S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。iDeCOでは楽天VTIに。NISAでもVOOをドルで買っています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル。ウォーレンバフェット等が大好きです。青森県八戸に住んでます。

アメリカ株

10億ドルを239億ドルにしたデイビッド・スウェンセン<エールモデル>から学ぶ事

rome-3800912__340


今日は米国の有名投資家デイビッド・スウェンセンとその投資手法について記事にしたいと思います。

デイビッド・スウェンセンはエール大学のCFO(最高財務責任者)として、任期の27年の間に資産10億ドルを239億ドル(約24倍)に成長させ、年利回り13.9%という素晴らしい実績をあげました。


私の尊敬する、ジャックボーグル氏やウォーレンバフェット等、超大物投資家達もデイビッド・スウェンセンを称えるコメントをしています。

そんなデイビッド・スウェンセンのとある発言にりんりは「衝撃」を受けたので、まずはそちらから紹介します。


デイビッド・スウェンセン曰く

「1990年代後半には、ポートフォリオを分散投資する必要がどこにある?S&P500を所有するだけでいい!、という人が多かった。」

「当時はたまたま利回りが一番高かったのが株式だったので、そこだけに目が向いていたのでしょう。(中略)」

・・・・・!!!


さらに発言は続きます。

「1990年代初期に飛ぶ鳥を落とす勢いだった日本株に全額投資をしていたら、90年代終わりには惨めな状態に陥ったはずです。」

・・・・・!!!!

これ・・・バブル期に育った日本人であり、S&P500投資家のりんりを完全にイジメにきてませんか?(震え声)笑。


一つ目の衝撃が収まる前に、すかさず第二撃目を打ち込まれる、まさに「二重の極みを」をくらった気分です。笑


と冗談はさておき・・・


デイビッド・スウェンセンは

〇常に最高の資産クラスと同じ利回りを享受することは望めない。

〇次にどの資産クラスが最高の利回りをもたらすか、誰にもわからない。

という理由から複数の資産クラスにまたがった分散投資を勧めています。


また個人投資家が高い利回りを実現するには

1.資産配分
2.いつ市場で売買するか(タイミング)
3.銘柄選択

この三つのツールしかない。その中で圧倒的に重要なのは資産配分だと語っています。

そこで「エール・モデル」として有名な彼の資産配分を見ていきたいと思います。


「エール・モデル」とは簡単に言うと


〇ポートフォリオを5~6等分してそれぞれを違った資産クラスに投資する。

〇長期的戦略(長期投資)を採用する

〇低利回り資産(債券・商品取引)より株式に重点を置きつつ広範囲な資産配分をする。

というような投資モデルです。

またパッシブ運用、インデックスファンド(バンガード社)を利用した分散をデイビッド・スウェンセンは勧めています。


それではもう少し具体的に見ていきましょう


デイビッド・スウェンセンが重要と考える資産クラスは6つ

〇米国株式
〇米国債
〇米国物価連動国債(TIPS)
〇先進国外国株
〇新興国外国株(エマージング・マーケット)
〇不動産投資信託(REIT)


これを以下の基準に合わせて配分していきます。

〇株式70、債券30%がベース
〇特定の資産に30%以上投資しない



結論

最後にデイビッド・スウェンセン氏が個人投資家におすすめのポートフォリオを紹介します。

まずは株式70%の比率から

米国株式 30% 

(最も重要なのは米国経済の回復力を過小評価しないこと、とのこと)

新興国      10% (エマージング・マーケット) 
先進国外国株   15% (除く米国)
不動産投資信託  15%     (REIT)

債券は30%は

米国債           15%
米国物価連動国債(TIPS)  15%  (インフレ対策)

そして長期的「バイ&ホールド」戦略をとれば、現在の市場でも個人投資家がお金持ちになることは可能だとデイビッド・スウェンセンは言います。


「分散投資をするのはこのためです。将来の市場動向を言い当てられるほど、私は賢くない」


デイビッド・スウェンセンの「エール・モデル」と個人投資家向けのポートフォリオ、そして考え方を簡単に説明しました。

具体的な銘柄までは言及していなかったので、私も断言することは避けますが、

「バンガードのインデックスファンドを勧める」というヒントから、デイビッド・スウェンセンの理想のポートフォリオにかなり近いものを私たち個人投資家も「簡単に」再現できるのではないでしょうか?


