【株の売り方について】

今回は株の「売り」について考えていきたいと思います。

投資において、いろいろな戦略や考え方があると思いますが、

今回は空売り等ではなく、何と言ったらいいのでしょうか。

私のような長期投資家「バイ&ホールド型」の投資家の話だと理解してもらえたら幸いです。

理想としては、必要のある時などは別ですが、

基本的に、出来るだけ株を売る回数は少ない方がいいと思っています。

また、長期投資をするなら、長期的に売らなくても良いような投資対象に投資をすることが大切だと思います。

【長期・分散投資の基本】

00

基本的な話ですが、とても大切なことなので今一度復習しましょう。

長期的に良く分散されたPFで運用する場合そのリスクとリターンのほとんどを資産配分が決定します。

言い換えると、特に長期分散投資の場合は、投資タイミング等を計って売買をしても、リスク・リターンを改善する効果はそこまでないということがわかります。

更に、売買をすると余計な手数料がかかります。そして、コストは最終的に投資家が手にするリターンを確実に押し下げます

税金も(いくつか軽減する方法もありますが)基本的には払う回数を少なくしたり、払うのを先に延ばした方が複利の効果は大きくなります。

市場の先行きや株価を予測して売買したくなる気持ちもわかりますが、

コストを正当化できる程の明確な理由がない限りは、基本的には売らない方がよいでしょう。

株を売った後に、株価が上昇しそれを取り逃がしてしまう可能性もあります。



【必要な時は売ってヨシ!】

ただ、お金は使うためにあるということを忘れてはいけません。

投資や資産運用は、お金を増やしたり、守ったりして、

将来をより豊かなものとし、また困難な状況を乗り越えるための糧として『使うため』に行うものです。

必要があるときは、必要な分だけ株式や投資信託を売り、

人生をより良くするために役立てることが大切だと思います。

投資のために人生があるのではなく、人生のために投資があるのですから、

「人生が苦しい・困難な状況にある」

「株式を売れば何とかなるかもしれないが、効率的な投資のためにそれはできない」

「よし、そのまま苦しく・困難な状況・人生を続けよう」

というのは本末転倒だと思います。


きっとこんなブログを読むくらい資産形成や投資に興味をもち、

真剣に取り組む皆様ですから、あなたの人生に必要な「その時」、

まず間違いなく、適切な判断、行動をとれると信じています。



【バブルの頂点】

この話はいつも書こうかどうか迷うのですが、今回は書きます。

初心者の方は投資に手をかけたくない方は無視してください。

先日読んでいて、ブログでも少し紹介したバンガードのレポートに、

とても良い注意書きがあったので真似させてもらいます(笑)。

For investors who are unwilling to take on active risk in terms of the uncertainty surrounding statistical model estimation, a static portfolio approach works best. For those willing to take on active risk, a market and economic state-based, time-varying asset allocation is more suitable
統計的モデルの推定に伴う不確実性の観点から、積極的なリスクを取りたくない投資家には、静的なポートフォリオ・アプローチが最適である。また、積極的にリスクを取りたいと考えている方には、市場や経済の状況に応じて時間的に変化する資産配分が適しています。


私自身、ここ何年か動的なPF戦略について考え、勉強してきましたが、

結局は、今に至るまで静的な、

つまり市場環境に関わらず、一定の資産配分を維持する戦略を専ら貫いています。

し、今も間違いなくそれを勧めています。


ただ、「適応的市場仮説」や「長期投資の理論と実践」や最近の米バンガードの動きを見ると、

インデックスファンドを用いた動的なアセットアロケーション戦略も、

まあ、「あり」なのかなと思うくらいには頭が柔らかくなりました(笑)。


動的に資産配分を動かす戦略は

①上手く行く時もあれば行かない時もある戦略で②コストがかかるという事も念を押したうえで、

資産価格が高すぎるという根拠に、本当に自信がある場合には、少し(5~20%程度)売って資産配分調整しても良いとは思います。

全オリなどは流石にしない方が良いと思います。

ものすごくわかりやすい例で言うと「余程の」バブルのピーク付近ですね。

ただし、そのような事を判断するのはとても難しく、

素人では困難ですし、プロでも結構間違えます。


2018~19年頃も、昨年後半も、S&P500が最高値を更新する中、米国株はバブルだという人がたくさんいました。

でも、今年に入りそこから更にS&P500は最高値を40回以上更新してきました。

自分は割高だと思っても、実際にそうであっても、将来市場が反映されるのはごく小さな下げ程度で終わる場合もよくあります。

ここでいう「今割高だ、割安だ」と明確に言える場面というのは、10年に1度とか何年に一度くらいの数少ない限られた場合の話とお考えて頂ければ幸いです。


そして、それでも、

私は長期・分散投資や資産形成においては、規律を維持した静的なPF戦略の投資が基本だと思います。

「動的な資産配分戦略も条件付きでありなんじゃないか」と考えている。

と、たった一言、言うだけでもこれだけの注意書きを書くくらい、

私は自分が実践するのも、人に勧めるのも慎重に考えているとご理解ください。

大多数の方には静的なPF戦略をお勧めします。


【まとめ】


株はいつ売ればよいのか。

①基本的に売る回数は少ない方が良い。

②必要な時、困った時は勇気を出してしっかりと売ろう。

③積極的にお勧めはしないが、動的なPF戦略について

今回はこの3つについてお話しました。

長期分散投資をしている方であれば、

「株はいつ売ればよいのか」との問いに対しての答えはこんな感じだと思います。

③はあくまで可能性について話しただけで無視してくれて構いません。

下手に手を出せば「可能性に殺されるぞ」です。


私は今まで通り、資産配分を維持しつつ、

静的で規律ある投資を続けていきたいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。