【楽天証券 12月の投資信託購入ランキング】


先日、楽天証券の投資信託購入ランキングで

5位と6位に新旧レバナスがランクインしたと話題になりました。

00


【SBI証券でも】

SBI証券でも大和レバナスが4位となっており、

大手ネット証券でレバナス人気が高まっています。

00


すごい人気で羨ましい限りです。

レバナス投資家のみなさん、おめでとうございます。




【ETFの資金流入ランキング】

00


こちらは昨年年初から9月時点までの、米国ETFの資金流入ランキング。

詳しくは過去記事にて「http://etfsp500.com/archives/28409503.html

面白いことに、こちらはナスダックに連動するQQQよりも、

米国バリュー株に投資をするETF「VTV」の方が1つ順位が高くなっていますね。


SBI証券の外国株カテゴリーの投信ランキングを見ると、

上位20位の中に米国等の成長株を対象とするファンドは複数あるものの、

米バリュー株に投資を対象とする投信はなく、人気はいま一つのようです。


バリュー派、グロース派。

どちらが正しいかはわかりませんが、

個人的にはどっちもよいリターンとなって、

みんな成功すればいいなあ。と思っています。


【大人気だったETFの今】

米国ETFといえば、

ここ数年話題となっていたARKKやARKGが、

直近1年で、コロナショック後の上昇を吐き出す勢いで下げています。


00

VTIが20%近く上昇するなか、

どういう運用をすれば、ここまでの成績を残せるのでしょう。

受益者が少し気の毒にも思います。





これはARKKに限った話ではないのですが、

流行や話題や株価やインフルエンサーの後追いで、

それに乗ったものの(結果的に高値で掴み)、

そこがピーク付近でその後ずるずる下落するという、

テーマ型ファンドあるあるといいますか。

お決まりのパターンに嵌らないで欲しいなと思います。


それで後悔している方を見ると、

なぜか私も少しつらい気持ちになります。

どうせなら幸せいっぱいの爆益報告を報告を見た時の方が

私はほっこりした気持ちになります。




【いつか終わる夢】

直近で好調な、人気の投資対象を狙ったファンドが、

できて発売される頃には、もうブームは終焉に向かい、下火になりつつある。

なんてことは本当によくある話です。


特定のテーマやストーリーを対象としたファンドよりはマシだと思いますが、

米国株もナスダックも、いつかは今のような流行、ブームは終わるかもしれません。

株価が下落し、長期的に停滞すれば、多くの人が去っていくと思います。

まあ、またいつか復活するとは思いますが。

苦しい時期が続くこともあると思います。

でも、私はきっとそんな中でも、いつもどおりこう言い続けているでしょう。

「私はVOOに投資をします」と


いつもありがとうございます。

もしよかったら、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

ランキングサイトに参加しています。

上の応援ボタン2つをクリック頂けると、ものすごくありがたいです。

毎日記事を書く励みになります。



お得なキャンペーン情報

初株キャンペーン