【9月21日 米国株式市場】

米国株式市場はほぼ横ばいとなりました。

ダウ    33,919 -0.15%
ナスダック 14,746 +0.22%
S&P500     4,354 -0.08%
 
小型株のラッセル2000は+0.18%と上昇。

欧州株式市場の反発を受け、VXUS(全世界株式除く米)は+0.90%と上昇しました。

米10年債利回りは1.32%。+0.01%と小幅に上昇。

VIX指数は24.03。-1.67とやや低下も高めの水準を維持しています。


【為替・コモディティー】

ドル円  109.19
NY原油  70.51 +0.3%
NY金   1,775 +0.7%

ビットコイン 42,160  -3.2%。

NY原油先物相場は反発。金は続伸しました。

ビットコインは下落。なかなか米国株式と逆相関とはいかないようです。


【S&P500マップ】


00

【セクター】

エネルギーセクターが原油の反発に伴い上昇。

他、ヘルスケア、一般消費財、情報技術が小幅に上昇。

その他のセクターは小幅に下げました。

資本財、工業系の企業はやや大きく下げています。

エネルギー +0.4%
ヘルスケア +0.1%
一般消費財 +0.1%
情報時技術 +0.0%
不動産   ー0.0%
生活必需品 ー0.1%
金融    ー0.1%
素材    ー0.2%
公益    ー0.2%
通信    ー0.3%
資本財   ー0.7%


【スタイルボックス】
00

昨日はグロース株が買われ、バリュー株が下落しました。

また、大型株に比べ小型株の方がそれぞれ大きく動いています。


【個別株】

〇ディズニー -4.17%

カンファレンスでチャペックCEOが第4四半期の動画ストリーミング配信の加入者の伸びは1桁台前半を見込んでいると発言。制作の遅れが第4四半期の業績に影響する可能性にも言及。

〇コノコフィリップス +3.96%

ロイヤルダッチシェルが所有するパーミアン盆地の権益を95億ドルで取得することで合意

〇ウーバー +11.49%

7~9月期は黒字達成の見通しを公表したため、商いを伴って上昇しました。

〇ドラフトキングス -7.42%

英エンテインに対して200億ドル規模の買収提案を行ったとCNBCが報じました。


【中国恒大】

中国恒大は23日に22年3月償還債の8350万ドルの利払い、29日には24年3月償還債の4750万ドルの利払いが控えています。

いずれも利払い日から30日以内に支払いを履行できなければ、デフォルトとなります。

中国や世界経済に決定的な打撃を与えるかはわかりません。ただ、中国不動産系企業は今回の件を受け、今後資金調達等が難しくなると思います。

シティのアナリストは、規制当局が銀行に対し、恒大向け融資を引き揚げずに利払い期日を延期するよう促し、同社の不良債権問題を「消化するための時間的猶予を確保」する可能性があると分析。

その他ロイターやブルームバーグ、WSJなど各社がいろいろな意見を報じています。

中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

中国恒大、20日期限のローン利払い行わず-社債クーポン期日も迫る


【まとめ】

米国株式市場はまちまちでしたが、全体としてはほぼ横ばい。

NY証券取引所の出来高は前日比2億6072万株減の9億5599万株と、

中国恒大集団を巡る懸念や、FOMCを控えていることで、積極的な取引は控えられました。

日本時間23日未明に結果が発表される予定です。

FOMCでは、テーパリング開始時期が焦点となっていますが、今回ではなく、次回~年内との見方が多くなっています。

テーパリングの開始時期だけではなく、どのように行うか。縮小のスピードやその後の利上げ開始時期などにも市場は注目しています。


中国恒大はどうなるのか。私にはわかりません。

報道されている情報が全てではありませんし、リーマンブラザーズ等がそうだったように、当事者達でも正確に今後を予測できていないのではとも思います。

もちろん、与えられている情報から推測・予測するというやり方もあると思いますが、

私は元々許容できるリスクの範囲内で長期・分散投資をしているため、

いつもどおりの投資を続けていきたいと思います


この他にも、インフレ・デルタ株・サプライチェーン・増税・景気減速などいろいろな問題を抱えている米国市場です。

短期的にはいろいろあるでしょうが、

何年か後、例えば10年後には今ある大抵の問題が片付き、もう過去の話として、半分忘れられた出来事となっていると思います。

そして、またその時々の懸念・問題について議論されていること思います。

私はあまり目先の問題に左右されたり、動き回らずに、

長期的な視点を維持しながら、いつもどおりの投資を続けていきたいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。