【投資クイズ】

下は、1999年末の株価を100とし、

それ以降の各年末の株価の推移を表した図です。

赤、青、紺、紫、黒、

2012年時点で、あなたはどれに投資をしようと思いますか?

00


過去の株価の推移をよくみて考えてみて下さい。


【答え合わせ】

実はこのチャートは各国の株価指数の推移を表したものです。

00

日本はTOPIX,米はS&P500、英はFTSE100、独はDAX、仏はCAC40種となります。

それぞれがその後どうなったかというと、こんな感じです。

ご存知の通り、その後10年で、

S&P500は他の先進国指数を大きく上回るリターンを残しました。

下の図は青がTOPIX。
00


CAC40種を載せ忘れたので追記。赤のTOPIXを下回っています。
000



最初の2012年までのチャート、株価の推移を見て、

その後10年間、S&P500指数が頭一つ抜けるリターンになると予想できた人は、

そう多くはなかったかと思います。

過去の株価の推移が将来の長期的なリターンを保証するわけではありませんので、注意しましょう。


【99年末に投資した場合】
00
https://www.jsri.or.jp/publish/topics/pdf/1209_01.pdf

ここで、もう一度最初のグラフを見てみましょう。

グラフの最後の2012年6月時点の株価を見た場合、

99年末時点の「100」を超えている指数は一つもなかったことがわかります。

日・仏は約半分の株価になっていますね。

米・独あたりであれば、この間の配当を加えればトータルリターンはプラスに転じていそうですが。

まあ、いずれにしても、この12年とちょっとの間、投資家は2度の大きなクラッシュやイマイチな株価の推移に耐えなければなりませんでした。

将来また違った理由で、大きな下落や相場が長期停滞することは全然あり得ますので、そこは覚悟していくことが大切だと思います。


【まとめ・感想】


さて、少し話はそれましたが、いかがだったでしょうか?

ここ数か月や数年、高いリターンをあげていた投資対象が、

将来も高いリターンをあげるとは限りませんし、

ここ数か月や数年、低リターンだった投資対象が、

将来も低リターンとは限りません。

過去のリターンやチャートが将来を保証するものではないと気をつけながら投資を続けていきましょう。

お読みいただき本当にありがとうございます。

応援クリックをして頂けると、記事を書く励みになります。