【VOOが400ドル突破して高くて買えません問題を一撃解決】

Twitterを見ていると

VOOが400ドルを突破して、高くて買いにくい・・・

でも欲しい、、でももう少し安くで買いたいし・・・

と投資あるあるな雑談を見ていました。


というような感じで、

知人のななしさんがVOOについての記事を書いていました。

VOO好きの私は完全にこれに触発されて(笑)

私なりに「VOOが400ドル突破して高くて買えません問題」

についての記事を書いていきたいと思います。

【2つの要因】

「VOOが400ドルを超えて高くて買えない」

過去5年間、その時々で金額は違えど、私も何度も同じような言葉を耳にしてきました。

そして、この言葉には、2つの意味があると私は思います。

①購入単価の話。

VOOが400ドル超えた=1口4万以上かかる。

②マーケットの話。

市場の割高感・バリュエーションの問題。あるいはタイミングの問題。

この言葉を発している人が①、②どちらの意図で言っているのか。(あるいはその両方か)

それによって、返す言葉も違いますから、

よく相手の立場や意見をくみ取って話していくことが重要だと思います。


【購入単価の話】

①の購入単価の話。

1口、4万円で買いづらい、再投資しずらいという話であれば、問題は5文字で解決します。

「投信を使う」

無理せず、これで良いと思います。

投信であれば100円からでも投資が可能ですので、投資に回せるお金に余裕のない方は無理せずそちらを使うべきだと思います。

〇目的が大切。VOOは1つの手段

長期的に分散されたPFで運用する場合、資産配分がPFのリスクとリターンの大部分を決めます。

VOOそのものに投資をするという「手段」よりも、

米国株式市場に幅広く分散しつつ低コストで資産を配分する「目的」が大切だと思います。

VOOは手段の一つに過ぎません。

SBI・VOOやS&P500に連動する投信、もしくはVTIなどもありますから、

VOOに拘ることなく自分の投資環境に合う手段を選択することが大切だと思います。


【個人的な余談・昔話】

〇VOOをモチベーションにがんばるというやり方

かくいう私自身は、当時投信という選択肢がなかったため、

VOOが値上がりし続けても、将来も普通に買い続けられるようにと、

転職したり、毎年の拠出額をあげられるよう頑張ってました(笑)。

転職が成功したのは、VOOのおかげですね。

私のようなVOOバカは、VOOを1口でも多く買う事をモチベーションに拠出額をあげる努力をすると、資産形成が捗るかもしれません。

〇数か月お金を貯めて買うというやり方


当時私は一括をして資産配分を完成させた後、

2~3カ月お金を貯め、できるだけ少ない回数でVOOを買おうと努力していました。

手数料を抑えるためです。

過去のデータをみると、毎日積立も、毎月積立も、2か月に一回の積立も効果はそうそう変わりません。

投信や投資手数料が下がった今、そこまでする必要があるかは疑問ですが(笑)