(りんりが言うのもなんですが・・・)

この分散型ポートフォリオ、理にかなっていてなかなか良いとと思います。

特にこれから投資を始める方や、長期分散投資をしている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?


りんりはS&P500ETF(VOO)に投資を続けます。

が、リタイア後は少しリスクを抑えて「エール・モデル」のような分散投資も悪くないかなと思う今日この頃でした。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング

長期S&P500指数のチャート 10年・90年・200年チャートで歴史を振り返る

1111



今日のテーマはS&P500指数のチャートです。

最初のチャートをご覧ください。

1802~2001年の200年間チャートになります。

短期では多少の上下もあるものの綺麗な右肩上がりのチャートとなっています。

しかもよくみるこのグラフなのですが、インフレ調整後の実質リターンというのも忘れてはいけません。

取り上げる時期にもよりますが、均すとだいたいS&P500指数のインフレ調整後実質リターンは6.5%~7%くらいに落ち着きます。

参照 「株式投資」 ジェレミーシーゲル
S&P500

今度は1927年から2017年までの90年間のS&P500指数のチャートです。

シーゲル教授のデータ以降も順調に伸びているのがわかります。

こうしてみると2001年前後のITバブルと2009年のリーマンショックが目を引きますね。

1987年のブラックマンデーでもちょっとした下落が見て取れます。


1929年の世界恐慌はこのグラフからでは、かなりわかりずらくなっています。


しかし、1929年の世界恐慌時には、S&P500指数も31.71から4.33まで下落しており、S&P500といえどー86%という下落があったこと。

また株価の回復までに25年要したことを忘れてはいけません。



私の保有するS&P500ETF(VOO)の価値がー86%になったと想像すると・・・


「えげつねェな・・・」(涙目)




実はその他にも

1937年~38年 ー53%  (利上げ・金融引き締め) 
1961年~62年 -28%  (米ソ緊張・キューバ危機)
1968年~70年 -33%  (株式の死)   
1972年~74年 -46%  (オイルショック)
1980年    ー24%  (利上げ)
1987年    -34%  (ブラックマンデー)
2000年~02年 ー49%  (ITバブル)
2007年~09年 ー56%  (サブプライム~リーマンショック)


というようにS&P500指数は何度も大きな下落を繰り返しています


右肩上がりのチャートに気をとられて、この現実から目を背けてはいけません。


りんりが投資資金の100%全てS&P500ETF(VOO)に投資をせず、10%程度の現金を残しているのもこれが理由の一つです。(レバレッジを使わないのも)

S&P500大好きなりんりでさえ、ブログや他人に投資を勧める際に、債券などを取り上げるのはこのような下落があるからです。

(米国以外の国の株式、債券、金、不動産、太陽光など他の資産にリスク分散することを勧める方がいるのも、おそらくこれが理由の一つでしょう)

私はS&P500が大好きですし、長期投資していれば成功すると思います。

しかし盲目的に、またやみくもにS&P500を信頼し、上記のような不都合な情報や、弱点・過去の事実から目を背けてはいけません。

(本当に「お前がそれを言うのかよ!」と突っ込まれそうな・・・ブーメランなのですが・・・笑)

あえてね笑。





ダウンロード (3)


最後にリーマンショック以降の今日までの最近10年のS&P500指数チャートです。

こんな商品あったら是非投資したいと思うようなきれいな右肩上がりのチャートです。

10年前の約3倍くらいになっています。(為替などを考慮すればもっとリターンはあがるかも)

