【インタビュー記事が掲載されました】

プレジデント・オンラインとプレジデントウーマン、

そしてヤフーニュースに、インタビューを受けた記事が掲載されました。

「バフェットも絶賛」最高値更新が続く"S&P500"を今後も買い続けて大丈夫か

もしよかったら、読んでみて頂けると嬉しいです。

前回の

「ほったらかしでお金を増やすにはこの2本」絶好調の米国株が気になる人向け"最強銘柄"

という記事より一歩踏み込んだ記事となります。


今回も記事の本編で紹介出来なかった資料や意見などを補足していけたらなと思っています。


【結論】

まず、S&P500が最高値を更新する中、投資をしても大丈夫か?

という問いに関して補足します。

まあ、何を持って「大丈夫」とするか日本語の問題はさておき(笑)

過去のS&P500が隔年ごとに最高値を更新した回数をみていきましょう。


00

例えば、2013年や2014年、S&P500は最高値を45回と53回更新しました。

この2年で100回近く更新したわけです。

では、ここで「大丈夫か?」と思い投資をやめてしまったらその後どうなったでしょう?

その翌年の2015年から現在までにS&P500は2倍以上成長しました。


1960年代や、1980年代から90年代も同様です。

S&P500が最高値を更新したからといって、

変に意識して投資を辞めたりする必要はありません。

また、S&P500に投資をするのに遅すぎるという事はありません。

余程のバブルの真っただ中というのであれば、考える余地もありますが、

個人的には今の金利等を考えれば、割高であるものの十分に許容できる範囲だと考えています。


ただ一方で、先程の表からもわかるとおり、S&P500といえどなかなか最高値を更新できず、苦しんだ時期が過去何度かありました。

長い時間使う予定のない余裕のあるお金で、投資をすることが大切だと思います。



結論としては、S&P500に長期投資をしていれば、

最高値を更新する場面に出くわすことはごく当たり前の事です。

そして、何年も停滞する事も当たり前の事です。

①自身のとれるリスクの範囲内で

②長期間S&P500に投資を続けている方は、

「最高値更新」というワードに関して特に気にせず投資を続けていきましょう。

その方が長期的にはきっと良い結果に結びつくと思います。

お読みいただきありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。


米国株ランキング

今日このあとすぐ補足記事② 

GAFAMやグロース株についての記事を更新します。

【オススメ書籍】



Amazon「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
楽天   「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論