【6月25日 米国株式市場】

ダウ    34,443    +0.69%
ナスダック 14,360    -0.06%
S&P500   4,280 +0.33% 
  
S&P500は連日の市場最高値更新。

ナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落しました。

小型株指数のラッセル2000は0.033と小幅に上昇。

全体的に、売上高や値動きが落ち着きをみせています。


米10年債利回りは1.533(前日比+0.046%)と上昇。

これを受け、グロース株がやや売られました。

VIX指数は15.48(前日比-0.49)とコロナ後最低の値に低下しました。



【為替・コモディティー】

ドル円 110.78
NY原油 73.95 +0.9%
NY金  1,780 +0.2%

原油と金は上昇。

ビットコイン $32,214   -7.4%

昨日は+5%上昇したビットコインが-7.4%。

相変わらずボラティリティとなっています。



【S&P500マップ】
00

【セクター】

テクノロジー以外、全てのセクターが上昇。

FRBのストレステストの結果を受けて、金融セクターが+0.95%と最も上昇。

バイデン大統領のインフラ投資計画の合意を受け、公益セクターも+0.73%上昇。

その他、生活必需品セクターも0.66%と市場全体より大きく上昇しています。


【個別株】

〇ナイキ +15.53% 

ナイキの2021年3~5月期決算は売上高が市場予想以上に増え、アナリストによる目標株価の引き上げが相次ぎました。

〇ヴァージン・ギャラクティック +18.58%

一般客の宇宙旅行に関しての米連邦航空局(FAA)認可を得たことを発表。

〇ネットフリックス +1.74% 

4日続けて上昇。週全体では+4.98%となっています。

〇バンク・オブ・アメリカ+1.9%
〇ウェルズ・ファーゴ+2.7%

昨日、FRBがストレステストの結果を発表。

銀行業界は深刻な不況や景気後退に陥った場合でも、「容易に耐えることができる」「最低限必要な資本レベルを遥かに上回っている」とし、

銀行は配当や自社株買いなどの株主還元を行えるようになり、昨日に引き続き上昇しました。


【5月のPCE物価指数】

5月のPCE物価指数

エネルギー・食品を除くコア指数は前年同月比3.4%上昇と伸び率は前月から0.3%拡大。

29年ぶりの大幅な伸びで、FRBの目標である2%を大幅に上回りました。

ただ、市場予想に一致したため、インフレ加速への懸念が広がることはありませんでした。

5月の個人消費は前月比で変わらず。

内訳では娯楽や飲食、宿泊などサービスの消費が増加。モノの消費は減少しました。

個人所得は2%減少し、2カ月連続のマイナス。市場予想は2.5%減でした。

個人所得は政府の個人給付を背景に、3月に一時的に急増していました。



【まとめ】

先週はFOMCや経済指標の発表で慌ただしかった市場でしたが、

今週は米国の投資家は落ち着きを取り戻しています。

S&P500ETF(VOO)は現在393.50ドル。

月曜日の384.46ドルより₊2.35%上昇しました。
00


先週、S&P500はインフレやFRBへの懸念から

今年2月以降で、最も下げた一週間となりましたが

今週は2月以来で最も上昇した一週間となりました。

市場の雰囲気や株価はこんな感じで簡単に反転しますので、

長期投資家の方や、良い投資対象に投資をしている方は、

あまり気にしたり、一喜一憂することなく投資を続けることが大切だと思います。


今はFRBの引き締めへの警戒感よりも、インフラ政策、景気回復への期待感が勝っている状況ですが、

また一つの材料やニュースで、市場は手のひらをクルクル回転させるかもしれません。

それらを予想して投資をするやり方もあるとは思いますが、

私は凡人なので、先行きを予想したり、市場の雰囲気に流されることなく、S&P500ETF(VOO)に投資を続けていきたいと思います。


いつもありがとうございます。

ちょっとだけ勉強になった。知らなかった。

という方は是非応援クリックよろしくお願いします。


米国株ランキング


【読者登録お願いします】

※登録すると、ご利用のLINEにブログの更新が通知されます。



「Twitterはこちら」

https://twitter.com/SandP500ETF


【オススメ書籍】


Amazon「山崎元のほったらかし投資 資産運用の大正解
楽天   「山崎元のほったらかし投資 資産運用の大正解