米国のインフレと資源株

米国の深刻なインフレ期間中、

米国の資源株は、購買力を保護し、

S&P500を超えるリターンを残してきました。

00


GMOのHPより引用

 インフレ
 エネルギー・素材セクター
灰 S&P500

インフレは、1年以上インフレ率が年間5%を超えた期間。


これらのインフレ期間中、エネルギーとマテリアル(金属・素材等)の株式は、

8つの期間のうち6つの期間でインフレ率を上回り

8つの期間全てで株式市場全体(S&P500)のリターンを上回りました。



ポイント

過去と「全く同じ」暴落・弱気相場はありません。

また、「いつ」「どんな」変化が起こるかは誰にもわかりません。

コロナショックでは、情報技術セクターや巣ごもり銘柄、ヘルスケアなどが好調でしたが、

次の危機の時も、同じ方法が上手く行くとは限りません。

(個人的には、保険はタイミングを見てかけるものではなく常にかけておくものだと思います)


どんな、企業や業種、セクター・ファクターにも、

長所と短所。得意な環境と不得意な環境があります。


初心者の方や資産を守りたい方はもちろんですが、

「未来の全てが、絶対に、はっきりとわかる」という人以外の方は、

特定のシナリオに全財産をかけるのではなく、

適切に資産を分散させながら、未来の可能性に備えるのが良いのかなと私は思います。

私はV〇〇を中心に投資を続けていきたいと思います。


いつも本当にありがとうございます。


もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterはこちら

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。







000