00.
【質問】

とある方から質問を頂きました。

アドバイスありがとうございます。

ついでで申し訳ありませんが、
りんりさんはVOOに投資されていますが、
SP500系の投資信託にしないのはなぜでしょうか?

ホールドなら税金を考慮すると投資信託の方が良いのではと思い始めています。



【どっちでもいいと思います(^_^)voo】

はい(笑)。

この質問には過去幾度となくいろいろな切り口から答えてきたのですが、

結論としてはどっちでも良いと思います。


似たようなテーマとして「VTIとVOO」がありますが、こちらもどっちでも良いと思っています(笑)

これは私に対して良くある誤解なのですが、私はそこまでVOOにこだわりはありません。

あくまで手段の一つ、投資対象の一つとして捉えています。


とはいえ「どっちでも良い」と言われると、

逆に悩んだり、迷ったりする方もいるかもしれません。

私は基本的にVOOか投資信託かで悩んでいる方には、投資信託をお勧めしています。

私も今S&P500に投資を始めるのであれば投資信託を選んだかもしれません。

(でも、VOOやETFにもいろいろメリットがあります)


質問者様の考えていること、言いたいであろうことを

私なりに想像しできる限りくみとって答えますと、投資信託でも全然良いと思います。


S&P500系の投資信託にしないのはなぜでしょうか?

私がなぜ投信ではなく、VOOに投資をしているのかという質問に対しては、

私がVOOに一括全力投資をした2015年当時の米国株の投資環境を振り返るとわかりやすいかと思います。

①私がVOOにほぼ全財産一括投資をした時、S&P500に連動する良い投資信託は、私が知る限りありませんでした。(ダウはありましたが)

投資をしたいと思う米国株投信は、2017年の楽天VTIの誕生まで待たなければなりませんでした。

②その後も制度や環境の変化によって、ETFが有利だったり投信が有利だったり、いろいろ変わりました。

が、まあそこまで大差ありませんでした。含み益を考慮すると乗り換えるほどでもないかと思う程度です。

一点、アドバイスをすると、S&P500投資家はニュースを見なくても良いとよく言われますが、

制度や投資環境は変わるものですから、そこら辺のニュースはチェックしておくといいと思います。

税金も時代とともに変わってきましたしね(笑)。

③今の環境では投信で全然良いと思います。

では、なぜ今現在も投信を使わないのという問いに対しては、私は昨年から資産配分を整えるためvxusに投資をしています。

ただ、残念ながらVOOに投資を開始した当時と同じように、現在vxusに該当する投資信託が日本にはありません。

以前も記事にしましたが、米国一本から全世界株式に舵を切ろうとすると、思いのほかめんどくさいものです(笑)

資産配分が整った後は、最終的にはVTや全世界投信を用いてゆったり投資を続けていきたいと思ってます。


【個人投資家の投資環境がより良い物になることを】

まあ、そんな感じで、そういう当事の環境や視点を考慮して頂ければより理解して頂けると思います。

私は最初みずほ証券で、電話でVOOの買い付けを行っていました。

実は水辺さんという投資家の方も、私と同じように当時電話で米国株に投資をしていたということを最近知ってとても嬉しく、また懐かしく思います(笑)。

今、振り返ると、取引手数料の低下や低コストの投信の誕生、NISA等の制度の整備など、米国株式への投資環境は私が投資を始めたころよりも全然良いものとなってきました。

努力をしてくださった各証券会社や運用会社の皆様、

声をあげ続けてくださった先輩個人投資家等の皆様には感謝の念が堪えません。

投資環境や制度は変わります。(投信とETFどちらが有利かも変わったりします。)

できれば、今後も個人投資家にとってより良い方向へ進むことを願っています。

いつもありがとうございます。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村