この期間に米国、S&P500に投資をしていた方々は大きな利益を得ることができたでしょう。

最近投資を始める方にS&P500や米国株が広がっているのも納得のチャートです。

と同時に、「最近S&P500投資すれば大丈夫なんでしょ?」というような声もよく聞きます。

そういう方は「上記のようなS&P500指数の負の事実もちゃんと理解したうえで投資していますか?」

と思う今日この頃です。


S&P500と複利を活かすには長期投資が必須となります。

そして長期で投資をしていれば、大きな下落に合う可能性は充分に高い確率であると思います。

そんな時、下落に負けてS&P500を手放してしまえば、超長期チャートのような右肩上がりで資産を築くという夢もまた潰えてしまいます。

ですので、過去の下落や、そういう時がくると充分に覚悟をしてから、S&P500に投資をしましょう。

単に最近の流行やいいチャート、いい側面のみだけを見て投資をしないことをお勧めします。

りんりはS&P500指数のそんな過去も含めて大好きなので笑

今後もS&P500ETF(VOO)に投資をしていきます。




↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

2019年に備える。GDP・景気と企業の売上・利益の関係。

DSC_0092



アメリカのGDPは通常+5%から-2%の範囲で成長してます。

バブルの前後などは大きく振れる時もありますが、それでも上のブラフからわかる通り、何10%も極端に上下することはありません。


経済の成長や、景気の浮き沈みは企業の利益に大きく影響します。

GDPの拡大は「消費の拡大、需要増加」をもたらします。

そして「生産量と販売価格の上昇」→「雇用拡大と賃金の増加」→「更なる消費の拡大、需要増加」

というサイクルによって企業利益の拡大をもたらします。

しかし景気サイクルに応じて、需要や利益が大きく変化する産業もあれば、そうでない業種もあります。


今日は産業・業種ごとの特徴を簡単にまとめてみたいと思います。

利益を狙う攻撃的な投資家の方も、生活必需品などで身を固める防衛的投資家の人も参考にして頂けたら幸いです。




〇工業製品の部品・原材料を扱う企業は景気の影響を直接的に受ける


(化学・金属・プラスチック・エネルギー・電線・半導体など) 

〇食品・飲料・薬品などの日用品は景気に左右されにくい。

ただし、完全に影響がないわけではありません。

景気後退時には安い食品を買ったり、外食を控えたりしますし、好景気には逆になります。

景気が悪化し、家計が苦しくなると、最悪家賃、光熱費、医療費、食費などどれかを削る必要に迫られます。そうすると食品などの必需品の消費ですら減る可能性があります。

どんなときも「絶対に生活必需品企業の利益が落ちない」というわけではありません。

(それでも、他の業種よりは大分マシなのですが。一応過信し過ぎには注意しましょう)


〇低価格の消費財に対する需要はさほど変わらない。

(新聞、ダウンロード販売のデジタルコンテンツ、生活衣料品など)

〇高価格の消費財や旅行等の需要は激しく変動する。


〇高額の耐久財は景気サイクルの影響を大きく受ける

(個人では自動車、住宅、企業では、工場設備やトラックなど。特に融資の受けやすさに左右されるものは景気サイクルの影響を大きく受ける)

〇日常的なサービスの需要はあまり景気によって変動しない。

(通勤に使う公共機関など。また散髪のように低価格で、貯蓄できず絶えず購入する必要があるサービスは景気によって需要が大きく変わったりはしません。)

でもりんりのように、髪を切りに行く期間を毎月一度のペースで行ってた人が、節約のため1月半に一回にする人もいます(笑)

〇またiPhoneがわかりやすい例ですが、新製品の導入や技術の向上、値下げなど景気以外の要因に需要が左右されるものもあります。




と大まかにまとめましたが、ほとんどの商品は売上は経済成長や景気の影響を受けます。

GDP成長率が高い時は売上は力強く拡大し、成長率が低い時は、売上も低めの伸び、最悪減少したりします。

ゴールドマンサックスの予想では米国GDP成長率が2018には2.9%から、2020年には1.6%になると予想しています。

詳しくはこちらのリンク記事をご覧ください↓

2019年2020年のS&P500のEPS予想


来年以降は、GDPの低成長が予想されています。

あくまでも予想なのですが、「不確定な未来に備えること」こそ賢明な投資行動だと私は思います。

今年も残り少なくなってきましたがリバランスなどこれから行う方は、景気による需要や売上の変化、今度の景気サイクルも考慮に入れてポートフォリオを見直してみるのもといいかと思います。


