00

投資家は、株式を通じて、

実物資本はもちろん、

革新的な企業の生み出すアイディア、著作権、知的財産権などを間接的に保有し、

それらから得られる利益の分け前を貰う権利を持つことができます。


私は普通の凡人なので、

革新的なアイディアや物を何一つ生み出すことはできませんが、

株式市場に自身の資産を投じる事で

各企業やそこで働く、優秀な人達やアイディアを応援し、

企業や人類の成長・豊かさを間接的に後押しする事ができたりもします。




株式市場にお金を投じるのは特に難しい事ではありません。

①自身の許容できるリスクの範囲内で

②(現実的で達成可能な)適切な投資目標・計画をたて

③感情ではなく、規律に基づき投資を行う事

が大切だと思います。


投資の計画は、

目的に合った資産配分を決めることから始めます。

資産配分は合理的なリスクとリターンの予測に基づいて決定する必要があります。

自身の資産を不必要なリスクから守るためには、

分散効果を利用するのが最適です。


VOOならS&P500企業に

VTなら世界47カ国約8000社の企業に

低コストで簡単にエクスポージャーを取る事ができます。

もちろん、ETFではなく投資信託という選択肢もあります。



マーケットは予測不可能です。

しかし、コストは常に発生します。

投資コストが低ければ低いほど、実際に投資家の手元に残るお金は増えます。




私は、市場の上昇時も、下落時も

意図的に「何もせず資産配分を維持する」と決めています。

「何もしない」というのは、

「行うべきこととが、決断できない」というわけではありません。

むしろ、私のような投資家が、

最も行うべき行動は「何もしない」だったりもします。


市場は急速に変化するものです。

予測できなくて当たり前。

投資家は、

まずは自分がコントロールできる事を

しっかりと行うべきだと思います。


できる限りコストを抑え、分散効果を活かし、

できる限りたくさんの追加資金を拠出をしながら

長期的に市場にエクスポージャーを取り続ける。


そんな当たり前の投資を、これまで6年続けてきました。

そして、これから何十年と続けていきたいと思います。


いつもありがとうございます

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

書籍発売決定しました。予約受付中です。



Amazon 「増える! りんり式米国株投資術 
楽天    「増える! りんり式米国株投資術 」