00
【もっと広く知られてほしい記事】


9月4日、プレジデントオンラインにて、北村慶氏の著した

「売れ筋の9割を占めるが買ってはいけない」金融のプロが自腹で買っている投資信託のタイプ

という記事掲載され、

ヤフーニュースにもなっていました。


【北村慶氏について】

北村慶氏は東証一部上場企業CFOを務めており、

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

などの書籍でも知られています。名門ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。日本証券アナリスト協会検定会員、FP一級技能士。

ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わり、

その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、大手グローバル金融機関勤務をした経験をもつすごい方です。

先月から「週末作家・現役CFO「北村慶」の書斎」というブログも開設されていますので、是非見てみて下さい。


【長期・分散・積立投資】

今回紹介した「売れ筋の9割を占めるが買ってはいけない」金融のプロが自腹で買っている投資信託のタイプ」という記事の中で、

北村氏は『長期・分散・積立投資』による資産形成がおすすめとし、

成功させるために5つのポイントが大切だと著しています。

①無理のない金額を、

②自動引き落としによる毎月積立で、

③分散が効き、長期投資が可能な商品の中から、

④中途で分配金を受け取ることなく、

⑤手数料の安い商品を選んで投資する

それぞれのライフスタイルやご家族も含めた将来設計・ライフプランを考え、無理のない金額で運用すること。

6000種類を超える投資信託中から低コストで長期投資に向いた商品を選ぶこと。

短期的な運用のもの、レバレッジをかけたもの、毎月分配型のものは避ける。など

とても良い内容となっています。

より詳しい中身については、

北村氏の元記事もしくは先日発売した「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論 」を読むのが良いかと思います。

実は、著書ではあと2つ加えた7つのポイントとして紹介されています。


【もっと多くの方に知ってほしい】

さて、そんな北村氏の書いた良記事ですが、

ヤフ-ニュース雑誌アクセスランキング(経済)部門の

人気ランキング1位の

ひろゆきが語る「人としてサイテーな金の稼ぎ方」ワースト1という記事に比べて、
00

あまり読まれていない&評価されていないことがわかります。

00
私はひろゆき氏を嫌いではありませんが、

この2つの記事をエンターテインメントや楽しむためという視点ではなく、

どちらの記事がより多くの方の人生の役に立つと思うかという視点で見比べれば、

普通に北村氏の記事の方が役に立つのではと個人的には思います。


ひろゆき氏を嫌いというわけではありませんが、

先週の北村氏の良い記事が、

このまま人知れず消えていくのは忍びないと思い今回は紹介させて頂きました。


【まとめ・感想】

ごく普通の私のように何の才能も能力も持たない一般人が、

努力もせずに投資、資産運用を成功させるには、

「長期・分散・積立投資」を行なうのが、

簡単かつ多くの人が成功する確率の高い方法だと個人的には思います。


一昔前と比べても、投資をする人が増え、こういった考えも広まりつつありますが、

まだまだこの考えを知らない人や投資をしない人の人口も多いわけですから、

より多くの方に、こういう考え方ややり方もありますよ。

人生、資産運用の選択肢の一つとしてどうですか。

くらいな感じで知っておいて貰えたら嬉しいなと思う今日この頃です。


さて、最後に小ネタを1つ、2つ。

玉ねぎの花言葉は不死と永遠。

残念ながら、不死も永遠もこの世にはありませんが、

玉ねぎのように、しぶとく、強く、明るく投資を続けていきたいと思います。

お読みいただき本当にありがとうございます。

応援クリックをして頂けると、記事を書く励みになります。