いきなり方針転換して生活必需品の個別株を購入しろとはいいませんが、(景気に左右されにくい業種の)ETFくらいならスパイスや景気後退局面への保険として取り入れ易いかもしれません。


りんりは来年以降もS&P500ETF(VOO)に投資を続けます。

しかし、市場のアウトパームを狙う方は防御をすることも忘れてはいけません。

株価や市場全体が下落する局面では、自分のポートフォリオの下落幅が市場平均の下落幅よりも少なければ、市場をアウトパームすることができます。

また市場の下落時や、景気後退局面で、しっかりと余力を残しておけば、安値で株を購入し、他人より更に次の上昇局面に備えることができます。

ここ数年は概ね順調な上昇相場で(特にIT銘柄を)攻めれば、攻めるだけ利益がついてきたので、ついつい忘れがちになりますが、そろそろ守備にも目をむけてみることもお勧めします。




↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


2019年、20年のS&P500のEPSをゴールドマンサックスが予想した件

DrzZUUUUwAAy9gO

参照ブルームバーグ

ゴールドマンサックスがS&P500指数の2020年までの最新予測を発表しました。

タイトルは「S&P500の利益成長(EPS)が2020年に4%まで減速」というネガティブなものです。


例のごとく、りんりの拙い英語力で要点をまとめます。

しっかりと内容を確認されたい方は以下のリンクから全文をご覧下さい。

本記事はこちらからブルームバーグ ゴールドマンサックスS&P予想


〇S&P500のEPS(1株当たりの利益は)2018年に23%増の163ドル。2019年には6%増の173ドル。2020には4%増の181ドルと予想しています。

〇2018年の急速な成長は、2019、2020年に続くとは考えにくい(米国経済の後退?)。

〇労働市場の問題(賃金や投入コストの上昇)、貿易、米ドルの兆候が利益成長に逆行する。

〇ゴールドマンサックスの予想では米国GDPが2018には2.9%から、2020年には1.6%になると予想しています。

〇S&P500企業の純利益率は、今後2年間で11.2%となる予想。


という感じです。記事の最初の画像を見るのが一番イメージしやすいと思います。

あくまで予想ですが、成長が鈍化するとはいえ、6%、4%と「+成長する」という予想なのが、流石S&P500といったところでしょうか?笑。



ちなみに2001年以降のS&P500のEPSは以下のようになります。

参照 Guide to the markets 
1112


グラフから判断すると、S&P500のEPSの成長が4%、6%ということは、2014年、16年くらいの成長予想ということになります。

ずば抜けていいというわけではありませんが、そこまで悲観しなくてもいいような予想にも思えます。


りんりはこの予測を受けても、今までと変わらず、2019年、2020年も予定通りS&P500に投資します。

来年、再来年、その先だって、目標金額に達するまでS&P500ETF(VOO)買い続けます。

しいて言えば、安い時にたくさんVOOを買い増せるといいなあー(切実)笑



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


長期投資やFANGで利益をあげるための基本的なマインド

hazelnut-3783066__340


長期株式投資や投資信託を途中で辞める方、挫折する人を、ツイッターやブログを始めてから約半年の間に度々目撃することがありました。

特に米国株は過去200年以上のデータを振り返れば右肩上がりであり、長期で続けていれば原則として参加者全てが勝てるプラスサムゲーム(勝者のゲーム)という事は広く知られていると思います。


おそらく途中でやめた方々も当然こういう事実を知り、米国投資を始めたのだと思います。


日本では「桃栗3年、柿8年」といいます。甘い果実を得るにはやはりそれなりの時間がかかります。

長期株式投資は3年、8年どころか、10年、20年といったスパンで複利を効かせることが大きな成功への秘訣となります。

(リスクをとれば短縮できるでしょうが、りんり的にはオススメはしません)

