【9月10日 米国株式市場】

米国株式市場は続落、

S&P500は5営業日続落となりました。

ダウ    34,607 -0.78%
ナスダック 15,115 -0.87%
S&P500     4,458 -0.77%

小型株のラッセル2000は-0.96%と主要株価指数より下落。

VXUS(米除く全世界株式)も-0.18%と小幅に下落しました。

米10年債利回りは1.343% 前日比+0.043%と上昇。

VIX指数は21.00。+2.21と20台を超えました。


米取引所の合算出来高は100億株。直近20営業日の平均は92億株。

連休後、取引が活発になってきています。


【為替・コモディティー】


ドル円 109.86
NY原油 69.65 +2.2%
NY金    1,789    -0.6%

ビットコイン 45,754 -1.2%

原油価格が上昇。金とビットコインは反落しました。



【S&P500マップ】

00

【セクター】

全11セクターが下落。

エネルギーと素材が-0.0%。生活必需品がー0.3%と比較的小幅な下げにとどまりました。

通信-0.9%、ヘルスケア-0.9%、金融-0.7%、一般消費財-0.6%、資本財-0.5%とそれぞれ下落。

1%以上下げたのは、情報技術-1.0%、不動産-1.2%、公益-1.4%の3セクターでした。

情報技術セクターは上昇した銘柄も多かったのですが、影響力の大きいアップルの-3%の下落が響きました。

【スタイルボックス】
00

全体的に下げる中、小型株はやや大きく下落。

大・中型グロース株や大型バリュー株は比較的踏みとどまりました。


【個別株】

〇アファーム(AFRM) +34.37%

昨日お伝えしたとおり5~7月期決算決算が好調でした。

〇アイヴェリック(ISEE) +62.49%

〇アペリス(APLS) -37.19%

バイオ医薬品のアペリス(APLS)は、失明を引き起こす眼疾患向けの「ペグセタコプラン」の効果に対する2つの後期検証研究のうち1つしか主要目標に達しなかったことを明らかにしました。

アぺリスは売られ、眼患者向け治療薬を手掛けるアイヴェリックが急騰しました。



【アップル】

〇アップル(AAPL)-3.31%

米カリフォルニア州の連邦地裁は10日、アップルに対し、アプリ開発業者に課している課金ルールを緩和するよう命じました。

エピック・ゲームスがアップルのアップストアの取引慣行は反トラスト法で規制されるべきと訴えていた問題で、

米裁判所は、反トラスト法に抵触するとして、エピックの主張を認める判決を下しました。

開発業者は今後、ユーザーを外部の決済システムに誘導することが可能となります。

一方、アプリ内課金に関しては引き続き、アップルが15~30%の手数料を徴収することを認めました。

アップルは上訴するとみられており、今後も裁判は続くと思われます。


【8月の米卸売物価指数】

8月の米卸売物価指数(PPI 最終需要向け財・サービス)

結果 8.3% 予想 8.2% 7月 7.8%

新型コロナウイルスが引き続きサプライチェーンを圧迫する中、高いインフレが続く可能性があることを示唆する結果となりました。

ただ、食品・エネルギー・貿易サービスを除いたコア指数は前月比0.3%上昇と、昨年11月以来の小幅な伸びにとどまり、インフレがピークを迎えつつある兆候も見て取れました。

ロイター 有識者の見解

来週は米消費者物価指数(CPI)が発表されるが、高い伸びが予想されている。


【その他のニュース】


WSJ 9月のテーパリングはなし?

ファイザー製ワクチン、10月中に5─11歳向け認可も

〇米中首脳が電話会談を行っており、両国の緊張が緩和されるのではとの期待もありましたが、さほど進展はありませんでした。



【まとめ・感想】

週間では、ダウは-2.2%、ナスダックは-1.6%、S&P500は-1.7%とそれぞれ下げました。

S&P500は週間ベースでは6月以来の下げとなりました。

でも、週間で-2%にも及ばない下げに、いちいち動じる必要はないと思います。

マチマチな経済指標、テーパリングの時期や経済成長の鈍化、デルタ株、割高なバリュエーション、

株式市場には多くの懸念が渦巻き不透明感が漂っています。


でも、それは当たり前のことといいますか、

今までが良すぎただけで、大抵の場合市場は何かしらの懸念や問題を抱えているものです。

でもそれ等問題の多くは10年もしないうちに忘れ去られ、また別の問題や懸念にとって変わられます。

短・中期的に投資・トレードしている方などは別ですが、

S&P500やVTIなどに長期投資をしている方は、動じることなくドンと構えていきましょう。


お読みいただき本当にありがとうございます。

応援クリックをして頂けると、記事を書く励みになります。