ラーメンにニンニクをガッツリ入れて食べた後、友達の車(セルシオ)に乗ったら普通に怒られたりんりです。

窓全開のまま約1時間一緒に車で移動し終わった後、友人はせっせと車にファブリーズをしていました。笑

そんな友人への罪滅ぼしとして、本日はこれから投資を始めようとする初心者向けのテーマで送ります。


株式投資には一括購入という方法と積み立て投資という大きく分けて2つの方法があります。


今回は初心者や新社会人、これから投資を始めようとする方におすすめの

積み立て投資(投資信託)のメリットを説明します。


1.少額でスタートできる。

積み立て投資の投資信託などは月一万円からでもスタートできます。
特に投資を全くしたことがない方や、新社会人の方にお勧めです。
「1万円でも投資ってできるの?」と驚かれる方もいます。

日本株だと最低でも数万から数十万単位になりますし、アメリカ株は1株単位で買えますが手数料負けしないためにやはり10万円以上は欲しいところです。

しかし投資信託等の積み立て投資なら小額からでも始められます。若い人でも無理なく投資ができます。


2.簡単に分散投資ができる

分散投資をすることで単一の株を購入した時に比べ価格のブレ幅が小さくなります。
いわゆるリスクの分散ですね。

初心者の方には上がり下がりの激しい銘柄よりはるかにお勧めします。
株式に限らず、債券や不動産、海外にも簡単に分散できます。


3.長期投資をすることで、さらにリスク分散させリターンを安定させる。

株は短期では価格の上下があり投機的なギャンブルの要素も大きくなりますが、長期的には債券などよりもリスクが低く大きなリターンを生み出します。

また若い人ほど投資できる期間が長くなるので長期積み立て投資の威力が増します。


4.タイミングを分散できる。

株を買うタイミングは意外と難しく、高値づかみをしてしまうこともあります。
しかし積み立て投資ならドルコスト平均法で毎月機械的に買っていくので、安い時には多く、高い時には少なく自動的に株を購入できます。


5.知識も時間もいらない。何もしなくていい。

投資信託なら口座を作って、契約書にサインをしたらあとは口座からお金が引き落とされるだけです。
知識や経験がない方、仕事やプライベートが忙しくて投資どころじゃないという方にこそお勧めです。



例として25年前の1993年から日経平均連動型投資信託に毎月1万円を積み立て投資した場合
(1993年の日経平均は約17000~21000円と少し前とあまりかわりません)

12万×25年で 元本は300万 
トータルリターン67.7% +203万2138円の利益となります。 

たった月一万円の積み立てが、長期積み立て投資の威力でえぐいくらいの差になるのです。


あの時の私のニンニク臭よりえぐいはずです。


そして初心者の方のためにイメージしやすい日経平均の例を出しましたが、日経平均よりもお勧めなのが私の投資する$&P500に連動している投資信託です。
(また楽天VTIなど米国全てに投資するような商品でもいいでしょう。)

手数料が低いのを選ぶのもお忘れなく。

同年代の友人や同期入社の同僚とほぼ同じ給料を貰い、一緒に遊んだり、似たような生活していたはずなのに、たった数万円の積み立て投資で20年後、30年後なぜがあいつだけ大きな資産を持っていたってことになっちゃうかもです。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村