00
投信じゃダメですか?

読者の方から質問を頂きました。
投資初心者です。毎朝、勉強させていただいています。

米ドル建ETFの代わりに(Slim S&P+楽天VTI)+(slimオールカントリー+楽天VT)ではおかしいですか?

ドル転と還付手続きが難しいので、均等に投信を毎日積立しています。

お忙しいとは存じますが、どうぞご指導ください。

個人的な考え

いつも本当にありがとうございます。

個人的には、特別な理由がなければ、米国ETFにこだわる必要はないと思います。

投資信託(Slim や楽天バンガード)で問題ないと思います。


コメントに「ドル転と還付手続きが難しい」とありますが、

これ、実は本当に大切な意見だと思います。

「めんどくさい事やむずかしい事が苦手な方」「投資に時間をかけたくない方」などは、

素直に、投資信託を選んだ方が、

煩わしい作業から解放されて、人生がちょっとだけ豊かなるかもしれません(笑)。

個人的には投資信託大好きです。

質問への回答は以上となります。



余計な小言(無視しても可)

これで終わるのは少し寂しいので、

少し、小話をしたいと思います。

ポイントはこの2点

「(Slim S&P+楽天VTI)+(slimオールカントリー+楽天VT)」

「均等に投信を毎日積立」

以下の内容は、

決して質問者様に対して否定とかはなく一般論として話します。

参考までに。


毎日積立について

毎日積立は理論上は特別有利な戦術ではありませんが、

http://etfsp500.com/archives/22542842.html

そのことを理解して行っており、

かつ手数料等がかかっていないのであれば良いと思います。

「積立」そのものは規律を保ったり、

投資を継続する習慣をつけるというような意味では、十分資産形成に役立つと思います。



大切なのは資産配分

「(Slim S&P+楽天VTI)+(slimオールカントリー+楽天VT」

例えば、楽天VTの8月末時点での国別構成比はこんな感じになっています。

00
楽天VTの月次レポートから引用

これに、更にSlim S&Pや楽天VTIを加えると、

どのくらい足すのかその比率にもよりますが、

ポートフォリオが「米国株式」に偏ることなります。


「(Slim S&P+楽天VTI)+(slimオールカントリー+楽天VT」

例えば、この4つを均等に保有とすると、ざっくりとした計算ですが、

保有する株式の約8割(約78.5%)が米国株式ということになり、

米国株式市場の調子にかなり左右されやすいポートフォリオになります。


米国に加重をかけるという戦略、

そういう考えた方はありますし、とても理解できます。

過去を振り返ると結構良い成績になると思います。

ただ、未来はどうなるかわかりませんし、

米国株式市場に加重をするということはそのリスクも伴います。

それを忘れないようにすることが大切です。


「米国」+「全世界株式」に投資をすることで、

より分散できると考える初心者方もいるのですが、

個人的には、これは「米国に加重する」ある意味アクティブ戦略。

リスクをとってリターンを狙いに行く戦略とも言えると思います。


繰り返しになりますが、これを悪いとは言いません。

むしろ、私はもっと米国に加重してますし(笑)


ただ、もし、こういう戦略を採用するなら

「全世界株式への時価総額加重」をあえて崩し、

米国に加重する意味や必要性を良く考えることが大切だと思います。


まとめ

まずは、ファンドではなく資産配分・資産クラスを決める。

これがとても重要だと思います。

バンガードの調査によると、

長期的に分散されたPFに投資をする場合、リターンの約9割が資産配分で決まるとされています。

00


ですので、細部を詰めたり、具体的な商品で悩む前に、

まずは長期投資において、

最も需要な資産配分「アセットアロケーション」を考えることが重要だと思います。

ETF・投信はそれを達成するための手段に過ぎません。


資産配分を決めたうえで、

売買手数の安い証券会社を選び、

信託報酬の高いファンドを除外したり、

ファンドの規模や流動性も確認したりして、

対象となる具体的な商品を選んでいくのがいいと思います。

これは積立NISAやイデコも同様です。


✖  積立NISAを始めた→何に投資しようかな?

〇 資産配分はだいたい決まった。→ 節税(コスト削減)のための手段として積立NISAを使おう。


割とこの順番が、「変な」と言うか、余計な失敗を防ぐうえで重要だと個人的には思っています。


まあ、他人の投資にあれこれ言えるほど、

私は偉くもなんともないので、ノイズみたいなもんだと聞き流してください。

私も自分の投資を貫きます。

お互い頑張りましょう。

いつも本当にありがとうございます。

もし、よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterはこちら

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。

米国株投資ならマネックス証券がおすすめ
マネックス証券