好調だった米国市場

リーマンショックの底から、コロナショックが始まる前の上昇相場において、

米国を除く全世界の株式市場の株価は、米国株式市場に追いつくことはできませんでした、

2009年4月から2019年末までの間に、

VTI(全米株式)は227.61%VXUS(米国を除く全世界株式)を上回りました。

2009年4月~2019年末までの比較

00

青 VTI(米国株式) 赤 VXUS(米国を除く全世界株式)

※VXUSの設定前の数字は同指数に連動するバンガードの投資信託のもの



米国株が好調だった原因は・・・

この原因はいくつか考えられます。

①為替

為替の影響(ドル高)が、ドル建ての外国株(除く米)のリターンに影響を与えた可能性はあります。

歴史的に、為替レートの変化が原因で、10%ほどリターンに影響がでるのは珍しいことではありません。

ただし、その影響は、長期間にわたって緩和されます。

00

参照 https://diamond.jp/articles/-/236273


米モーニングスターのダニエル・ソティロフ氏の分析によれば、

同期間、MSCI ACWI ex USA(全世界株式除く米)は、

MSCI USA(米国株式)より毎年、平均約7.1%劣っていましたが、

そのうち、外国為替レートの変化に起因していたのは年間72ベーシスポイントのみでした。

つまり、米国と海外市場リターンの差の約6.4%は、為替以外の要因に起因しているということがわかります。


②ハイテクセクターの比率の違い

ハイテク株は過去10年間で素晴らしいパフォーマンスを見せましたが、全世界の市場(除く米)よりも米国市場で大きなシェアを占めています。


2009年4月時点のセクターウェイト
00

この後、情報技術セクターのウェイトの差は15%前後にまで広がりました。

ただ、同期間の各セクター毎の原株のリターンの差を比較するとおもしろい事がわかります。

(VTI-VXUS 2009年4月~2019年末)

通信サービス  26.31
一般消費財   25.03
生活必需品     3.20
エネルギー     4.87
金融      29.17
ヘルスケア   23.24
資本財     22.31 
情報技術    42.36
素材        8.16
不動産       6.23
公共事業      9.48

トータル   200.37% 

参照 モーニングスター


米国企業が成長した。

「VTI-VXUS」のリターン差の227%のうち、

大部分の200%は、そもそも原株のリターンの違いに起因りている事がわかりました。

セクターによって差はありますが、

この期間、全11セクターで米国株式がその他地域のリターンを上回っていました。

また情報技術セクターは、パフォーマンスに大きく貢献してきましたが、それでも全体のリターン差の1/4程度を占めるにすぎず、

金融、ヘルスヘア、資本財など非テクノロジー株も大きな貢献をしていたことがわかります。


EPS成長率の違い

対象となる指数はVTI・VXUSと異なりますが、

同期間の、米国と、米国を除く全世界株式を対象とするMSCI指数のデータを比較してみると、

明らかにEPS(一株当たりの利益)の成長率で米国が上回っていたことがわかります。

00


まとめ

なぜ、この10年間米国株式市場が好調だったか?

その理由はたくさん考えられます。

ただ、今回見てきたように、

そもそも米国企業が成長したからというのが大きな要因の一つだと思います。

米国企業、そして米国株式市場は本当に素晴らしいと思います。


しかし、物事は一方方向に進み続けるとは限りません。

1959年~1984年までの24年間を見てみると、

S&P500  8.4%
EAFE   9.7%

http://etfsp500.com/archives/22326339.html

S&P500のリターンは、長期に渡って、EAFE(欧州・豪州・極東)市場のリターンよりも低かった時期もあります。


米国企業の成長が同じように続くのか。

他の地域の企業の成長は低迷したままなのか。

未来はどうなるかわかりません。

自分のとれるリスクに応じて、適切な分散・資産配分を心がけることが大切だと思います。


とはいいつつも、

ここ10年の米国株式市場は本当に強かったと思います。

VOO投資家としては、できる事なら、次の10年もそうである事を願っています。


いつも本当にありがとうございます。

もしよろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング


Twitterもよろしくお願いします。

https://twitter.com/SandP500ETF

毎日投資に役立つ情報を発信中。

オススメ書籍






マネックス証券