ベストの資産配分とは?
00
アセットアロケーションの最適化 画像を一部加工して引用

上の図は、

S&P500と米国債を組み合わせてポートフォリオを構築した場合、

資産配分に応じて、リスクとリターンがどう変化するかを表したものです。


人によって、各々投資目標やリスク許容度等が違うので、

一概にこの配分が正解だとは言えません。


リスク許容度が高く、リターンを求めている方は、

幾何平均リターンが最大となる資産配分を採用するのが良いと思いますし、

リスク調整後リターンの最大化や効率を求めるのであれば、

シャープレシオが最大となる資産配分を目指すと良いかと思います。

もちろん、妥協して中間くらいにするというアイディアもあります。




『超安全志向の投資家』はどうすれば?

定年後や高齢の方、元々の性格などによって、

シャープレシオ最大のPFさえ好まない(不安を感じる方)は、

現金を十分に残しつつ、出来る範囲でシャープレシオが最大のPFに投資するのが良いと思います。


『超リスク許容度が高い投資家』はどうすれば?

リスク許容度が高く、レバレッジを使いたい方は、

基本的にシャープレシオが最大のPFにレバレッジをかけるのが、

リスクとリターンの最良のトレードオフを達成できるので良いと思います。


基本のおさらい

〇債券比率を高めると幾何平均リターンは減っていく

〇PFに債券を加えるとリスクは減少する。

〇債券だけの時に比べ、株式をある程度混ぜた方がポートフォリオのバランスは安定する。

〇債券と株式を一定量で組み合わせた時シャープレシオは高くなる

〇よりリスクを抑えたいときは現金を加えると良い。

〇過去のデータは、将来のリターンを保証するものではない。



まとめ

自分の①投資目標 ②リスク許容度 ③投資期間に合った

資産配分を構築し、それを維持することが大切です。

ただ、自分に合う資産配分を見つけることは簡単ではありません。


実際に暴落や上昇相場を経験して初めて、

「自分が思ってた自分」と「実際の自分」とのギャップに気がつくこともあるかと思います。

あなたが、注意深い投資家なのか、平均的な投資家なのか、勇敢な投資家なのか、

私にはわかりませんし、他の人にも多分わからないと思います。

自分の素直な心と対話しながら、

焦らず、ゆっくり自分にとってベストな資産配分を見つけて頂ければ良いのかなと思います。

長期投資に焦りは禁物。

私は今後も株式(VOO)を中心に投資を続けていきたいと思います。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。


オススメ書籍