選択

この三つのツールしかない。その中で圧倒的に重要なのは資産配分だと語っています。

そこで「エール・モデル」として有名な彼の資産配分を見ていきたいと思います。


「エール・モデル」とは簡単に言うと


〇ポートフォリオを5~6等分してそれぞれを違った資産クラスに投資する。

〇長期的戦略(長期投資)を採用する

〇低利回り資産(債券・商品取引)より株式に重点を置きつつ広範囲な資産配分をする。

というような投資モデルです。

またパッシブ運用、インデックスファンド(バンガード社)を利用した分散をデイビッド・スウェンセンは勧めています。


それではもう少し具体的に見ていきましょう


デイビッド・スウェンセンが重要と考える資産クラスは6つ

〇米国株式
〇米国債
〇米国物価連動国債(TIPS)
〇先進国外国株
〇新興国外国株(エマージング・マーケット)
〇不動産投資信託(REIT)


これを以下の基準に合わせて配分していきます。

〇株式70、債券30%がベース
〇特定の資産に30%以上投資しない



結論

最後にデイビッド・スウェンセン氏が個人投資家におすすめのポートフォリオを紹介します。

まずは株式70%の比率から

米国株式 30% 

(最も重要なのは米国経済の回復力を過小評価しないこと、とのこと)

新興国      10% (エマージング・マーケット) 
先進国外国株   15% (除く米国)
不動産投資信託  15%     (REIT)

債券は30%は

米国債           15%
米国物価連動国債(TIPS)  15%  (インフレ対策)

そして長期的「バイ&ホールド」戦略をとれば、現在の市場でも個人投資家がお金持ちになることは可能だとデイビッド・スウェンセンは言います。


「分散投資をするのはこのためです。将来の市場動向を言い当てられるほど、私は賢くない」


デイビッド・スウェンセンの「エール・モデル」と個人投資家向けのポートフォリオ、そして考え方を簡単に説明しました。

具体的な銘柄までは言及していなかったので、私も断言することは避けますが、

「バンガードのインデックスファンドを勧める」というヒントから、デイビッド・スウェンセンの理想のポートフォリオにかなり近いものを私たち個人投資家も「簡単に」再現できるのではないでしょうか?


(りんりが言うのもなんですが・・・)

この分散型ポートフォリオ、理にかなっていてなかなか良いとと思います。

特にこれから投資を始める方や、長期分散投資をしている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?


りんりはS&P500ETF(VOO)に投資を続けます。

が、リタイア後は少しリスクを抑えて「エール・モデル」のような分散投資も悪くないかなと思う今日この頃でした。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング

S&P500では最高のリターンは望めない。でも、それでもおすすめします。

business-3798143__340

S&P500指数は素晴らしい指数です。

それは私だけの主張というではなく、ボーグル氏やウォーレンバフェット初め多くの米国株投資家の常識といっても過言ではありません。

では、S&P500は最高の投資結果(リターン)をもたらすのでしょうか?

答えはNOです。

例えば少し古いデータですが、2000年1/1から2014年7/31までの有名投資会社の株価と米国各指数との比較をご覧下さい。(配当再投資を含む。)


まずは有名な米国指数との比較から

S&P500     73% (充分素晴らしい数字です)

ダウ      104%   
ラッセル2000  168%

次に有名な投資会社の株価の実績

バークシャー   235%
リューカディア  264%
IEP       1622%   



これらの数字を見ると、市場平均に打ち勝つことを目指す投資家の気持ちがすごくわかります。

実際、アクティブ運用を行う投資会社や個人投資家の中には、S&P500を上回るパフォーマンスをあげる方はいます。

しかしその一方で、アクティブファンドの「多く」がS&P500に負けています。

期間は少し違いますが参考までに(~2005年)

