【6月10日 米国株式市場】

ダウ    34,467   +0.06%
ナスダック 14,020   +0.78%
S&P500     4,239   +0.47%

米国主要株価指数は上昇。

S&P500は最高値を更新しました。

一方、小型株指数のラッセル2000は-0.68%と下落。

VXUS(全世界株式除く米)は+0.45%と上昇しています。


【米10年債利回り】

米10年債利回りは1.459%(前日-0.03%)

債券利回りは一時上昇する場面もありましたが、その後低下しました。


00


その他、原油価格などはやや上昇。

VIX指数は低下しています。

NY原油 70.16  +0.3%
NY金   1900  +0.3%
VIX指数 16.11  
ビットコイン 36,748ドル +1.1%

【S&P500マップ】

00

ヘルスケア企業やテクノロジー企業が大きな上昇要因となりました。

その他、不動産、通信サービス、公益、一般消費財などが上昇。

金融セクターは債券利回りの低下を受け、1.1%下げました。


【個別銘柄】

オルガノン +6.6%。バイオジェン +1.9%とヘルスケア関連銘柄が上昇。

キャタピラー -3.4%。バルカンマテリアルズ-3.09%。素材や工業株が売られました。

ここ数日上昇していたミーム銘柄は大きく下落しました。

昨日はバンガード・バリューETF(VTV)が-0.04%だったのに対し、

バンガード・グロースETF(VUG)が+0.95%とグロース株が市場を牽引しました。



【新規失業保険申請件数】

〇6月5日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)

結果37.6万人 予想37.0万人 前週38.5万人

〇継続受給(5月29日まで 季節調整済み)

結果349万人  予想360万人  前週375万人

失業保険申請件数は前週より9000人減。6週連続で改善。解雇も減少しています。

一方で、健全な労働市場の目安となる20万~25万件にはまだ至っていません。

テキサス州など25の州が12日以降から失業給付上乗せ措置を順次打ち切ると発表しており、失業保険申請の改善につながる可能性があると見られます。


【消費者物価指数(CPI)】

〇総合 「前月比」

結果0.6% 予想0.4% 前回0.8%

〇総合 「前年比」

結果5.0% 予想4.7% 前回4.2%

〇コア(食品・エネルギーを除く) 前年比

結果3.8% 予想3.4% 前回3.0%

市場予想をやや上回る結果となりました。前年比はロックダウンの影響等もあり、上振れしやすくなっています。

原油や穀物価格の高騰。半導体や人材などの供給が需要に追い付いていないなど一時的な要因も影響していると思われます。

FRBのパウエル議長は、「物価の急上昇は一時的な現象」と繰り返し説明しています。

物価の内訳は、中古車・トラックが7.3%と上昇。中古車は前月も10%伸びていましたが、これは経済活動再開と旅行シーズンによる一時的なものと思われます。

その他、宿泊やレンタカー、家具、寝具、衣服などが値上がりしました。


【E-Trade FinancialのMike Loewengart氏の見解】

「経済が完全に再開し始めると、需要が増加し、原材料や労働力の不足による供給の制約を引き起こすということを覚えておいてください」

「これは、FRBが一過性のもの、つまり過ぎ去るものと考えているタイプのインフレを引き起こします。ただ、それが正しいかどうかはまだわからりません」とコメントしています。



【まとめ・感想】

私自身が市場ではないのでわかりませんが、

今日の動きを見るに(CPIが予想を上回ったにもかかわらず10年債利回りが低下した等)、ある程度の一時的な物価の上昇(や懸念)は、既にある程度株価に反映されているのかなと感じました。

6月の15~16日にはFOMCがあり、そちらにも米国の投資家の注目が集まっています。

とはいえ、私のやるべきことは特に変わらないので、

今月も今まで通り、自分の目標とする資産配分を維持し、投資を続けていきたいと思います。


【あなたの人生にとって良い配分を】


Twitterでは知り合いの投資家の方々が昇給やボーナスについて、

「明るい話題」と「暗い話題」をそれぞれつぶやいていました。

私は、人生はある意味で資産配分の最適化問題みたいなものだと考えています。

お金や人的資本(時間・体力・知力・健康)などの自身の持っている資源・資産を、

遊びや友人や家族との時間、暇な時間も含めて、自分の人生をより理想的なもの、豊かで幸せなものにするためには、どう配分するのが最適なのか。

と私はよく考えています。

もちろん、人によって状況も答えも全然違うと思いますし、あえて何もしなかったり、無駄を楽しむという事も大切だと思いますが、

大筋としては、

(ボーナスのある人もない人も)自分の手元に入るお金を、

それぞれの人生や幸福にとって最適と言いますか、

有意義となるよう使うことが大切だと思います。


いつもありがとうございます。

ちょっとだけ勉強になった。知らなかった。

という方は是非応援クリックよろしくお願いします。