00
S&P500を上回りたい!


早く結果を出したい。お金持ちになりたい。

と考える人はたくさんいます。

中には、スリルを求めたり、自分の能力や理論を証明し、自慢したいという方も居ます。

これらが『悪い事』だとは思いません。


日本の米国株投資家の中にも、

『S&P500に勝つ』という栄光を手に得ようと努力している方が大勢います。

彼等は本当にすごいと思います。


私は凡人なので戦いません。

私の場合は、能力も情熱もない、

ただの田舎の一般人なので、

正しいタイミングを計ったり、個別銘柄選びに時間をかけ、投資に成功する確率よりも、

ただ、黙って市場全体を低コストで保有し続けた方が、

長期的には資産を増やせる確率が高いと思っています。



もしS&P500に投資をしていたら

よくある話題ですが、

もし、1975年1月にS&P500に1万2000ドル投資をしていれば、

40年後の2015年には107万7485ドルになっていました。


もし、その当時、1万2000ドルが手元になくても、

1975年1月から毎月130ドルづつ投資を続けていれば、

40年後には、98万5102ドルにまで資産は積上がっていました。

参考 「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え


私は、これだけあれば十分豊かで幸せな人生が送れます。

もし、より早く、より多くのお金が欲しければ、

単純に拠出額を増やすのがよいと思います。

私自身はその点に注力しています。


例えば、先程の例でしたら、

毎月の投資額を150ドルに増やしてしてみると、

最終的には113万6656ドルにまで資産は増やすことができました。

毎月たった20ドル(約2100円)の差が、

40年後には15万ドル(約1580万円)もの差を生んだわけです。

もちろん、初期(一括)の投資金額を増やすとより効果的かと思います。


過去のデータが将来も当てはまるとは限りません。

ですので、

私はもっと(かなり)控えめにS&P500のリターンを見積っています。

参考 米バンガード2020年8月の 「市場の見通し」



人生をより豊かに

市場全体の生み出す以上のリターンを狙うには何かしらのリスクを取る必要があります。

市場と戦おうにも、長期的にウォーレン・バフェット氏やハワード・マークス氏、スピッツ・ナーゲル氏等、歴戦の猛者たちに勝てるとは一切思いません。

著名投資家はもちろんですが、ウォール街に何千、何万人もいる、一般的なレベルの名もなきプロの投資家の皆様にも投資スキルや経験等で勝てるとは思っていません。

私自身のスキルや経験、投資に費やす時間や熱量は、彼らほど大きくはありません。

私の人生の多くを戦いに費やしたくはありません。


投資は人生をより豊かにするための、

もしくは将来の不安やリスクを減らすための、

手段の一つだと思っています。


昔はアクティブ投資大好きでしたし、

プロに勝つぞという気概もありましたが(笑)


今は、短い人生の中で、投資以外の事もたくさん学んでいきたいし、

楽しんでいきたいと思っている次第です。

こんな気概では、勝てるわけもありませんし、戦う相手に失礼だとも思います。

なので私は自分のコントロールできる事に注力しながら、

人生を楽しみつつ、VOOに投資を続けていきたいと思います。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。


https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。


米国株投資ならマネックス証券が有利
マネックス証券 iDeCo

マネックス証券なら、イデコでもeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資が可能です。