S&P500に負けたアクティブファンドの比率

1年  48%
3年  68%
5年  68%
10年  79% 
20年  82%

多くのファンドがS&P500の成績に、特に長期になればなるほど負けています。

生き残りバイアスがかかっていますので、実際は数字よりも多いでしょう。

一握りの勝者はいるものの、市場参加者全体で見ればS&P500に勝てない投資家がほんとうに大勢いるのです。

アクティブ運用における手数料や税金のハンデは確実にリターンを下げますし、未来においてこれからもS&P500に勝ち続けるアクティブファンドを確実に選ぶ方法は残念ながらありません。

最初に例をあげたIEPは現在では、2014年のピーク時から約40%程株価を下げています。


結論 S&P500は必ずしも最高のリターンを叩き出せるベストの投資方法ではありません。

しかし、S&P500に連動するパッシブ投資をすることで、誰でも簡単に低コスト、節税、そして確実に市場全体の利益の分け前(あくまで過去100年の平均ですが、インフレ調整後で約6%後半のリターン)を貰う事ができます。

つまり市場に勝てる一部の投資家を除いて、多くの投資家にとってよい(ベターな)投資であることは間違いありません。

市場に打ち勝つ確固たる自信や野心がある方以外は、S&P500に投資することをお勧めします。


ちなみに私は長期間市場をアウトパームし続ける自身がないので、S&P500ETF(VOO)に資産のほとんどを投資をしています。

それでも多くのアクティブファンドに勝てるのではないかとも思っています。(バフェットの受け売りです笑)

りんりのように自分の投資スキルに自信のない方は、是非S&P500投資を一度考えてみてはいかがでしょうか?



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


2019年、20年のS&P500のEPSをゴールドマンサックスが予想した件

DrzZUUUUwAAy9gO

参照ブルームバーグ

ゴールドマンサックスがS&P500指数の2020年までの最新予測を発表しました。

タイトルは「S&P500の利益成長(EPS)が2020年に4%まで減速」というネガティブなものです。


例のごとく、りんりの拙い英語力で要点をまとめます。

しっかりと内容を確認されたい方は以下のリンクから全文をご覧下さい。

本記事はこちらからブルームバーグ ゴールドマンサックスS&P予想


〇S&P500のEPS(1株当たりの利益は)2018年に23%増の163ドル。2019年には6%増の173ドル。2020には4%増の181ドルと予想しています。

〇2018年の急速な成長は、2019、2020年に続くとは考えにくい(米国経済の後退?)。

〇労働市場の問題(賃金や投入コストの上昇)、貿易、米ドルの兆候が利益成長に逆行する。

〇ゴールドマンサックスの予想では米国GDPが2018には2.9%から、2020年には1.6%になると予想しています。

〇S&P500企業の純利益率は、今後2年間で11.2%となる予想。


という感じです。記事の最初の画像を見るのが一番イメージしやすいと思います。

あくまで予想ですが、成長が鈍化するとはいえ、6%、4%と「+成長する」という予想なのが、流石S&P500といったところでしょうか?笑。



ちなみに2001年以降のS&P500のEPSは以下のようになります。

参照 Guide to the markets 
1112


グラフから判断すると、S&P500のEPSの成長が4%、6%ということは、2014年、16年くらいの成長予想ということになります。

ずば抜けていいというわけではありませんが、そこまで悲観しなくてもいいような予想にも思えます。


りんりはこの予測を受けても、今までと変わらず、2019年、2020年も予定通りS&P500に投資します。

来年、再来年、その先だって、目標金額に達するまでS&P500ETF(VOO)買い続けます。

しいて言えば、安い時にたくさんVOOを買い増せるといいなあー(切実)笑



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


市場をアウトパームする難しさと英語の本が教えてくれたこと

green-1072828_1280


今現在とても高いリターンを叩き出している企業の株、アクティブファンドなどは、当然追加的な資金流入をもたらします。

やがて定番化し、人気過多になるとリターンの期待値は平均へと近づいていきます。

(最悪市場平均を下回るまでになります。)