どうしても特別な事情がありVOOが良いという方は参考にしてみて下さい。



【マーケットに起因する話】

2つ目は米国株式市場に起因する話です。

「①バリュエーションの話」

現在米国株式市場のバリュエーションは、

コロナショック後の金融・財政緩和の影響もあり、低金利やインフレを考慮しても、バブルとまでは言えませんが、割高になっていると私も考えています。

なので、そういう方の気持ちも少しは理解できます。

シラーPERなどを見ると、今後10年の米国株市場のリターンがイマイチと言われてもまあ納得できます。

「リスクの許容できる範囲で資産を配分しよう」

ただ、未来はどうなるかわかりませんし、

繰り返しになりますが、長期的に投資をする場合、資産配分がそのリスクとリターンの大部分を決定します。

自身の①目標②リスク許容度③投資期間に合う資産配分を整え、それを維持することが大切だと思います。

ですので、まだ(目標とする範囲まで)米国株式に資産を配分していない方であれば、多少のバリュエーションは気にせず配分してよいと思います。

そういう意味では「値段を気にせず買う」というななしさんの意見には賛成です。

過去の事例を見ても、余程バブルの頂点で投資をしない限りはそうそうひどい結果にはなりませんし、

万が一の時もリスク許容度の範囲内で投資をしているのであれば何とかなると思います。

「それってあなたの感・・・・」

また「高い」と感じることが私やあなたの思い込みの可能性もあります。

それにも注意しましょう。

S&P500指数なんて世界中の投資家から最も分析され、厳しい目に晒されている指数の一つです。

市場が絶対に正しいとまでは言いませんが、いろいろな情報を踏まえて、

VOOの株価はある程度合理的な所で決定されているという事も忘れないようにしましょう。



「②タイミングの話」

長期的に分散されたPFで運用する場合、重要なのは資産配分であり、

タイミングの与える影響はそこまで大きくありません。

過去、市場のタイミングを正確に計る事は困難だという研究はいくつかありますし、

ウォーレン・バフェット氏も同様のコメントをしています。

00



また、投資タイミングの話で言えば、

本当に自分には最適な投資タイミングがわかるのか良く考えてみましょう。

400ドルが高いというのなら、なぜコロナショックで下落する途中、もしくは底の210ドルで買わなかったんだい(クリロナ風)

という意地悪な言い方もできます。

「VOOを余力を残して半分だけ買う戦略」


そういう意味では、一見懸命にも見える「買い付けの余力を残して半分だけ買う」といった戦略は、

実は、言い換えると「マーケットタイミングを計っている」「よりマーケットが下がる方に賭けている」ということになります。

それは「その期間の機会損失」や「目標とする資産配分の完成の先送り」も繋がります。

この戦略が絶対に悪いとまで言いませんが、特段有利だったり・賢明というわけでもないこともわかると思います。

個別株投資などはまた別だと思いますが、VOOに投資をする場合は、

投資タイミングを正当化できる場面というものはめったにないので、

投資期間を長くとり複利を活かすためにも、許容できる範囲内であれば、変にタイミングを計らずに投資をしていっても良いと私は思います。

この1点だけななしさんと意見は異なりましたが、あとは全体的にとても共感できる良い記事だと思いました(^_^)voo


【まとめ】

長くなりましたのでまとめます。

VOOが400ドルを超えて高くて買えないという人はなぜそう思うか考えましょう。

①購入単価に起因する話であれば、無理せず投信を使うといいでしょう。

どうしてもVOOを買いたいという方は愚痴をこぼす前に努力をすると良いかと思います。

とはいえ、もちろん、冗談程度の軽口はいってもいいと全然思いますよ(笑)

②マーケットに起因する話であれば、

確かにバリュエーションが高いという意見はわかりますが、今後どうなるかわかりません。

自身の目標とする資産配分を維持することが大切だと思います。

VOOに長期投資をするのではれば、あまりマーケットタイミングを気にすることなく、投資をするのが良いかと思います。

【最後に】

私はVOOに投資をして6年になります。最初200ドル以下だったVOOは400ドルを超えました。

しかし、過去3年目や5年目が通過点だったように、

200ドルや300ドルが通過点だったように、

今日の400ドルや6年という数字も、将来振り返れば通過点の一つになっていると思います。

VOOやS&P500への長期投資というのは、今日、明日、来年に成否がわかったり、終わるようなものでもありません。

人生を通じて気長に継続していくことが大切になります。

マラソンの5キロ地点の順位や野球の1回表裏の攻防だけで、その試合が決まるわけではありません。

いろいろな投資戦略を採用している方がいるかと思いますが、

もしS&P500やVOOに長期投資をされている方であれば、

途中経過を気にせず、

人生を楽しみながら、投資を続けていくことが大切だと思います。


いつもありがとうございます。

知らなかった、ちょっとだけ勉強になったという方は、

是非、応援クリックよろしくお願いします。


米国株ランキング


【読者登録お願いします】

※登録すると、ご利用のLINEにブログの更新が通知されます。



「Twitterはこちら」

https://twitter.com/SandP500ETF


【オススメ書籍】


Amazon「山崎元のほったらかし投資 資産運用の大正解
楽天   「山崎元のほったらかし投資 資産運用の大正解