00.

【S&P500の豆知識】

S&P500から除外された企業は除外日から少なくとも1年間は、

S&P500の採用候補として検討されることはありません。

(どれだけ業績が回復しようとも)

また、余談ですが、IPOからも12ヵ月経過していることもS&P500への採用の条件の一つとなります。


【S&P500のトリビア】

さて、今回はちょっとしたS&P500についての雑談記事を書きたいと思います。

以前は「S&P500を極める」なんて大それたタイトルの企画を書いたりしましたが(-_-;)

今回は緩く行きたいと思います。

知っていると話のネタくらいにはなると思いますので、お付き合い下さい。


【トリビア①】

S&P500には1995年年初から2021年6月までの間に、

715銘柄が新たに採用され、711銘柄が除外されました。

採用と除外の合計数が異なるのは、5社の追加シェアクラスが2014年と2015年に採用されたためです。

なお、そのうち1つは2015年末に除外されています。


【トリビア②】


S&P500は上記の期間、1年あたり平均約27銘柄の入れ替えがありました。

ただ、銘柄の入れ替え数は近年減ってきています。

1995~1999年の間は、1年あたり約35銘柄の変更がありました。

2000~2010年の間は、1年あたり約28銘柄に減少し、

2011年~2021年6月の間は約21銘柄となっています。




【トリビア③】


先程のS&P500への追加銘柄715銘柄のうち、

378銘柄はS&P400(中型株指数)から採用されたものでした。

S&P600(小型株指数)からは5銘柄。

意外な事にS&P1500(500+400+600)以外からも、332銘柄と多くの銘柄が追加されました。


【トリビア④】

逆に除外された711銘柄のその後を見ると、

S&P1500(S&P500、400、600)以外の指数に移動となった銘柄が529と圧倒的で、

142銘柄が、S&P400(中型株指数)に。40銘柄がS&P600(小型株指数)に移動となりました。


【〆】

S&P500やVOOに投資をする方にとっては、常識的な内容ばかりだったかもしれませんね。

すみません(>oo<)

もし、知らなかったという方がいましたら「へえ~」の変わりに

↓応援ボタン押して頂けると嬉しいです(笑)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


今回の話が、投資のリターンに繋がるかどうかは別ですが、

投資家同士の話のネタに使ったり、知識として楽しんでいただければ幸いです。

「知ってるつもり」でも、意外と奥が深いS&P500指数。

今年も1年VOOについて書き続けましたが、

また来年もいろいろなトリビアを発信していきたいと思います。


いつもありがとうございます。

ランキングサイトに参加しています。

下の応援クリックボタンを押して頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング




お得なキャンペーン情報

初株キャンペーン