トレンドを追いかけて値上がり銘柄を買う、もしくはグーロース投資、モメンタム投資などもしばらくの間はうまくいきます。

しかし、トレンド、銘柄間のローテーションや調整、市場の反転などによって必勝法の座を奪われます。

「いつそのタイミングがくる」のか、読みや高い分析スキル、経験などが必要となってきます。



今パフォーマンスが冴えない資産は、やがて価格の低下と人気のなさから超割安となます。

当然本質的な価値を大幅に下回る価格で買えば、市場をアウトパームする可能性は高くなります。


投資の基本中の基本の考え方とはいえ、いざ実際にやってみると居心地の悪さといいますか、グッと堪える気持ちや、周りに流されない強いハートが必要となります。


りんりの場合は原油価格が低い時期に、いつか上がるだろうと買ったフィリプス66など石油銘柄が正にそうでした。

割安で買った高配当銘柄とはいえ、「いつか」株価があがるまでは耐えねばなりません。

周りはスタバやfangなどで高リターンを叩き出していましたし、保有していた数年間の間「あれ?失敗だったかな?」と思ったことは何度もありました。

(買うときはかなり確信を持ってたにも関わらずです。笑)



上記の話からの結論は明確です。

市場並みのリターンを出すのは簡単ですが、市場を上回るパフォーマンスを目指すと、高いスキルや強靭なメンタル、経験が必要となります。(あとは運も)

同じように市場をアウトパームすることを狙った他の市場参加者との戦いは避けられません。

そして、永遠に機能する手法も存在しません。

企業もまた然りで、かつての王者GEや市場を独占していたゼロックスは今や地に落ちています。

長期で市場をアウトパームするとはかくも厳しい道なのです。

(短期では流行、運やリスクをとることで、割と市場をアウトパームできる方もいると思いますが。)


りんりはS&P500ETF(VOO)という、市場平均で満足する道を選びました。

しかしかつては個別銘柄に投資して市場に勝つことを目指していた、生粋の株式投資好きでもあります。

そこで今日はりんりらしく一つ歴史ネタで、市場をアウトパームすることを諦めない、

「市場と戦う勇敢な投資家」を応援したいと思います。

(長くなるので以下読み飛ばしてもOKです笑)




文学史では有名な「カンタベリー物語」という作品があります。

日本ではあまり知られていないかもしれません。

1390年ごろジェフリー・チョーサーが残した作品で、シェイクスピアなど後の作品に数百年に渡って影響を残した名作です。

では、具体的に何がどうすごかったのでしょう?



それは、英語で書かれた本だったことです。


・・・・「えッ?」と思われた方もいるかと思います。

今では英語の本なんて当たり前にあります。(ハリー〇ッターなど笑)


ですが当時の文学の言語は、(英国イングランドでも)フランス語かラテン語が主流でした。

英語は古典語に劣るとの思い込みが当時はロンドンですらあったのです

今風に言えば「英語の本なんてだっせーよな」と言った感じです。


ところがこのカンタベリー物語は、当時のそれまで何百年と続いた常識を打ち破り、英語を文学の言語として打ち立て、シェイクスピアなどその後のイギリス文学の巨匠たちの歩むべき道を切り開いた作品となったのです。

もちろん英語という特徴以外にも作品の内容が素晴らしかったこと、弱強5歩格形式などの要素もあります。

それでもジェフリー・チョーサーが(劣っていると思われていた)英語で書くという大決断をしてくれたおかげで、その後の英語の文学史は大きく花開きました。


この話から私達が得るべき教訓は

「周りの人と違う事をしても恐れない勇気」

そして「革新的な出来事も時と共に当たり前になっていく時の厳しさ」を忘れてはいけないといったところでしょうか。


また余談ですがカンタベリー物語は、説教から逸話、聖人・騎士道から下ネタ、笑い話まで、割となんでもありな幅広い作品です笑。

私もそんなブログが書けたらなあと思いますが、残念ながらそんな文才はありません。すみません笑。


それでは今週も楽しい株式市場が幕をあけます。

りんりの投資物語はS&P500ETF(VOO)に投資をしているだけなのですごくつまらない本になるでしょう笑。

私と違って市場と戦う投資家の物語は、カンタベリー物語のように素敵な名作として読者に愛され、歴史に名が残るかもしれません。

その物語の結末は悲劇ではなく、喜劇で終わることをりんりは祈っています。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


今年もラスト50日。やり残した投資はありませんか?

ship-3779205__340


今年も残りあと一月半くらいとなりました。

2028年の自分は、「2018年にもっと攻撃的になっていればよかった」と思うでしょうか?

