日本代表の試合もあったので今日はサッカーのお話です。

みなさんは欧州CLで前人未到の3連覇を達成したレアルマドリードというチームをご存知でしょうか?
(個人的にはワールドカップよりレベルの高い大会だと思ってます)


レアルマドリードは100年以上歴史のあるスペインの名門チームです。C.ロナウド選手やジダン監督が有名ですね。日本で有名なベッカム選手もかつて在籍していました。

正真正銘世界中のスーパースターの集まったチームです。

とはいえ対戦相手も同様にとても強く、メッシ率いるバルセロナをはじめ、ドイツのバイエルン、フランスのパリ・サンジェルマン、他イングランド、イタリアなど各国リーグの上位のチームのみが参戦する熾烈なトーナメント戦で、3年間勝ち続けるのは容易ではありません。


欧州CL以外にも国内リーグや国王杯、各選手の自国の代表としての試合があります。
地獄のようなスケジュールを何年もずっとこなし続けているのです。

そのような環境下でコンディションやモチベーションを何年も保ち続けるのは非常に難しいと言えるでしょう。


慢心や油断、疲れからくる判断ミス、ストレス、プレッシャー、時間の管理などなど
レアルの選手たちは私達の何倍も心理的に過酷な環境で生きている事でしょう。


この心理的に過酷な状況でパフォーマンスやモチベーションを維持する方法は、我々長期投資家にも参考になるのではないでしょうか?


ちなみに先日残念ながら3連覇を達成したジダン監督が今季限りで辞任することが発表されました。

選手としても名選手でしたが、監督としても選手とのコミュニケーションや戦術など良い手腕を発揮しました。


そんなジダン監督が選手のモチベーションを維持するためにとった方法は


ビデオをみんなで見るという事です


試合前はトレーニングや遠征先での娯楽を楽しみモチベーションを高めるのが一般的です。

ジダン監督はそれに加え、チームの歴史や輝かしい瞬間。また選手の妻や子供、家族からのメッセージなどの記録されたビデオを見せることで選手の感情やモチベーションを整えチームを団結させました。


選手の気持ちや感情が試合の結果に大きく関係するという見解がありますが、これはサッカーに限らず株の世界でも言えることではないでしょうか?

すぐれた選手や株を集めるのも重要ですが、自分の感情やモチベーションをコントロールするのも同じくらい重要です。


ジダン監督が用意したビデオと似たような効果を得られるようなものを、モチベーションが下がった時や動揺した時に備えて、各自用意して置くといいのではないかと思います。

「写真」でも「名言集」でも構いません。
バフェット氏の参謀チャーリーマンガー氏は、自分流の「チェックリスト」を作ることで感情をコントロールすることをお勧めしています。

私の場合はバフェット本やタレブ氏の本でしょうか。

どんな賢い人も、感情に飲まれては投資に失敗します。

かのアイザック・ニュートンも感情にのまれ投資で失敗しました。

モチベーションと感情のコントロールは投資の基本中の基本です。
市場が荒れている時こそ今一度見直してみてはいかがでしょう。


P.S.長期的に投資のモチベーションを保つ方法、感情をコントロールする方法お勧めの方法ありましたら是非教えて下さい。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村