歴史的に有名な事例でも、

レコンギスタ(国土回復運動)はイスラム勢力がイベリア半島を制圧した直後の718年から、1492年のグラナダ要塞陥落まで約800年掛けて達成されました。

そのあと、イベリア半島を奪還したスペインとポルトガルは大航海時代に突入し、世界を制するというおまけまでついてきました。

(半端ない長期投資と成果ですね。笑)


やはり、短期で出せる成果には限界、もしくは何かしらのリスクがあると思います。

本当に安全に大きな資産を築きたいなら、短期間では多少の損をだしたとしても、投資を辞めずに最後まで続けることをお勧めします。




今年米国株長期投資を辞めた方の傾向として、一つは「今年初めの調整局面や10月の市場の全体的な下落に耐えれなかった」という方が見受けられました。

またもう一つのパターンとして「FANGなどの成長株に投資していた」けど株価が下落しやめてしまったという方々もいました。

(上手く高値で売り抜けた人は除きます。おめでとうございます)


市場にはサイクルがあります。

語りだすと長くなるので今日は控えますが、一言でいうと「いい時もあれば、悪い時もあります」

市場価格はよい情報だけを過剰に織り込むこともあれば、好材料は完全に無視して悪材料だけを織り込むこともあります。

市場が悪くなれば、また含み損が大きくなれば、多くの投資家は悲観的になり、ネガティブになり、株を売りたい、自分が間違っていた、多少損をしてでも助かりたいというような気持ちが大きくなっていきます。

周りにも思わしくないニュースが流れ、他の投資家もリスク回避の行動をとりだします。

つい最近までいいニュースしか耳に入らなかったのに、今では懐疑的になり悪い情報しか聞こえなくなっています。


そんな時こそ活用すべきはハワードマークスの投資で一番大切な教えその1「二次的思考をめぐらす」です。



どの会社の株を買うか?どこに投資するか?企業の価値、投資先の本質を見抜き投資をするのはとても重要です。

しかし投資でリターンを上げるには価値や本質を見るだけでは不十分です。


大切なのはその会社を「いくらで買ったか」ということです。

どんなにいい会社の株でも、本質的価値を大きく超え高すぎる値段で買ってしまえば、高いリターンは望めませんし、リスクも高くなります。(逆もまた然り)

株式投資で成功するには「将来期待リターンが大きい株」や「値下がりリスクが低い株」を購入するという王道ともいえるとるべき行動目標があります。

(空売りなどの話は除きます)

でも、いい企業、価値のある投資先などは、他の投資家も当然狙っているので、普段からいい値段がついていることが多いです。

強気相場ではベンジャミングレアムのいうところの「安全域」がほとんど(全く)ないというようなこともざらです。

高い値段で買ってしまっては大きな期待リターンは望むべくもありません。



ではここでちょっと「二次的思考」で考えてみましょう。

一時的思考では「弱気相場や、ネガティブなニュースが流れた。→株価が落ちる、嫌だなあ、売ろうかな」となりますが。

二次的思考で考えてみると、市場や、企業が株価が弱気、悲観的になっている時なら充分な安全域が生まれます。

昨年のような強い上昇相場で株を購入するよりも、期待リターンの幅も大きくなります。


周りの投資家が悲観的になって、株価が落ちているときこそ、安く価値のある会社や投資先に投資するチャンスなのです。

確かに過去の失敗や後悔、確定している損失は変えれません。

でも今、そしてこれからの結果は変えられます。

長期投資をする場合は、下落時、弱気相場でも恐れずに継続すること。

FANGに限らず、流行している投資方法や企業に投資する際は、値段にも充分に気を払い、


できたらリーマンショック級・・・とまではいいませんが笑

せめて10月のような周りが悲観的になっているような時期を狙って買い進めましょう。


りんりもそういう時期がくれば、口だけではなくS&P500ETF(VOO)に大きく投資をすることをお約束します!笑。



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめの書籍
















お問い合わせ

名前
メール
本文
PVアクセスランキング にほんブログ村