00

【S&P500について】


S&P500指数は5月に0.55%上昇して、4,204.11で終えました。

5月の配当込みのトータルリターンは+0.70%。

過去3カ月間では+11.63%(配当込12.18%)

年初来では+12.82%(同13.76%)

過去1年間では+36.03%上昇(同38.79%)

2020年3月23日の底値からは87.90%上昇しています(同91.66%)

この記事の数字は全て5月末時点のもの。


【最高値更新回数】

終値ベースでの最高値更新は、

4月の10回に対して、5月は1度のみとなりました。

1月、2月、3月は5回ずつでした。


【6月のS&P500について】

S&P500の過去の実績を見ると6月は55.9%の確率で上昇。

上昇した時の平均上昇率は3.88%、

下落した時の平均下落率は3.17%。

全体の平均騰落率は0.77%の上昇となっています。

また、6月の15、16日にはFOMCがあります。




【S&P500の企業業績】


2021年の第1四半期の決算の発表では、

484銘柄のうち411銘柄(84.9%)で利益が予想を上回り、

483銘柄のうち377 銘柄(78.1%)で売上高が予想を上回りました。

利益は第1四半期としては過去最高を記録する見通しで、

前期比で+24.7%増が見込まれています。


【Sell in Mayについて】

ウォール街には「5 月に売れ」という格言があります。

1928年以降の5月末から10月末までの 6 カ月間の株価の変化を見ると、

S&P500指数に関しては、34.4%の確率でこの格言が正しいことが分かっています。

また、過去 9 年間は格言通りにはなっていません。

(トータルリターンに基づくと9年間、株価のみでは8年間は外れています)


00

このようなデータもありますので、

個人的には、このアノマリーも特に気にする事ではないと思っています。

なので、今年の5月も「セルインメイだ!」と、

周囲に合わせて騒いだり、敢えて取り上げるような事もせず、通常運転を続けてみたのですが

いかがだったでしょうか?

読者の方が航路を守り、いつもどおりの投資を続けていくお役に立てたのであれば、嬉しいなとひそかに思っています。



【まとめ】

ここ最近に限らず、米国株式市場では本当にたくさんのイベントやニュース、出来事があり、

その度に市場は動揺を見せ揺れ動いてきました。

しかし、振り返ってい見ると、S&P500指数はコロナショック前の2020年2月19日の終値の高値からは24.16%上昇し、

2020年11月3日の米大統領選挙以降では、同指数は 24.78%の上昇しました。

もちろん、常にこう上手く行くとは限りませんが、むやみやたらに騒いだり、動き回るも禁物です。

今、投資家を悩ませている問題の多くも、いつものように、来年や5年後の今日にはもう忘れ去られていることと思います。

もし、S&P500やVTIに長期投資をするのであれば、

自身の許容できるリスクの範囲内で、変にタイミングを計ったり、動き回り過ぎることなく、

資産を配分し続けることが大切だと思います。


いつもありがとうございます。

ちょっとだけ勉強になった。知らなかった。

という方は是非応援クリックよろしくお願いします。