今日はようやくバフェット太郎氏の著作「バカでも稼げる米国株高配当投資」を読めたので感想を書いていきたいと思います。

なぜこのタイミングなのかというと、私の住んでいる町は本当に田舎なので本屋に投資本がほとんどおいてません。町の図書館もほとんど読みたい本がおいてません。

なので投資本を買うとなると車で片道二時間かけ隣県の県庁所在地まで、少し気合をいれて買いにいかねばならないからです。

アマゾンで買えよというご指摘もごもっともなのですが、本屋に行って中身をよく見てからじゃないと買いたくないという難儀な性格と、目的の本以外にいい投資本ないかと他の本を見て回るのも好きなのでネットではなく月1.2回くらいで大きい本屋に通っています。

本屋に関しては都会の人が本当にうらやましいです。


さて本題の「バカでも稼げる米国株高配当投資」の感想ですが。

まず、バフェット太郎さんの眼鏡スーツ姿が想像以上にイケメンで驚きました(笑)。

私の友人に少なくとも二人眼鏡スーツ男子が大好きな女性がいるので、その友人に読ませたらすぐバフェット太郎氏と米国株の虜になるんじゃないかなと思いました。

そして内容ですが、他の人のレビューにもある通り全体的に初心者でもわかりやすい内容になっています。

キレののある文章が読むのを飽きさせないのもよかったです。私は一日で一気に最後まで読んでしましました。


また投資本には「経験を語るだけの本」「精神論だけの本」など、あまり役に立たない所謂はずれ本があります。

しかしこの本は投資の基本から、メンタル、考え方から具体的手法に至るまで、幅広く大切なことを網羅しつつ、要点を押さえよくまとまっています。

特に米国株をこれから始める方には、最初の一冊としてお勧めできる本だと思います。

(私の最初の一冊は「賢明なる投資家」だったので読むのに苦労しました)


また、米国株経験者なら「あーあ、そうだよね」「わかるわ~」となるようなところが随所にあり、ある程度経験を積んだ方にも、読みものとしてもおもしろいのではとも思いました。

短期より長期。日本株より米国株等の主張は私も完全にその通りだと思います。


最後にバフェット太郎氏のブログを普段から読み漁っているので、ある程度内容は予想できてました。それでも本を1冊書きあげた事は素直に尊敬します。また私は当然本を出版をするという経験をしたことがないので少しうらやましくも思います。

まあ、それもバフェット太郎氏のこれまでの努力の賜物なのでしょう。

まだまだ新参者の私ですが、今後もバフェット太郎氏同様アメリカ株に投資していきたいと思います。


もっとも私の場合は「S&P500」の分配金再投資戦略なのですが。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村