COFFEE0I9A8946_TP_V

恥ずかしながら私の住んでいる県にスターバックスができたのは割と最近です。

オープンした時はすごい行列ができニュースになりました。

私も夜中なら空いているだろうと閉店間際の23時半過ぎに車を走らせ行ってみたのですが、その時間でも駐車場が満車で入れず、結局諦め帰ってきたのを覚えています。

初めてスタバを飲んだのは隣の県のイオンの中にあるスタバだったなぁ(遠い目)


そんな田舎者とって憧れのスターバックス(SBUX)ですが、昨日̠一時-10%近く、終値でも−9.07%も下落しました。


主な原因は19日に発表された長期戦略計画です。

19年度の不採算店の閉店数が直営店約150店舗になるとの見通しを明らかにしました(ここ数年は年平均約50店舗)。

原因は急激な店舗拡大によるもので、直営店だけでなくフランチャイズ店も100店舗ほど減らす計画です。

またそれにより全世界の7~9月期の売上も1%増ほどにとどまるとの予想も示されました。


この二点が弱気のサプライズとなり株価が急落しました。


とはいえ、8月から配当を20%増配し、1株36セントに引き上げるとの発表もありました。
またその増配をを含め20年度までに当初の予定より100億ドル多い250億ドル(約2兆7600億)を配当と自社株買いにより株主に還元する計画を明らかにしました。


世界一の投資家ウォーレンバフェットも「経営陣が利益を株主に還元しようとしているか」と言う点を重要視しています。その点においては素晴らしい発表かと思います。

また予想より出店ペースが落ちて成長が鈍ってきているとはいえ、利益は順調に上げており、財務的にも問題ないように思えます。


2015年のような株価の急成長はしばらく望めないかもしれませんが、このまま株価が下がっていけば割安のバリュー株としての魅力がでてきそうな感じではあります。

また不採算店の整理が済めば、キャッシュフロー事態は全然悪くないので、また何かしら株価が急成長するような手を打てそうな気もします。


田舎者の私はスタバにほとんど行った事がないので実際の所よく分かりません。

でもチャイティラテとS&P500ETFが大好きな私はスタバを応援しています。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング