【バリュー株はグロース株を上回る】

バンガード社のグローバルチーフエコノミスト  

ジョセフ・H・デイビス氏が、先日モーニングスターのインタビューに答えていました。

デイビス氏は、今後バリュー株がグロース株を上回る可能性について指摘しています。

以下、簡単にポイントをまとめます。


【デイビス氏の見解】

「私たちも正しいタイミングを計ることができない」

「ですが、将来的にはバリュー株が成長株を上回る可能性があります」

として以下のような理由を述べています。


理由①マクロの要因。

経済成長の改善と実質金利の緩やかな上昇。

〇金利の低下とここ数年の低い金利環境はグロース株にとって追い風となった。

〇世界的な回復が見込まれていることもバリュー株に追い風。

理由②グロース株に対する過大評価。

〇最近起きた現象。過去数年間はそれほど過大評価されてきたというわけではない。

といった理由をあげ、

「バリュー株は少なくとも10年間アンダーパフォーマーでした」

今後数年間は、バリュープレミアムが実現する可能性が平均よりも高くなると思われます」

との見解を示しました。



【バンガードの予測】

米バンガードは、2020年12月31日時点で

今後10年間の年率換算名目リターン予測の中で、

米グロース株よりも米バリュー株のリターンが

米国株よりも、米国外の地域のリターンが高くなると予想していました。

00

3月にもデイビス氏は、

「市場の評価に確信があり、忍耐強い時間軸を持ち、高いボラティリティの中でも規律を保持できる投資家は、

リスク許容度に見合ったバリュー株へのオーバーウェイト配分を行う事で、リターン(α)を得ることができるかもしれない」

と発言しています。


【適応的市場仮説】

バリュー投資が上手く行くのは、割高株に手を出して失敗する投資家が多いからであり、

グロース株投資が上手く行くのは、成長を過小評価している投資家が多いからでもあります。 

バリュー投資家とグロース投資家は、お互いに相手方の価格形成のミスを糧にして利益を得ています。


例えば、投資家がグロース株に群がり、

高すぎる株価(ミスプライス)が形成されれば、

市場が反転した時相対的にバリュー投資家優位を得ることができます。


仲間が増えている過程で、先に投資をしていた集団は大きな利益を得ることができますが、

仲間が増える勢いが止まると、反対側のスタイルに食われる立場に変わります。


直近のデータによって支持されている(人気がある)投資戦略は、

その前のミスプライシングを利用しつくし、イナゴの大群が草を食べつくした後の状態だった。となる可能性もあります。

過去3年の成績が素晴らしいアクティブファンドが、次の3年間も良い成績とは限りません。



【個人的な感想】

バリュー・グロースどちらが一方が優れているという話ではありません。

市場にはサイクルがあり、市場の変化に注意が必要だと私は思います。

去年のような相場がいつまでも続くのなら楽なのですが、残念ながらそうではありません。


「投資スタイル」や「セクター間」のパフォーマンスの違いや変化は、

市場全体に幅広く分散されたポートフォリオを持つべき、と私が信じる理由の1つです。

市場全体に時価総額加重で投資している投資家は、

市場の各セグメントがアウトパフォームしたり、アンダーパフォームすることで、

時間の経過とともに発生する、自然なリバランスの恩恵を低コストで受けとることができます。

ですので、私はバリュー株がアウトパフォーマンスしても、グロース株がアウトパフォーマンスしても特に関係ありません。


私はバフェット氏が好きなので、どちらかといえばバリュー投資が好きなのですが、

自分の好みと実際の投資行動は別。と切り離して考えています。

私はこれまでどおり特定の戦略やスタイルに加重することなく、S&P500(VOO)に投資を続けていきたいと思います。


いつもありがとうございます。

知らなかった。ちょっとだけ勉強になった。

という方は是非応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村