00
金融相場


金融緩和が行われている中での株価上昇を「金融相場」といいます。

正にコロナショック以降の米国株式市場がこの状態です。

景気が悪い→金利を下げる→世の中に出まわるお金が増える→行き場を失ったお金が株式市場に流れ込む→株価が上がる。

これにより、現在の資産価格が高くなりますが、将来の期待リターンは低くなります。


異例の緩和はいつまでも続かない

FRBも財務省もいつまでもこのままというわけにはいきません。

リーマンショック時の「異例の緩和政策」は比較的短期間で終わっています。

00
ガイトナー回顧録 ―金融危機の真相より引用

インフレの懸念が高まれば、FRBは金利をあげるでしょうし、

そうでなくても、いずれは引き締められ、正常化へと向かうでしょう。


業績相場

業績相場とは文字通り、企業の業績に支えられて株価が上昇する相場の事です。

普通は金融相場ほど、簡単に株価はあがりません。

今年の印象が強いと、低いリターンでは物足りなくなり、リスクの高い投資対象や投資方法を使ってリターンを高めたくなるかもしれません。

しかし、最低でもワクチンが世界中に広く普及するまで、

(そのあとも金利などいろいろリスクはありますが)

不確実性の高い相場が続くことをよくわきまえることが大切だと思います。

低いリターンに焦ったり、とある資産の高いリターンに目がくらんで、

自分のとれるリスクを超えてしまわぬよう気をつけましょう。

リーマンショック後のように、金融相場から業績相場へのシフトがスムーズに行われるとよいのですが、そうでない可能性もあります。


まあ、金融相場でも業績相場でも関係なく、

私、VOOを中心に投資を続けていきたいと思います。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterはこちら

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。