それとも「2018年はもっと消極的になっていればよかった」と思うでしょうか?

「あの株を2018年の時点で買えばよかった」と後悔しそうな株はありませんか?


数年後の自分をイメージしてみると、今の自分がすべきことが見えてきます。

よく自己啓発本とかに書かれていそうな言葉ですが笑

株や投資にも当てはまるように個人的に思います。

もし2018年、今年の時点で「数年前にFANGを買っていけば」「そして今年1月売っていれば」と後悔している人がいたら、その後悔や反省を、将来繰り返さないために行動しましょう。

その少し悔しい経験は、自分が成長するチャンスでもあります。

2018年までの過去は変えられませんが、その経験は未来には活かせます。

もし投資スキルや株式に自信が持てないのなら、インデックス運用や投信に切り替えるという選択肢もあります。

さて、未来の自分が後悔しないように、残り2か月を切った2018年、あなたはこれから何をしたいですか?

おもしろいアイディアがある方は、りんりのツイッターからでも教えて下さい笑。




りんりの今年残り二か月でやることは、

通常NISA口座の今年の残っている枠が24万円分あるので、11月、12月の給料でVOOを買って埋める。

イデコ 毎月2万3千円分づつ楽天VTIを積立ていたので、11月12月も継続する。

リバランス 10月下落時にVOOを買い増したため、現金保有が少し下がっています。ボーナスと12月の分配金などを利用して10%くらいに戻したいと思っています。

勉強・読書 りんりの仕事は12月~1月が非常に忙しくなるので・・・どこまでやれるかわかりません笑。 でも毎日1ページでも絶対は読むようにして、日々継続していこうと思います。

「人生すべて複利説」を唱えているりんりですので、1%づつでも積立てれるようにどんなに忙しくても続けていこうと思います

⑤ブログ これも④同様残り二か月継続していきます。アウトプットは自分の知識の定着にも役に立ちますし、読者のみなさまとの交流はとても楽しく、感謝しております。

残念ながらまだまだ某ブロガーさんのように収益化までは程遠いりんりのブログですが、楽しくやっていますし、本当にありがたいことに少しずつ見てくださる人も増え、前には進んでると思いますのでよしとします。


元々りんりは青森の片田舎で黙々とS&P500ETF(VOO)を積立てる、修行僧のような投資を、ここ数年続けていましたので、退屈な投資生活を楽しくしてくれた、ブロガーの方々、読者の皆様、そしてツイッターのフォロワーのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。


(別の機会に改めてしっかりお礼ができたらなと思っています。)


何分りんりは元々アナログ人間でIT、SNS全般に本当に疎く、ブログもツイッターも初めて1年もたっていません。

「SEO?何それ?おいしいの?」というレベルです笑

フリック入力やパソコンのキーボードを打つのも、滅茶苦茶遅いです。

(ブログを書く時内容は決まっているのに、打ち込みに2時間くらいかかったりします笑)

見づらい点、誤字脱字の多さ(りんりてきに一番の課題だと思っています)などまだまだ未熟な点も多いと思いますが・・・

今後とも八戸市の米国株投資家、もといS&P500ETF(VOO)投資家りんりをよろしくお願いします。


「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」ともいいますが、

今年もラスト50日、1日1日限りある時間を大切に残り少ない日々を全力で生きていきたいと思います。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめの書籍
















お問い合わせ

名前
メール
本文
PVアクセスランキング にほんブログ村