朝起きたら米国株価が全体的にグッと下がっている。
米国株を持つ人なら誰でも1度は経験する通称「おはギャー」

おはよう→株価をみる→「ギャー(涙目)」

日本時間の夜中に株式市場が動く米国株ならではの現象です。


私の場合は少し意味合いが違って、
「おはよう」→「やったー!株価下がっている」→「S&P500買い増そう」→「この時間はメンテナンス中です(SBI証券)」→「ちっくしょー」→「会社いってきます」という事を毎回繰り返してます。

証券会社のサイトのメンテナンス時間はいい加減覚えないといけませんね。

市場が休みのアメリカの祝日もチェックが必要です。ちなみに6月は祝日無し、次の祝日は7/4日水曜日です。

とはいえ今朝はイタリアさんありがとうございます。
指値をいれたのでもっと暴れていただいてもいいんですよ笑。


今の私の投資の戦略はひたすらVOOの保有数を増やすことなので、株価が下がったり、市場の暴落はすごいチャンスになります。

また今年初めからの調整局面も嬉しい限り。金利の引き上げが3回なのか4回なのか(2回に減っても)私は悩むことなく定期的にVOOを積み上げていくだけです。


世界一の投資家であるウォーレンバフェット氏も今年の株主総会で

「アメリカの大断面といえる企業群を保有し、時間をかけて定期的に資金を投じれば、何も生み出さない資産を保有しているのと比較にならないほど莫大な利益を生み出します。(中略)連銀が次にどんな手を打つか詳しく知る必要はありません」

ちなみに私はアメリカの大断面といえる企業群=S&P500でOKと解釈しています。


イギリスのEU離脱の時は、株価が一時的に下落しいい買場となりました。
イタリアの場合はどうなるか、政治情勢や、それらが世界や株価にどう影響をあたえるのか私にはわかりません。

ヒラリー氏とトランプ氏の大統領選挙が記憶に新しいですが、(特に日本にいると)情報にノイズが混じるため、実情と自分の感覚がずれることもあると思い出さなくてはなりません。


私は世界情勢が全く予想できないのでS&P500に投資し続けます。
が、あわよくばまた一時的に株価が下落することを祈ってます。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村